格安SIM比較ウェブ

キャリア決済できる格安SIM

更新 著者 賀来泰史

キャリア決済できる格安SIMを比較しています。キャリア決済はその名の通りキャリアのサービスなので、格安SIMでキャリア決済などできるはずがないと思われがちです。しかしキャリア決済できる格安SIMも少数ながら存在します。

キャリア決済できる格安SIM おすすめ

LINEMOがおすすすめです。ソフトバンクまとめて支払いというキャリア決済に対応しています。PayPayチャージ、アプリストア、オンラインストアなどさまざまな場面で利用できます。利用可能額は最大10万円です。

LINEMO

LINEMO

PayPayチャージ、アプリストア、オンラインストアなどでキャリア決済できる格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
3GB990円
20GB2728円
プラン名LINEMO ミニプラン
申し込みLINEMO
初期費用0円
SIM発行0円
基本料金990円
回線ソフトバンク
容量3GB
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大300kbps
通話22円/30秒
通話定額5分かけ放題:550円
かけ放題:1650円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替
年齢18歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円
プラン名LINEMO スマホプラン
申し込みLINEMO
初期費用0円
SIM発行0円
基本料金2728円
回線ソフトバンク
容量20GB
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額5分かけ放題:550円
かけ放題:1650円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替
年齢18歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

LINEMOはキャリア決済できる格安SIMです。ソフトバンクまとめて支払いというキャリア決済に対応しており、PayPayチャージ、アプリストア、オンラインストアなどの支払いができます。

キャリア決済の利用可能額は20歳以上なら最大10万円、12歳以上なら最大2万円、11歳以下なら最大2000円で、利用状況によっては変更されることがあります。上限引き下げや利用制限もできます。

キャリア決済は利用開始時に有効になっているため、事前に申し込みをする必要はありません。キャリア決済を利用するつもりがなければ上限引き下げや利用制限をしておきましょう。

App StoreとiTunes Storeでは「キャリア決済」を選択し、Google Playでは「SoftBankの決済を利用」を選択し、オンラインストアなどでは「ソフトバンクまとめて支払い」を選択すればキャリア決済が利用できます。

ミニプランとスマホプランでキャリア決済が利用できます。ミニプランは3GBにLINEギガフリーで月額990円(税込)、スマホプランは20GBにLINEギガフリーで月額2728円(税込)となかなかの安さです。

LINEMO

楽天モバイル

Google Playでキャリア決済できる格安SIM

楽天回線 音声+SMS+データプラン
1GB~0円~
プラン名楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
申し込み楽天モバイル
初期費用0円
SIM発行0円
基本料金~1GB:0円(1回線目)
~3GB:1078円
~20GB:2178円
~無制限:3278円
回線楽天
容量無制限(auエリアは5GB)
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話アプリ使用:0円
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:1100円
海外かけ放題:980円(不課税)
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(+110円)
年齢-
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

楽天モバイルはGoogle Playでキャリア決済できる格安SIMです。楽天モバイルキャリア決済というキャリア決済に対応しており、Google Playのアプリやコンテンツの支払いができます。

キャリア決済の利用可能額は20歳以上なら20万円、18歳以上なら5万円、14歳以上なら2万円、13歳以下なら1万円で、利用状況によって変更されることはありません。上限引き下げや利用制限もできます。

キャリア決済は利用開始時に有効になっているため、事前に申し込みをする必要はありません。ただし支払い方法をデビットカードや口座振替ではなくクレジットカードにしておく必要があります。

Google Playでは「楽天モバイルの決済を利用」を選択すればキャリア決済が利用できます。App Store、iTunes Store、オンラインストアなどでは今のところキャリア決済が利用できません。

Rakuten UN-LIMIT VIでキャリア決済が利用できます。1回線目のみ1GBまで月額無料、3GBまで月額1078円(税込)、20GBまで月額2178円(税込)、20GBから月額3278円(税込)で使い放題です。

