格安SIM比較ウェブ

従量制の格安SIM

更新

従量制の格安SIMを比較しています。従量制の格安SIMとは通信量が多くなるほど基本料金が高くなる格安SIMのことです。月ごとに通信量が大きく上下するようなら、従量制の格安SIMに乗り換えてお金を節約してみてください。

従量制の格安SIM おすすめ

楽天モバイルがおすすめです。4段階の従量制の格安SIMです。1回線目は1GBまで無料、3GBまで月額1078円(税込)、20GBまで月額2178円(税込)、無制限で月額3278円(税込)という破格の条件です。

楽天モバイル

楽天モバイル

4段階の従量制の格安SIM

楽天回線 音声+データプラン
無制限 従量0円~
プラン名楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
申し込み楽天モバイル
初期費用-
SIM発行-
基本料金~1GB:0円(1回線目)
~3GB:1078円
~20GB:2178円
~無制限:3278円
回線楽天
容量無制限
(auエリアは5GB)
速度高速
超過時最大1Mbps
通話アプリ使用:0円
アプリなし:22円/30秒
通話定額海外かけ放題:980円(不課税)
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(+110円)
年齢-
最低利用-
解約金-
MNP転出-

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIは従量制の格安SIMです。1GBまで、3GBまで、20GBまで、無制限という4段階の従量制です。最大の特徴は何といっても1GBまで無料であることです。

従量課金前の基本料金は1回線目なら無料、2回線目以降なら月額1078円(税込)です。これで1回線目なら1GBまで高速で利用でき、2回線目以降なら3GBまで高速で利用できます。

1GBを超過すると1回線目のみ1078円(税込)が従量課金され、3GBを超過すると1100円(税込)が従量課金され、20GBを超過すると1100円(税込)が従量課金されます。

最終段階まで従量課金後の基本料金は月額3278円(税込)です。20GBを超過してからも無制限に高速で利用できます。ただしau回線エリアでは5GBまでしか高速で利用できません。5GBを超過してからは低速で利用できます。

Rakuten Linkというアプリを利用すれば通話料金とSMS料金も無料になります。初期費用、SIMカード発行手数料、解約金、MNP転出手数料も無料です。つまり1円たりとも支払わずに済むというわけです。

楽天モバイル

エキサイトモバイル

6段階の従量制の格安SIM

ドコモ回線 音声+データプラン
25GB 従量495円~
ドコモ回線 SMS+データプラン
25GB 従量462円~
ドコモ回線 データプラン
25GB 従量385円~
au回線 音声+データプラン
25GB 従量495円~
au回線 SMS+データプラン
25GB 従量462円~
プラン名エキサイトモバイル ドコモ回線タイプ 音声通話機能付きSIM Fitプラン
申し込みエキサイトモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金~0GB:495円
~3GB:880円
~7GB:1430円
~12GB:1980円
~17GB:2750円
~25GB:3245円
回線ドコモ
容量25GB
366MB/3日(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題+10分パック:759円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用翌月から12カ月
解約金10450円
MNP転出-
プラン名エキサイトモバイル ドコモ回線タイプ データ通信専用SIM Fitプラン
申し込みエキサイトモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金~0GB:385円
~3GB:770円
~7GB:1320円
~12GB:1870円
~17GB:2640円
~25GB:3135円
回線ドコモ
容量25GB
366MB/3日(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話-
SMS付帯77円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-

エキサイトモバイルのFitプランは従量制の格安SIMです。0GBまで、3GBまで、7GBまで、12GBまで、17GBまで、25GBまでという6段階の従量制です。ドコモ回線とau回線が選択できます。

従量課金前の基本料金は音声通話対応プランなら月額495円(税込)、SMS対応プランなら月額462円(税込)、データ通信専用プランなら月額385円(税込)です。これで高速通信がオフなら低速で利用できます。

0GBを超過すると385円(税込)が従量課金され、3GBと7GBを超過すると550円(税込)が従量課金され、12GBを超過すると770円(税込)が従量課金され、17GBを超過すると495円(税込)が従量課金されます。

最終段階まで従量課金後の基本料金は音声通話対応プランなら月額3245円(税込)、SMS対応プランなら月額3212円(税込)、データ通信専用プランなら月額3135円(税込)です。25GBを超過してからは低速で利用できます。

