格安SIM比較ウェブ

IIJmioでキャリア決済を試してみた

投稿 更新 著者 賀来泰史

IIJmioの公式サイトではキャリア決済について言及されておらず、キャリア決済ができるかどうかがはっきりしませんでした。そこで私がIIJmioでキャリア決済を試してみることにしました。2022年9月17日時点の情報です。

IIJmio

公式には言及されていない

とりあえずIIJmioの公式サイトでキャリア決済に関する記述を探してみました。キャリア決済ができるという記述は見つかりませんでしたが、キャリア決済ができないという記述も見つかりませんでした。

一応、IIJmioのオプションであるローチケHMVプレミアムとIIJmio WiFi by エコネクト(利用規約上の名称はエコネクトWi-Fiサービス)の利用規約には、キャリア決済で支払いができるという記述がありました。

しかしこれらの利用規約はあらゆるモバイル通信サービスによって利用されることを前提とした内容になっているはずです。キャリア決済に関する記述があるからといって、IIJmioでキャリア決済ができると決めつけるのは早計です。

そういうわけで、公式サイトを見る限りではキャリア決済ができるかどうかはっきりしませんでした。ほとんど何も書かれていない以上は、できないと考えるのが自然なのでしょう。それでも自分の目で確かめるべきだと思いました。

Appleの支払い方法に追加してみる

Apple IDの支払い方法にキャリア決済を追加してみます。IIJmioのSIMを入れたiPhone SE(第2世代)で、設定→アカウント名→「お支払いと配送先」と進みました。

支払い方法を追加する画面が表示されました。「キャリア決済」を選択すると、その下に「この携帯電話番号を使用する」「他の携帯電話番号を使用する」という二つの選択肢が表示されました。前者がすでに選択されていました。

注意書きも表示されました。NTTドコモの利用規約に基づいてサービスが提供されるといった内容でした。当時の私はIIJmioのタイプDを契約していました。タイプDとはドコモ回線のことです。だからNTTドコモだったのでしょう。

意を決して「送信」を押しました。ところが即座に「認証エラー」というメッセージが表示され、処理が完了しませんでした。Apple IDの支払い方法にキャリア決済を追加することはできませんでした。

キャリア決済はできなかった

やはりIIJmioでキャリア決済はできませんでした。「認証エラー」というメッセージからも分かるように、IIJmioのタイプDにはドコモのキャリア決済にアクセスする権限がありませんでした。

とはいえIIJmioでキャリア決済ができなくてもそこまで困りはしません。なぜならIIJmioを契約するにはクレジットカードが必要であり、必然的にIIJmioの契約者はみんなクレジットカードを所有していることになるからです。

どうしてもキャリア決済にこだわるなら、IIJmioはあきらめてキャリア決済ができる格安SIMを契約してみてください。そのような格安SIMも少数ながら存在します。ほとんどがキャリアのサブブランドです。

IIJmio

キャリア決済ができる格安SIM

LINEMO

ソフトバンクまとめて支払いというキャリア決済に対応しています。PayPayのチャージにも利用できます。利用可能額は2000~10万円の間で変動します。維持費を抑えるなら、3GBで月額990円(税込)のミニプランがおすすめです。

LINEMO

UQ mobile

auかんたん決済というキャリア決済に対応しています。au PAYのチャージにも利用できます。利用可能額は1500~5万円の間で変動します。維持費を抑えるなら、3GBで月額1628円(税込)のくりこしプランS +5Gがおすすめです。

UQ mobile

楽天モバイル

楽天モバイルキャリア決済というキャリア決済に対応しています。Google Playでのみ利用できます。利用可能額は1万~20万円の間で変動します。3GBまで月額1078円(税込)のRakuten UN-LIMIT VIIが唯一のプランです。

楽天モバイル