楽天モバイル

ahamo

アプリストア、オンラインストアなどでキャリア決済できる格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
20GB2970円
プラン名ahamo
申し込みahamo
初期費用0円
SIM発行0円
基本料金2970円
回線ドコモ
容量20GB
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額5分かけ放題:0円
かけ放題:1100円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替
年齢20歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

ahamoはキャリア決済できる格安SIMです。ドコモ払いとコンテンツ決済サービスというキャリア決済に対応しており、アプリストアやオンラインストアの支払いができます。ドコモ払いはd払い残高からの支払いも可能です。

キャリア決済の利用可能額は20歳以上なら3カ月目まで最大1万円、24カ月目まで最大3万円、25カ月目から最大10万円で、19歳以下なら最大1万円です。上限引き下げや利用制限もできます。

キャリア決済は利用開始時に有効になっているため、事前に申し込みをする必要はありません。キャリア決済を利用するつもりがなければ上限引き下げや利用制限をしておきましょう。

App StoreとiTunes Storeでは「キャリア決済」を選択し、Google Playでは「NTT DOCOMOの決済を利用」を選択し、オンラインストアなどでは「ドコモ払い」を選択すればキャリア決済が利用できます。

ahamoは20GBに5分かけ放題で月額2970円(税込)です。基本料金はやや高めですが、5分かけ放題が付帯していることを考慮すればむしろ安いです。電話をかけることが多いなら利用する価値は十分にあります。

ahamo

UQ mobile

au PAYチャージ、アプリストア、オンラインストアなどでキャリア決済できる格安SIM

au回線 音声+SMS+データプラン
3GB1628円
15GB2728円
25GB3828円
プラン名UQ mobile くりこしプランS +5G
申し込みUQ mobile
初期費用3300円
SIM発行0円
基本料金1628円
回線au
容量3GB
6GB/3日
容量追加100MB:220円
500MB:550円
月2GB:550円
速度高速
超過時最大300kbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
60分パック:550円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(ウェブ新規不可)
年齢11歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円
プラン名UQ mobile くりこしプランM +5G
申し込みUQ mobile
初期費用3300円
SIM発行0円
基本料金2728円
回線au
容量15GB
6GB/3日
容量追加100MB:220円
500MB:550円
月5GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
60分パック:550円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(ウェブ新規不可)
年齢11歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

UQ mobileはキャリア決済できる格安SIMです。auかんたん決済というキャリア決済に対応しており、au PAYチャージ、アプリストア、オンラインストアなどで利用できます。

キャリア決済の利用可能額は20歳以上なら3カ月目まで最大1万円、24カ月目まで最大3万円、25カ月目から最大5万円で、13歳以上なら最大1万円、12歳以下なら最大1500円です。上限引き下げや利用制限もできます。

キャリア決済は利用開始時に有効になっているため、事前に申し込みをする必要はありません。ただしキャリア決済を利用するためにはau IDを取得する必要があります。

App StoreとiTunes Storeでは「キャリア決済」を選択し、Google Playでは「UQ mobileの決済を利用」を選択し、オンラインストアなどでは「auかんたん決済」を選択すればキャリア決済が利用できます。

キャリア決済の対応プランはくりこしプラン +5Gです。くりこしプランS +5Gは3GBで月額1628円(税込)、くりこしプランM +5Gは15GBで月額2728円(税込)、くりこしプランL +5Gは25GBで月額3828円(税込)です。

UQ mobile

ワイモバイル

PayPayチャージ、アプリストア、オンラインストアなどでキャリア決済できる格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
3GB2178円
15GB3278円
25GB4158円
プラン名ワイモバイル シンプルS
申し込みワイモバイル
初期費用ウェブ:0円
店舗:3300円
SIM発行0円
基本料金2178円
回線ソフトバンク
容量3GB
容量追加500MB:550円
月2GB:550円
速度高速
超過時最大300kbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
SMS付帯0円
枚数1~4枚
サイズeSIM nano micro
支払いクレジットカード
口座振替(eSIM不可)
年齢12歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円
プラン名ワイモバイル シンプルM
申し込みワイモバイル
初期費用ウェブ:0円
店舗:3300円
SIM発行0円
基本料金3278円
回線ソフトバンク
容量15GB
容量追加500MB:550円
月5GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
SMS付帯0円
枚数1~4枚
サイズeSIM nano micro
支払いクレジットカード
口座振替(eSIM不可)
年齢12歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