ほんのわずかでもデータ通信を利用すると従量課金が発生してしまう点に注意してください。従量課金なしで回線を維持したいなら、SIMカードをスマートフォンに挿入する前にマイページから高速通信をオフにしておきましょう。

エキサイトモバイル

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

20段階の従量制の格安SIM

ドコモ回線 音声+データプラン
20GB 従量1089円~
ソフトバンク回線 音声+データプラン
20GB 従量1089円~
プラン名b-mobile S 990ジャストフィットSIM ドコモSIM
申し込みb-mobile S 990ジャストフィットSIM
初期費用3300円
SIM発行-
基本料金~1GB:1089円
~20GB:220円/GB
回線ドコモ
容量20GB
360MB/3日(超過時)
速度高速
超過時?kbps→?kbps
通話アプリ使用携帯宛て:10円/30秒(不課税)
アプリ使用固定宛て:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額5分かけ放題:550円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-
プラン名b-mobile S 990ジャストフィットSIM ソフトバンクSIM
申し込みb-mobile S 990ジャストフィットSIM
初期費用3300円
SIM発行-
基本料金~1GB:1089円
~20GB:220円/GB
回線ソフトバンク
容量20GB
360MB/3日(超過時)
速度高速
超過時?kbps→?kbps
通話アプリ使用携帯宛て:10円/30秒(不課税)
アプリ使用固定宛て:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額5分かけ放題:550円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

b-mobile S 990ジャストフィットSIMは従量制の格安SIMです。1GBまで、2GBまで、3GBまで……と1GB刻みで、最後は20GBまでという20段階の従量制です。ドコモ回線とソフトバンク回線が選択できます。

従量課金前の基本料金は月額1089円(税込)です。これで1GBまで高速で利用できます。以前は従量制の格安SIMとしては最安級でしたが、楽天モバイルやエキサイトモバイルの新プランの登場で影が薄くなってしまいました。

1GBを超過すると220円(税込)が従量課金され、2GBを超過すると220円(税込)が従量課金され、3GBを超過すると220円(税込)が従量課金され……というように、1GBにつき220円(税込)ずつ従量課金されていきます。

最終段階まで従量課金後の基本料金は月額5269円(税込)です。20GBを超過してからは低速で利用できます。恐らくそのときの通信速度は最大200kbpsくらいになるはずです。

従量課金の上限は1GB単位で5~20GBに変更できます。1~4GBには変更できません。つまりデータ通信を利用する限り、1~4GBを超過したときの従量課金は不可避ということです。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

b-mobile S 190PadSIM

6段階の従量制の格安SIM

ドコモ回線 SMS+データプラン
15GB 従量352円~
ドコモ回線 データプラン
15GB 従量209円~
ソフトバンク回線 データプラン
15GB 従量209円~
プラン名b-mobile S 190PadSIM ドコモ版
申し込みb-mobile S 190PadSIM
初期費用3300円
SIM発行-
基本料金~100MB:209円
~1GB:528円
~3GB:935円
~6GB:1595円
~10GB:2409円
~15GB:3608円
回線ドコモ
容量15GB
360MB/3日(超過時)
速度高速
超過時?kbps→?kbps
通話-
SMS付帯143円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
プラン名b-mobile S 190PadSIM ソフトバンク版
申し込みb-mobile S 190PadSIM
初期費用3300円
SIM発行-
基本料金~100MB:209円
~1GB:528円
~3GB:935円
~6GB:1595円
~10GB:2409円
~15GB:3608円
回線ソフトバンク
容量15GB
360MB/3日(超過時)
速度高速
超過時?kbps→?kbps
通話-
SMS付帯-
枚数1枚
サイズnano micro
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-

b-mobile S 190PadSIMは従量制の格安SIMです。100MBまで、1GBまで、3GBまで、6GBまで、10GBまで、15GBまでという6段階の従量制です。ドコモ回線とソフトバンク回線が選択できます。

従量課金前の基本料金はSMS対応プランなら月額352円(税込)、データ通信専用プランなら月額209円(税込)です。これで100MBまで高速で利用できます。最低料金の安さはかなりのものです。

100MBを超過すると319円(税込)が、1GBを超過すると407円(税込)が、3GBを超過すると660円(税込)が、6GBを超過すると814円(税込)が、10GBを超過すると1199円(税込)が従量課金されます。

