格安SIM比較ウェブ

300円くらいの格安SIMを比較

2018年10月22日更新

300円くらいの格安SIMを比較しています。300円くらいといっても、さすがに月額300円(税別)以下のものだけでは少な過ぎるので、月額300~400円(税別)のものも含めることにしました。

2台持ちのスマートフォンやタブレット、子供用スマートフォン、シニア用スマートフォンなどに、2枚目のSIMカードが必要になったときには、300円くらいの格安SIMを検討してみてください。

仮に初期費用が3000円(税別)で基本料金が月額300円(税別)だとすると、1年間で6600円(税別)、2年間でも1万200円(税別)にしかなりません。とにかく安上がりです。

ただし300円くらいの格安SIMは、ほぼデータ通信専用プランしか選択肢がない状況です。SMS対応プランでは300円に収まらないことがほとんどで、まして音声通話対応プランなど望むべくもありません。そこは割り切りましょう。

300円くらいの格安SIMのおすすめは、b-mobile S 190PadSIMです。100MBまでなら月額190円(税別)、SMS機能付きでも月額320円(税別)という驚異的な安さを誇ります。ドコモ版とソフトバンク版から選べるのも特徴です。

b-mobile S 190PadSIM

b-mobile S 190PadSIM

b-mobile S 190PadSIMは、データ通信専用プランなら月額190円(税別)から、SMS対応プランなら月額320円(税別)からです。100MBまでの最低料金で維持すれば、300円くらいの格安SIMということになります。

ドコモ版とソフトバンク版があり、いずれもSIMロックを解除することなく使えます。SIMロックが解除できずに持て余していた、ソフトバンクのiPhone 5やiPhone 5sのような古い端末が、この格安SIMでよみがえるわけです。

ソフトバンク版はiPhoneとiPadでしか使えず、SMS対応プランもないということに注意してください。ドコモ版ならそのような制約はありません。キャリアにこだわりがなければドコモ版を選んでおけばいいでしょう。

b-mobile S 190PadSIM

H.I.S.モバイル

H.I.S.モバイルのデータ通信専用ネットピタットプランは、NTTドコモ回線なら月額190円(税別)から、ソフトバンク回線なら月額290円(税別)からで、いずれも300円くらいの格安SIMです。

最低料金で維持するには、通信量を100MB未満に抑えなければなりません。通信量が100MBに達すると、NTTドコモ回線なら月額540円(税別)、ソフトバンク回線なら月額640円(税別)になり、300円では収まらなくなります。

NTTドコモ回線はiPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレットなどで使えますが、ソフトバンク回線はiPadでしか使えません。動作確認済みの端末をよく確認した上で、回線を選ぶようにしてください。

H.I.S.モバイル

nuroモバイル

nuroモバイルは300円くらいの格安SIMというより、300円ちょうどの格安SIMと表現するべきでしょう。通信容量が200MBのお試しプランが、ドコモ回線の(D)プランなら月額300円(税別)です。

ちなみにソフトバンク回線の(S)プランなら月額500円(税別)です。こちらはあまり安くありませんが、SIMロックが解除できないソフトバンク端末を使わざるを得ないなら、(S)プランにすることも検討してみてください。

お試しプランは従量制ではなく定額制なので、200MBを使い切っても基本料金が高くなることがありません。ただし制限時の通信速度は下り最大32kbpsにまで落ち込むので、それなりのストレスを感じることになります。

nuroモバイル

ロケットモバイル

ロケットモバイルは、300円くらいの格安SIMです。一番安いプランである神プランが、ドコモ回線のDプランなら月額298円(税別)、ソフトバンク回線のSプランなら月額398円(税別)となっています。

利用開始月の基本料金が無料になることにも注目です。ロケットモバイルは神プランも含め、すべてのプランが初月無料なのです。たとえほんの300円くらいでも、費用が浮くのはうれしいものです。

通信速度は下り最大200kbpsしか出ませんが、300円くらいの格安SIMに速さまで求めるのは酷というものです。とにかくインターネットにつながるならそれでよしとしましょう。

ロケットモバイル

0 SIM

300円くらいの格安SIMといえば、0 SIMを忘れてはいけません。500MBまでなら月額無料なので、300円どころか1円たりとも支払わなくていいのです。データ+SMSプランでも月額150円(税別)です。

500MBからは100MBにつき100円(税別)が課金され、600MBまでは月額100円(税別)、700MBまでは月額200円(税別)、800MBまでは月額300円(税別)になります。300円くらいの格安SIMにしては通信容量に余裕があります。

できれば最低料金で維持していきたいところですが、データ専用プランとデータ+SMSプランは、3カ月間まったくデータ通信をしないと強制的に解約されてしまうので、注意してください。

エックスモバイル

エックスモバイルのデータプランは、通信容量がなくて下り最大200kbpsの基本プランなら、月額380円(税別)で維持できます。これも300円台なので、一応は300円くらいの格安SIMといえます。

しかし基本料金はそれなりに安いものの、初期費用は5000円(税別)と割高になっています。一般的な格安SIMより1000円以上も高いのです。これではせっかくの基本料金の安さも台無しです。