ワイモバイルはキャリア決済できる格安SIMです。ワイモバイルまとめて支払いというキャリア決済に対応しており、PayPayチャージ、アプリストア、オンラインストアなどの支払いができます。

キャリア決済の利用可能額は20歳以上なら最大10万円、12歳以上なら最大2万円、11歳以下なら最大2000円で、利用状況によっては変更されることがあります。上限引き下げや利用制限もできます。

キャリア決済は利用開始時に有効になっているため、事前に申し込みをする必要はありません。キャリア決済するつもりがなければ上限引き下げや利用制限をしておきましょう。

App StoreとiTunes Storeでは「キャリア決済」を選択し、Google Playでは「Y!mobileの決済を利用」を選択し、オンラインストアなどでは「ワイモバイルまとめて支払い」を選択すればキャリア決済が利用できます。

キャリア決済の対応プランはシンプルS・M・Lなどです。シンプルSは3GBで月額2178円(税込)、シンプルMは15GBで月額3278円(税込)、シンプルLは25GBで月額4158円(税込)です。

ワイモバイル

mineo

mineoはGoogle Playでキャリア決済できる格安SIMです。mineoキャリア決済というキャリア決済に対応しており、Google Playのアプリやコンテンツの支払いができます。

キャリア決済の利用可能額は20歳以上なら5カ月目まで最大2万円、11カ月目まで最大5万円、12カ月目から最大10万円で、19歳以下なら最大2万円です。上限引き下げや利用制限もできます。

キャリア決済は利用開始時に有効になっているため、事前に申し込みをする必要はありません。キャリア決済するつもりがなければ上限引き下げや利用制限をしておきましょう。

Google Playでは「mineoの決済を利用」を選択すればキャリア決済が利用できますできます。App Store、iTunes Store、オンラインストアなどでは今のところキャリア決済が利用できません。

キャリア決済の対応プランはDプランのデュアルタイプ、つまりドコモ回線の音声通話対応プランのみです。ドコモ回線のデータ通信専用プラン、au回線の全プラン、ソフトバンク回線の全プランは対応していません。

mineo

キャリア決済できる格安SIM 料金比較

音声プラン

プラン最も安い次に安い
1GB楽天mineo
0円1298円
3GBLINEMO楽天
990円1078円
5GBmineo-
1518円-
10GBmineo-
1958円-
15GBUQワイモバ
2728円3278円
20GB楽天
mineo
LINEMO
2178円2728円
25GBUQワイモバ
3828円4158円
無制限楽天-
3278円-

LINEMOと楽天モバイルが基本料金の安さでは頭一つ抜けています。3GBプランならLINEMO、1GBプランと20GBプランと無制限プランなら楽天モバイルがいいでしょう。5GBプランと10GBプランにこだわるならmineoです。

キャリア決済できる格安SIM 仕様比較

割引

LINEMO
楽天
ahamo
初月無料---
固定回線割---
複数回線割---
ポイント還元-
UQ
ワイモバ
mineo
初月無料---
固定回線割--
複数回線割-
ポイント還元---

楽天モバイルには楽天ポイントがたまる特典があります。ahamoにはdポイントがたまる特典があります。ワイモバイルには固定回線セット割引と家族割引があります。mineoには複数回線割引と家族割引があります。

回線

LINEMO
楽天
ahamo
ドコモ--
au---
ソフトバンク--
楽天--
UQ
ワイモバ
mineo
ドコモ--
au--
ソフトバンク--
楽天---

ahamoはドコモ回線、LINEMOとワイモバイルはソフトバンク回線、UQ mobileはau回線、楽天モバイルは楽天回線です。mineoはドコモ回線の音声通話対応プランでしかキャリア決済が利用できません。