最終段階まで従量課金後の基本料金はSMS対応プランなら月額3751円(税込)、データ通信専用プランなら月額3608円(税込)です。15GBを超過してからは低速で利用できます。恐らく最大200kbpsくらいになるはずです。

従量課金の上限は3GB、6GB、10GB、15GBに変更できます。100MBと1GBには変更できません。つまりデータ通信を利用する限り、100MBと1GBを超過したときの従量課金は不可避ということです。

b-mobile S 190PadSIM

IIJmio

20段階の従量制の格安SIM

au回線 音声+データプラン
20GB 従量1298円~
au回線 SMS+データプラン
20GB 従量528円~
プラン名IIJmio タイプA 音声通話機能付きSIM 従量制プラン
申し込みIIJmio
初期費用3300円
SIM発行446.6円
基本料金~1GB:1298円
~2GB:1540円
~20GB:220円/GB
回線au
容量20GB
366MB/3日(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
SMS付帯0円
枚数1~3枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢18歳~
最低利用12カ月
解約金1000円(不課税)
MNP転出-
プラン名IIJmio タイプA SMS機能付きSIM 従量制プラン
申し込みIIJmio
初期費用3300円
SIM発行446.6円
基本料金~1GB:528円
~2GB:770円
~20GB:220円/GB
回線au
容量20GB
366MB/3日(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話-
SMS付帯0円
枚数1~3枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢-
最低利用翌月から1カ月
解約金-

IIJmioの従量制プランは名前の通り従量制の格安SIMです。1GBまで、2GBまで、3GBまで……と1GB刻みで、最後は20GBまでという20段階の従量制です。au回線のみ選択できます。

従量課金前の基本料金は音声通話対応プランなら月額1298円(税込)、SMS対応プランなら月額528円(税込)です。これで1GBまで高速で利用できます。定額制の格安SIMであるギガプランと比較するとやや割高です。

1GBを超過すると242円(税込)が従量課金され、そこからは2GBを超過すると220円(税込)が従量課金され、3GBを超過すると220円(税込)が従量課金され……というように、1GBにつき220円(税込)ずつ従量課金されます。

最終段階まで従量課金後の基本料金は音声通話対応プランなら月額5500円(税込)、SMS対応プランなら月額4730円(税込)です。20GBを超過してからは低速で利用できます。

従量課金の上限は1GB単位で1~20GBに変更できます。当月の上限のみを変更すればすぐに適用され、毎月の上限を変更すれば翌月から適用されます。高速通信をオフにして従量課金を停止することも可能です。

IIJmio

HISモバイル

HISモバイルは従量制の格安SIMです。ビタッ!プランは100MB~30GBの6段階、格安弐拾プランは20~30GBの11段階、格安かけ放題プランは3~30GBの28段階です。ドコモ回線とソフトバンク回線(一部プラン)が選択できます。

ビタッ!プランは音声通話対応プランなら月額935~6567円(税込)、SMS対応プランなら月額352~5929円(税込)、データ通信専用プランなら月額198~5775円(税込)の間で従量課金されます。安さを重視するならこれです。

格安弐拾プランは月額2178~4928円(税込)の間で従量課金されます。通話料金は70分まで無料で、70分を超過すると30秒につき11円(税込)が従量課金されます。データ通信を利用することが多いならこれです。

格安かけ放題プランは月額2728~1万153円(税込)の間で従量課金されます。通話料金は時間や回数の制限なしに無料です。音声通話を利用することが多いならこれです。

従量課金の上限はビタッ!プランなら100MB~30GBに変更でき、格安弐拾プランなら1GB単位で20~30GBに変更でき、格安かけ放題プランなら1GB単位で3~30GBに変更できます。

HISモバイル

日本通信SIM

日本通信SIMは従量制の格安SIMです。合理的みんなのプランは6~30GBの25段階、合理的20GBプランは20~30GBの11段階、合理的かけほプランとWスマートプランは3~30GBの28段階です。ドコモ回線のみ選択できます。

合理的みんなのプランは月額1390~7990円(税込)の間で従量課金されます。上限は1GB単位で6~30GBに変更できます。通話料金は70分まで無料で、70分を超過すると30秒につき11円(税込)が従量課金されます。