しかもデータプランには、12カ月間の最低利用期間と1万円(税別)の解約金が設定されており、申し込みをするときだけでなく、解約するときにも大きな負担を強いられることがあります。

300円くらいの格安SIM 料金比較

※表内の金額は税別

SMSプラン

容量安値次点
なしロケット Dエックス
448円580円
100MBPadSIM D-
320円-
200MBnuro-
450円-
500MB0 SIM-
150円-
600MB0 SIM-
250円-
700MB0 SIM-
350円-
800MB0 SIM-
450円-

SMS機能付きで300円くらいの格安SIMとなると、b-mobile S 190PadSIMのドコモ回線プランと、0 SIMくらいしかありません。nuroモバイルやロケットモバイルなどは、SMS機能付きだと300円を大幅に上回ってしまいます。

データプラン

容量安値次点
なしロケット Dエックス
298円380円
100MBPadSIM
H.I.S. D
H.I.S. S
190円290円
200MBnuro-
300円-
500MB0 SIM-
0円-
600MB0 SIM-
100円-
700MB0 SIM-
200円-
800MB0 SIM-
300円-

0 SIMの安さが一目瞭然です。通信速度が遅いとのうわさもあり、他の格安SIMと単純には比較できませんが、とにかく安いです。b-mobile S 190PadSIM、H.I.S.モバイル、nuroモバイルもバランスが取れています。

300円くらいの格安SIM 仕様比較

キャリア

仕様
PadSIM
H.I.S.
nuro
ドコモ
au---
ソフトバンク-
ワイモバイル---
仕様
ロケット
0 SIM
エックス
ドコモ
au---
ソフトバンク--
ワイモバイル---

b-mobile S 190PadSIM、H.I.S.モバイル、ロケットモバイルはソフトバンク回線に対応しています。nuroモバイルもソフトバンク回線に対応しているものの、300円くらいの格安SIMというくくりだとドコモ回線のみです。

割引

仕様
PadSIM
H.I.S.
nuro
初月無料--
セット割---
家族割---
ポイント還元---
仕様
ロケット
0 SIM
エックス
初月無料--
セット割---
家族割---
ポイント還元---

nuroモバイルとロケットモバイルは利用開始月の基本料金が無料なので、他の格安SIMより300円くらい安上がりです。セット割引、家族割引、ポイント還元などのサービスがある格安SIMはありませんでした。

支払い方法

仕様
PadSIM
H.I.S.
nuro
クレジットカード
デビットカード---
LINE Pay カード---
口座振替---
振り込み---
仕様
ロケット
0 SIM
エックス
クレジットカード
デビットカード--
LINE Pay カード---
口座振替--
振り込み---

300円くらいの格安SIMにわざわざクレジットカードを使いたくなければ、デビットカードを受け付けているロケットモバイルか、店舗で口座振替を受け付けているエックスモバイルが候補になります。

データ通信

仕様
PadSIM
H.I.S.
nuro
速度切り替え---
バースト転送--
容量繰り越し---
容量シェア---
容量追加--
Wi-Fiスポット---
メールアドレス---
仕様
ロケット
0 SIM
エックス
速度切り替え---
バースト転送---
容量繰り越し---
容量シェア---
容量追加--
Wi-Fiスポット---
メールアドレス---

nuroモバイルはバースト転送に対応しており、nuroモバイルと0 SIMは通信容量追加に対応しています。300円くらいの激安プランということもあり、全体的に機能が貧弱であることは否めません。

サポート

仕様
PadSIM
H.I.S.
nuro
セキュリティー---
端末保証--
訪問サポート--
遠隔サポート--
仕様
ロケット
0 SIM
エックス
セキュリティー---
端末保証-
訪問サポート---
遠隔サポート---

nuroモバイル、ロケットモバイル、エックスモバイルには端末保証オプションがありますが、300円を大幅に上回ってしまいます。格安SIMの費用を300円くらいで考えているなら、オプションはあきらめた方がいいでしょう。

手続き

仕様
PadSIM
H.I.S.
nuro
未成年契約--
MNP手動切り替え--
プラン変更-
サイズ変更
仕様
ロケット
0 SIM
エックス
未成年契約
MNP手動切り替え---
プラン変更-
サイズ変更

nuroモバイル、ロケットモバイル、0 SIM、エックスモバイルは、未成年でも保護者の同意があれば契約できます。300円くらいならお小遣いでもやりくりしやすいので、初めての格安SIMとしてちょうどいい乗り換え先になりそうです。

迷ったらb-mobile S 190PadSIM

300円くらいの格安SIMは、b-mobile S 190PadSIMで決まりです。月額190円(税別)で100MBまで使える費用対効果の高さと、端末に合わせて二つの回線から選べる柔軟性の高さが理由です。

b-mobile S 190PadSIMには最低利用期間や解約金の縛りがないので、とりあえず何カ月か試してみるくらいの、軽い気持ちで申し込んでしまってもいいでしょう。もし解約することになっても、大した出費にはなりません。

基本料金の安さだけなら0 SIMもいいのですが、いかんせん通信速度が遅いという悪評が多く、3カ月間放置すると解約されてしまうわずらわしさもあり、なかなかおすすめしにくいというのが正直なところです。

b-mobile S 190PadSIM