データ通信

LINEMO
楽天
ahamo
速度切り替え--
バースト転送---
容量繰り越し---
容量シェア---
容量追加
UQ
ワイモバ
mineo
速度切り替え-
バースト転送--
容量繰り越し
容量シェア-
容量追加

LINEMOとahamoは基本料金が安い代わりに機能が乏しく、通信速度の切り替えもできなければ通信容量の繰り越しもできません。楽天モバイルは楽天回線エリアなら高速で使い放題です。

音声

LINEMO
楽天
ahamo
通話定額
転送電話--
迷惑電話拒否--
留守番電話--
割り込み通話--
UQ
ワイモバ
mineo
通話定額
転送電話
迷惑電話拒否
留守番電話
割り込み通話

楽天モバイルは専用アプリから電話をかければ無制限かけ放題です。LINEMOは5分かけ放題と無制限かけ放題がオプションであるのに対し、ahamoは5分かけ放題が無料で無制限かけ放題がオプションです。

支払い方法

LINEMO
楽天
ahamo
クレカ
デビカ-
プリカ---
口座振替-
銀行コンビニ---
UQ
ワイモバ
mineo
クレカ
デビカ-
プリカ--
口座振替-
銀行コンビニ---

LINEMOはデビットカードと口座振替で支払いができます。楽天モバイルも本来はデビットカードと口座振替で支払いができますが、キャリア決済を利用するためにはクレジットカードが必要です。

サポート

LINEMO
楽天
ahamo
店舗サポート--
訪問サポート---
遠隔サポート--
UQ
ワイモバ
mineo
店舗サポート
訪問サポート-
遠隔サポート

楽天モバイルは遠隔操作によるサポートが受けられます。ahamoはオンライン専用ブランドでありながらドコモショップでもサポートが受けられますが、ドコモのサポートと違ってahamoのサポートは有料です。

手続き

LINEMO
楽天
ahamo
未成年契約-
MNP手動開通
他者名義変更-
UQ
ワイモバ
mineo
未成年契約
MNP手動開通
他者名義変更-

これらの格安SIMはahamoを除いて20歳未満でも契約できますが、年齢によってキャリア決済の利用可能額が変わることに注意してください。楽天モバイルなら18歳の時点で5万円までキャリア決済が利用できます。

キャリア決済できる格安SIM まとめ

LINEMOはPayPayチャージのキャリア決済に対応し、UQ mobileはau PAYチャージのキャリア決済に対応しています。PayPayの普及率の高さからすると前者に分があります。楽天モバイルはキャリア決済の使い道が少ないのが難点です。

LINEMO

キャリア決済できる格安SIM コラム

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア決済

格安SIMのキャリア決済を評価するためには本家のキャリア決済のことも知っておくべきでしょう。楽天モバイルのキャリア決済についてはもう紹介したので、ここではドコモ、au、ソフトバンクのキャリア決済について紹介します。

ドコモにはspモード コンテンツ決済サービスというキャリア決済があります。利用可能額は20歳以上なら3カ月目まで最大1万円、24カ月目まで最大3万円、25カ月目から最大5万円か8万円か10万円で、19歳以下なら最大1万円です。

そしてもう一つドコモにはドコモ払いというキャリア決済もあります。こちらはd払い残高からも支払いができるのが特徴です。利用可能額は電話料金合算払いならspモード コンテンツ決済サービスとまったく同じです。

auにはauかんたん決済というキャリア決済があります。利用可能額は20歳以上なら最大10万円、18歳以上なら最大2万円、13歳以上なら最大1万円、12歳以下なら最大1500円です。UQ mobileの同名サービスより利用可能額が多めです。

ソフトバンクにはソフトバンクまとめて支払いというキャリア決済があります。利用可能額は20歳以上なら最大10万円、12歳以上なら最大2万円、11歳以下なら最大2000円です。ワイモバイルのワイモバイルまとめて支払いと同様です。