合理的20GBプランは月額2178~4928円(税込)の間で従量課金されます。上限は1GB単位で20~30GBに変更できます。通話料金は70分まで無料で、70分を超過すると30秒につき11円(税込)が従量課金されます。

合理的かけほプランは月額2728~1万153円(税込)の間で従量課金されます。上限は1GB単位で3~30GBに変更できます。通話料金は時間や回数の制限なしに無料です。

Wスマートプランは月額1738~9163円(税込)の間で従量課金されます。上限は1GB単位で3~30GBに変更できます。通話料金は70分まで無料で、70分を超過すると30秒につき11円(税込)が従量課金されます。

@モバイルくん。

@モバイルくん。は従量制の格安SIMです。もっと使ったぶ~んだけプランは500MB~1.5GBの3段階、なっ得プランは5~10GBの11段階、通話もできる10ギガプランは10GB~20GBの21段階です。ドコモ回線のみ選択できます。

もっと使ったぶ~んだけプランの従量課金前の基本料金は月額1320円(税込)です。500MBを超過してからは500MBにつき550円(税込)が従量課金されます。最終段階まで従量課金後の基本料金は月額2420円(税込)です。

なっ得プランの従量課金前の基本料金は月額3190円(税込)です。5GBを超過すると500MBにつき550円(税込)が従量課金されます。最終段階まで従量課金後の基本料金は月額8690円(税込)です。

通話もできる10ギガプランの従量課金前の基本料金は月額5500円(税込)です。10GBを超過すると500MBにつき330~550円(税込)が従量課金されます。最終段階まで従量課金後の基本料金は月額1万2760円(税込)です。

従量課金の上限はもっと使ったぶ~んだけプランなら1.5~20.5GBに変更でき、なっ得プランなら5~25GBに変更でき、通話もできる10ギガプランなら11~30GBに変更できます。ただし変更が適用されるのは利用開始翌月からです。

b-mobile S スマホ電話SIM

b-mobile S スマホ電話SIMは従量制の格安SIMです。1GBまで、2GBまで、3GBまで……と1GB刻みで、最後は15GBまでという15段階の従量制です。ソフトバンク回線のみ選択できます。

従量課金前の基本料金は月額2145円(税込)です。これで1GBまで高速で利用できます。5分かけ放題オプション付きプランということになっていますが、実は5分かけ放題オプションを付けなくても申し込みができます。

1GBを超過すると385円(税込)が従量課金され、2GBを超過すると385円(税込)が従量課金され、3GBを超過すると385円(税込)が従量課金され……というように、1GBにつき385円(税込)ずつ従量課金されていきます。

最終段階まで従量課金後の基本料金は月額7535円(税込)です。15GBを超過してからは低速で利用できます。恐らくそのときの通信速度は最大200kbpsくらいになるはずです。

従量課金の上限は1GB単位で5~15GBに変更できます。1~4GBには変更できません。つまりデータ通信を利用する限り、1~4GBを超過したときの従量課金は不可避ということです。

従量制の格安SIM 料金比較

音声プラン

通信量最安次点
0MB楽天エキサイト
0円495円
100MB楽天エキサイト
0円880円
1GB楽天エキサイト
0円880円
2GBエキサイト楽天
880円1078円
3GBエキサイト楽天
880円1078円
4GB日本 合みエキサイト
1390円1430円
5GB日本 合みエキサイト
1390円1430円
6GB日本 合みエキサイト
1390円1430円
7GBエキサイト日本 合み
1430円1665円
8GB日本 合みエキサイト
1940円1980円
9GBエキサイト楽天
HIS D弐
日本 合20
1980円2178円
10GBエキサイト楽天
HIS D弐
日本 合20
1980円2178円
11GBエキサイト楽天
HIS D弐
日本 合20
1980円2178円
12GBエキサイト楽天
HIS D弐
日本 合20
1980円2178円
13GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円2750円
14GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円2750円
15GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円2750円
16GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円2750円
17GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円2750円
18GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円3245円
19GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円3245円
20GB楽天
HIS D弐
日本 合20
エキサイト
2178円3245円

音声通話対応プランは楽天モバイル、エキサイトモバイル、日本通信SIMが安いです。楽天モバイルは1GBまでなら無料なので、メイン回線としてはもちろんサブ回線としてもおすすめです。

SMSプラン

通信量最安次点
0MBPadSIM D
HIS D
エキサイト
352円462円
100MBPadSIM D
HIS D
IIJmio
352円528円
1GBIIJmioPadSIM D
528円671円
2GBIIJmioエキサイト
770円847円
3GBエキサイトIIJmio
847円990円
4GBIIJmioエキサイト
1210円1397円
5GBエキサイトIIJmio
1397円1430円
6GBエキサイトIIJmio
1397円1650円
7GBエキサイトIIJmio
1397円1870円
8GBエキサイトIIJmio
1947円2090円
9GBエキサイトIIJmio
1947円2310円
10GBエキサイトHIS D
1947円2464円
11GBエキサイトIIJmio
1947円2750円
12GBエキサイトIIJmio
1947円2970円
13GBエキサイトIIJmio
2717円3190円
14GBエキサイトIIJmio
2717円3410円
15GBエキサイトHIS D
2717円3454円
16GBエキサイトIIJmio
2717円3850円
17GBエキサイトIIJmio
2717円4070円
18GBエキサイトIIJmio
3212円4290円
19GBエキサイトIIJmio
3212円4510円
20GBエキサイトIIJmio
3212円4730円

SMS対応プランは従量課金が100MBまでならb-mobile S 190PadSIMとHISモバイルが最も安く、2GBまでならIIJmioが最も安く、それ以降はほとんどの場合でエキサイトモバイルが最も安いです。

データプラン

通信量最安次点
0MBHISPadSIM
198円209円
100MBHISPadSIM
198円209円
1GBPadSIMHIS
エキサイト
528円770円
2GBHIS
エキサイト
PadSIM
770円935円
3GBエキサイトPadSIM
770円935円
4GBHIS
エキサイト
PadSIM
1320円1595円
5GBHIS
エキサイト
PadSIM
1320円1595円
6GBエキサイトPadSIM
1320円1595円
7GBエキサイトHIS
1320円2310円
8GBエキサイトHIS
1870円2310円
9GBエキサイトHIS
1870円2310円
10GBエキサイトHIS
1870円2310円
11GBエキサイトHIS
1870円3300円
12GBエキサイトHIS
1870円3300円
13GBエキサイトHIS
2640円3300円
14GBエキサイトHIS
2640円3300円
15GBエキサイトHIS
2640円3300円
16GBエキサイトHIS
2640円5775円
17GBエキサイトHIS
2640円5775円
18GBエキサイトHIS
3135円5775円
19GBエキサイトHIS
3135円5775円
20GBエキサイトHIS
3135円5775円

データ通信専用プランは従量課金が100MBまでならHISモバイルが最も安く、1GBまでならb-mobile S 190PadSIMが最も安く、それ以降はほとんどの場合でエキサイトモバイルが最も安いです。

従量制の格安SIM 仕様比較

割引

楽天
エキサイト
ジャスト
PadSIM
IIJmio
初月無料-----
固定回線割----
複数回線割-----
ポイント還元----
HIS
日本通信
@モバイル
スマホ電話
初月無料----
固定回線割----
複数回線割----
ポイント還元---

楽天モバイルにはポイントが還元される特典がありますが、従量課金がない状態では高が知れているのであまり気にしなくてもいいです。IIJmioには固定回線とのセット割引があります。

回線

楽天
エキサイト
ジャスト
PadSIM
IIJmio
ドコモ--
au---
ソフトバンク---
楽天----
HIS
日本通信
@モバイル
スマホ電話
ドコモ-
au----
ソフトバンク--
楽天----

エキサイトモバイルはドコモ回線とau回線が選択できます。b-mobile S 990ジャストフィットSIM、b-mobile S 190PadSIM、HISモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線が選択できます。IIJmioの従量制プランはau回線のみです。

データ通信

楽天
エキサイト
ジャスト
PadSIM
IIJmio
速度切り替え--
バースト転送---
容量繰り越し-----
容量シェア---
容量追加----
HIS
日本通信
@モバイル
スマホ電話
速度切り替え----
バースト転送----
容量繰り越し---
容量シェア----
容量追加--

すべての格安SIMに従量制プランがあります。楽天モバイルの通信速度切り替えはパートナー回線を対象としたもので、高速通信をオフにしても従量課金を停止できるわけではありません。

音声

楽天
エキサイト
ジャスト
PadSIM
IIJmio
通話定額-
転送電話-
迷惑電話拒否--
留守番電話-
割り込み通話-
HIS
日本通信
@モバイル
スマホ電話
通話定額
転送電話-
迷惑電話拒否-
留守番電話
割り込み通話