未成年者にとって都合がいいのは年齢にかかわらず最大1万円まで利用できるドコモのキャリア決済で、成人にとって都合がいいのは利用期間にかかわらず最大10万円まで利用できるauとソフトバンクのキャリア決済です。

格安SIMのキャリア決済とコード決済でポイント2重取り

LINEMOとワイモバイルはキャリア決済でPayPayにチャージでき、povoとUQ mobileはキャリア決済でau PAYにチャージできます。これらをうまく活用するとクレジットカードとコード決済のポイントを2重取りできます。

どういうことかというと、これらの格安SIMの支払い方法をクレジットカードにしておき、キャリア決済でPayPayやau PAYにチャージして残高払いをすると、クレジットカードとPayPayやau PAYのポイントを2重取りできるのです。

クレジットカードのポイント還元率はだいたい0.5%か1%です。これはクレジットカードの種類によって違います。楽天カードやAmazon Mastercardなどのポイント還元率が高いクレジットカードを登録しておきましょう。

PayPayのポイント還元率は0.5%です。前月に300円以上の決済を30回以上かつ合計5万円以上の決済をすると0.5%加算、すべての条件を満たすと0.5%加算されますが、現実的ではありません。au PAYのポイント還元率は0.5%です。

ちなみにPayPayのポイント還元率は当初3%でした。ところが2019年10月1日から1.5%に改悪され、2020年4月1日から0.5%に改悪されてしまいました。今後さらに改悪されることがあるかもしれません。

もしクレジットカードのポイント還元率が1%でPayPayやau PAYのポイント還元率が0.5%なら、合計1.5%のポイントが還元されることになります。コード決済でこれだけポイントがたまるなら上出来です。

ただしLINEMOやpovoなどの格安SIMがいくらクレジットカードとコード決済のポイントを2重取りできるからといって、必ずしも他の格安SIMより安上がりだとは限りません。基本料金などもしっかりと比較しておきたいところです。

格安SIMでキャリア決済できない原因

格安SIMでキャリア決済しようとしたら失敗してしまった。もしかしたらそのようなことがあるかもしれません。格安SIMでキャリア決済できない原因が何なのか探っていきましょう。

格安SIMでキャリア決済できないときは、キャリア決済の問題なのかそれともキャリア決済の支払い元であるクレジットカードや銀行口座の問題なのか、問題を切り分けてみてください。

キャリア決済の利用額が利用可能額の上限に達しているかもしれません。利用可能額は年齢や利用期間などによって随時変更されることがあります。マイページなどで利用可能額や利用履歴を確認してください。

キャリア決済を自ら利用制限したかもしれません。使い過ぎを防ぐために自ら利用制限したのを忘れてしまうこともあるでしょう。マイページにログインするなどして利用制限を解除してください。

キャリア決済をMVNOに利用制限されたかもしれません。携帯電話料金を滞納しているとそうなることがあります。携帯電話料金をすべて支払い、MVNOのカスタマーサポートに問い合わせてください。

キャリア決済に問題がなければクレジットカードや銀行口座に問題がありそうです。格安SIMの支払い方法がクレジットカードならクレジットカードについて調べ、口座振替なら銀行口座について調べましょう。

クレジットカードの利用額が利用可能額の上限に達していたり、銀行口座の残高が不足したりしているかもしれません。クレジットカードの利用可能額を増額するなり銀行口座に入金するなりしてください。

あるいはクレジットカードや銀行口座を自ら利用制限したか、クレジットカードを利用制限されたか、銀行口座を利用制限されたかもしれません。銀行口座はともかく、クレジットカードを利用制限されるのはよくあることです。

迷ったらLINEMO

迷ったらLINEMOです。キャリア決済できるサービスも金額も多いので、キャリア決済できなくて困るようなことはまずないでしょう。基本料金の安さも申し分ありません。キャリア決済を重視するならLINEMOで決まりです。

LINEMO