楽天モバイルは専用アプリで電話をかければ通話料金が無料になります。日本通信SIMの一部プランは専用アプリなしでも通話料金が無料です。エキサイトモバイルには3分かけ放題オプションがあります。

支払い方法

楽天
エキサイト
ジャスト
PadSIM
IIJmio
クレカ
デビカ----
プリカ-----
口座振替----
振り込み-----
HIS
日本通信
@モバイル
スマホ電話
クレカ
デビカ----
プリカ----
口座振替----
振り込み----

従量制の格安SIMはクレジットカードが必要なものがほとんどです。そんな中で楽天モバイルはデビットカードや口座振替でも支払いができます。b-mobile Sシリーズは家族名義のクレジットカードでも支払いができます。

サポート

楽天
エキサイト
ジャスト
PadSIM
IIJmio
店舗サポート-----
訪問サポート-----
遠隔サポート---
HIS
日本通信
@モバイル
スマホ電話
店舗サポート---
訪問サポート----
遠隔サポート----

楽天モバイルとIIJmioは電話と遠隔操作でサポートが受けられるオプションがあります。スマートフォンの設定や操作に不安があるなら加入しておきましょう。HISモバイルは店舗でサポートが受けられます。

手続き

楽天
エキサイト
ジャスト
PadSIM
IIJmio
未成年契約---
MNP開通-
譲渡----
HIS
日本通信
@モバイル
スマホ電話
未成年契約---
MNP開通-
譲渡----

エキサイトモバイルは従量制プランと定額制プランの間でプラン変更できます。IIJmioは従量制プランと定額制プランの間でプラン変更できません。プラン変更を視野に入れるならエキサイトモバイルにするべきです。

従量制の格安SIM まとめ

従量制の格安SIMをほとんど利用しないかたくさん利用するつもりなら、楽天モバイルで決まりです。1回線目は1GBまで無料、20GBを超過しても月額3278円(税込)という圧倒的な安さは他の追随を許しません。

楽天モバイル

従量制の格安SIM コラム

従量制の格安SIMの活用法

従量制の格安SIMの使った分だけしかお金が掛からないという特徴を生かすためには、どのような使い方をすればいいのでしょうか。従量制の格安SIMの活用法について考えてみましょう。

まず考えられるのはこれをスマートフォンのメイン回線にして、あえて最低料金のままで使っていくという方法です。つまりメイン回線の維持費を抑えるために使うわけです。

従量課金で最低料金から一つ段階が上がるまでにだいたい100MB~1GBくらいは使えるので、あえてデータ通信を必要最小限に控えて最低料金のままで使っていくことも、あながち非現実的な話ではありません。

こうすれば定額制の格安SIMではあり得ないほどの基本料金の安さで、メイン回線を維持することも可能になります。不自由も伴いますが、やはり先立つものはお金です。検討する価値は大いにあります。

あるいはスマートフォンのメイン回線は定額制の格安SIM、タブレットなどのサブ回線は従量制の格安SIMというように、用途に応じて使い分けるのもいいでしょう。これなら少額で複数回線を維持できます。

普通なら複数回線の費用を捻出するのはたとえ格安SIMであっても決して簡単なことではありませんが、使った分だけお金が掛かる、つまり使わなければ安いままという従量制の格安SIMならそれも苦になりません。

ただしサブ端末がタブレットのようにデータ通信に特化したものなら、メイン端末からサブ端末にテザリングするだけで事足りることもあるので、そこは慎重に検討したいところです。

他には従量制の格安SIMをIoTやM2Mに使うことも考えられます。しかしここで紹介している個人向けの格安SIMはそのような用途には不向きなので、IoTやM2Mに特化した法人向けの格安SIMを使うべきです。

従量制の格安SIMの注意点

基本料金が通信量に応じて従量課金されるという仕組みには、デメリットがないわけではありません。従量制の格安SIMにはいくつか注意しなければならない点があります。

まず定額制の格安SIMによくある利用開始月の基本料金が無料や日割りになるサービスは、従量制の格安SIMにはほとんどありません。あるとすればせいぜい2段階定額制の格安SIMくらいのものです。

これは使った分だけお金が掛かるという従量課金の性質からすれば当然のことです。利用開始月から50GBとか60GBとか使っておいて、それを利用開始月だからといって無料にしろというのはさすがに虫が良すぎる話ですよね。

そういうわけで従量制の格安SIMは、利用開始月の基本料金が無料や日割りになる定額制の格安SIMに、利用開始月の時点で多少なりとも差をつけられてしまうことになります。

それから従量制の格安SIMはある段階で基本料金が大きく上昇することがあるので、通信量が毎月同じくらいで推移していくならむしろ定額制の格安SIMの方が安上がりになることもあり得ます。

例えば従量制で2~3GBが月額1760円(税込)のプランと、定額制で3GBが月額1760円(税込)のプランは、同じようでまったく違います。前者は2GBに達した時点で後者と同じ金額になってしまうからです。

通信量が毎月2GB前後で推移することが予想されるなら、従量制で2~3GBが月額1760円(税込)のプランよりも、定額制で2GBが月額1540円(税込)のプランの方が安上がりなのです。

従量制の格安SIMにはこのような数字のトリックもあるということを認識しておくべきです。そうでなければお金を節約していたつもりでも、実は無駄遣いしていたということになりかねません。

従量課金には付きもののいわゆるパケ死にも注意してください。故意であるかどうかにかかわらず格安SIMを使った分だけお金が掛かるので、使い方を誤ると思いがけず高額な費用を請求される可能性があります。

これは自分自身がデータ通信を控えるよう心掛けるだけでは決して十分ではありません。スマートフォンは使っていないときでも勝手にデータ通信をしてしまうことがあるので、その設定も見直す必要があります。

最後に通信容量の繰り越しについても触れておきます。従量制の格安SIMでは通信容量の繰り越しができません。通信容量を温存しておき、翌月にまとめて消費するというような工夫をする余地がないのです。

だからこそ使った分だけしかお金が掛からないわけで、どちらがいいとか悪いとかいう問題ではないのですが、定額制の格安SIMでも通信容量の繰り越しを駆使すれば、それなりに幅の広い使い方ができるということは確かです。

格安SIMの従量課金が高額化するのを防ぐには

格安SIMが従量課金によって高額化するのを防ぐには、どのような対策を講じるべきなのでしょうか。格安SIMや端末の設定にとどまらず、それらの使い方に対する意識付けなどについても考えてみましょう。

従量制の格安SIMの中には通信容量の上限を変更できるようになっているものがあります。つまりここまでなら支払っていい、これ以上は支払いたくないという予算をある程度自由に決められるのです。

これなら基本料金が予算を上回るようなことはないので、安心して使えます。このような機能がある従量制の格安SIMはごく一部に過ぎませんが、それに当てはまるようならぜひ活用してみてください。

あるいは通信速度の切り替えができる格安SIMなら、自動ではなく手動で高速通信から低速通信に切り替えて通信容量を節約することで、必要以上の従量課金を防ぐという手もあります。

手間は掛かりますが、通信容量を使うかどうかを自らの意思で判断できるという意味で柔軟性が高い方法といえます。専用アプリで手軽に通信速度の切り替えができるようなら、こちらの方法も検討したいところです。

端末の設定にも見直すべきところはあります。例えば自動的にアプリを更新したり、撮った写真をアップロードしたりする設定を無効にすれば、知らない間に従量課金を伴うデータ通信が発生するようなことはなくなります。

ただしそのような機能をすべて無効にするとそれはそれで利便性を損なってしまうので、アプリ更新は許可して写真アップロードは許可しないというように、優先順位をつけることを勧めます。

そして格安SIMの従量課金を最小限に抑えるために最も大事なことは、やはり節度ある使い方をしていくということに尽きます。いくら細く設定をいじっても、動画を垂れ流しにするような使い方をしていては水の泡です。

動画を見たりアプリをダウンロードしたりするときには、格安SIMではデータ通信をせずWi-Fiに接続するべきです。外出するときも、Wi-Fiスポットがある場所に立ち寄るなどして通信容量の節約に励みましょう。

迷ったら楽天モバイル

迷ったら楽天モバイルです。基本料金は1回線目で1GBまでなら無料、通話料金も専用アプリを利用すれば無料、初期費用も無料、解約金も無料、MNP転出手数料も無料と、とにかく安上がりです。

楽天モバイル