格安SIM比較ウェブ

SNS使い放題の格安SIM

更新

SNS使い放題の格安SIMを比較しています。SNS使い放題の格安SIMとは、対象のSNSで通信容量が消費されないカウントフリー機能がある格安SIMや、通信容量が無制限に使い放題である格安SIMのことです。

SNS使い放題の格安SIM おすすめ

mineoがおすすめです。パケット放題という月額385円(税込)のオプションに加入すると、通信容量を使い切ったときの通信速度が最大500kbpsに増速され、そこそこの通信速度でSNS使い放題の格安SIMになります。

mineo

mineo

500kbpsでSNS使い放題の格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
1GB1298円
5GB1518円
10GB1958円
20GB2178円
ドコモ回線 SMS+データプラン
1GB1012円
5GB1397円
10GB1837円
20GB2057円
ドコモ回線 データプラン
1GB880円
5GB1265円
10GB1705円
20GB1925円
au回線 音声+SMS+データプラン
1GB1298円
5GB1518円
10GB1958円
20GB2178円
au回線 SMS+データプラン
1GB880円
5GB1265円
10GB1705円
20GB1925円
ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
1GB1298円
5GB1518円
10GB1958円
20GB2178円
ソフトバンク回線 SMS+データプラン
1GB1078円
5GB1463円
10GB1903円
20GB2123円
ソフトバンク回線 データプラン
1GB880円
5GB1265円
10GB1705円
20GB1925円
プラン名mineo Dプラン デュアルタイプ 1GB
申し込みmineo
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金1298円
回線ドコモ
容量1GB
速度高速
超過時最大200kbps
最大500kbps(+385円)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:935円
30分パック:924円
60分パック:1848円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-
プラン名mineo Dプラン デュアルタイプ 5GB
申し込みmineo
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金1518円
回線ドコモ
容量5GB
速度高速
超過時最大200kbps
最大500kbps(+385円)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:935円
30分パック:924円
60分パック:1848円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

mineoは一言で言えばそこそこの通信速度でSNS使い放題の格安SIMです。パケット放題という月額385円(税込)のオプションに加入すると、通信容量を使い切ったときの通信速度が最大500kbpsに増速されます。

音声通話対応プランでパケット放題に加入したときの料金は、1GBプランなら月額1683円(税込)、5GBプランなら月額1903円(税込)、10GBプランなら月額2343円(税込)、20GBプランなら月額2563円(税込)となかなかです。

いわゆるカウントフリーは一部のSNSしか使い放題になりませんが、パケット放題ならどんなSNSも使い放題になる上に、SNS以外も使い放題になります。それがパケット放題のいいところです。

通信容量を使い切ったときだけでなく、mineoスイッチというアプリで高速通信をオフにしたときにも、このパケット放題は効力を発揮します。格安SIMでSNSを使うときには高速通信をオフにするといいでしょう。

なおパケット放題が適用されていても、au回線プランのみ3日間で6GBを超過すると通信速度が制限されることがあります。それを避けるためにはドコモ回線プランかソフトバンク回線プランを選んでください。

mineo

LinksMate

Twitter、Facebook、InstagramでSNS使い放題の格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
100MB517円
200MB627円
300MB660円
400MB682円
500MB715円
1GB737円
2GB770円
3GB902円
4GB1078円
5GB1210円
6GB1342円
7GB1463円
8GB1606円
9GB1705円
10GB1870円
12GB2090円
14GB2310円
16GB2530円
18GB2750円
20GB2970円
22GB3157円
24GB3344円
26GB3531円
28GB3718円
30GB3905円
34GB4279円
40GB4840円
50GB5500円
60GB6160円
80GB7260円
100GB8305円
140GB10285円
200GB13255円
300GB18227円
400GB22902円
600GB32252円
800GB41052円
1TB49852円
ドコモ回線 SMS+データプラン
100MB297円
200MB407円
300MB440円
400MB462円
500MB495円
1GB517円
2GB550円
3GB682円
4GB858円
5GB990円
6GB1122円
7GB1243円
8GB1386円
9GB1485円
10GB1650円
12GB1870円
14GB2090円
16GB2310円
18GB2530円
20GB2750円
22GB2937円
24GB3124円
26GB3311円
28GB3498円
30GB3685円
34GB4059円
40GB4620円
50GB5280円
60GB5940円
80GB7040円
100GB8085円
140GB10065円
200GB13035円
300GB18007円
400GB22682円
600GB32032円
800GB40832円
1TB49632円
ドコモ回線 データプラン
100MB165円
200MB275円
300MB308円
400MB330円
500MB363円
1GB385円
2GB418円
3GB550円
4GB726円
5GB858円
6GB990円
7GB1111円
8GB1254円
9GB1353円
10GB1518円
12GB1738円
14GB1958円
16GB2178円
18GB2398円
20GB2618円
22GB2805円
24GB2992円
26GB3179円
28GB3366円
30GB3553円
34GB3927円
40GB4488円
50GB5148円
60GB5808円
80GB6908円
100GB7953円
140GB9933円
200GB12903円
300GB17875円
400GB22550円
600GB31900円
800GB40700円
1TB49500円
プラン名LinksMate 音声通話+SMS+データ通信 100MB
申し込みLinksMate
初期費用送料本土:1100円
送料離島:2200円
SIM発行-
基本料金517円
回線ドコモ
容量100MB
300MB/3日(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:935円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
振り込み(+330円~)
現金(+330円~)
年齢14歳~
最低利用-
解約金3300円
MNP転出-
プラン名LinksMate 音声通話+SMS+データ通信 200MB
申し込みLinksMate
初期費用送料本土:1100円
送料離島:2200円
SIM発行-
基本料金627円
回線ドコモ
容量200MB
300MB/3日(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:935円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
振り込み(+330円~)
現金(+330円~)
年齢14歳~
最低利用-
解約金3300円
MNP転出-

LinksMateにはゲームやSNSなどの通信量がほぼカウントされなくなるカウントフリーオプションがあります。料金は1契約につき月額550円(税込)です。このオプションに加入すればSNS使い放題の格安SIMになります。

SNSはTwitter、Facebook、Instagram、Lobiが対象です。他に『グランブルーファンタジー』などのゲームや、ABEMAなどのコンテンツ配信サービス、さらにはApp StoreやGoogle Playも対象に含まれています。

Twitter、Facebook、Instagram、Lobiのいずれも、公式アプリや公式サイト以外からのアクセス、外部サイトへのアクセス、ライブ動画のストリーミング再生はカウントフリーの対象外です。FacebookのMessengerも同様です。

カウントフリーオプションは主回線で申し込みをするだけですべての副回線にも適用されます。つまりオプションで追加した2~5枚目のSIMカードにも適用されるということです。

2人で利用すれば1人当たり月額275円(税込)になります。3人なら月額約183.7円(税込)、4人なら月額137.5円(税込)、5人なら月額110円(税込)です。ここまで安くなるならいっそ家族全員で乗り換えるのもありです。

LinksMate

楽天モバイル

容量無制限でSNS使い放題の格安SIM

楽天回線 音声+SMS+データプラン
無制限 従量0円~
プラン名楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
申し込み楽天モバイル
初期費用-
SIM発行-
基本料金~1GB:0円(1回線目)
~3GB:1078円
~20GB:2178円
~無制限:3278円
回線楽天
容量無制限
(auエリアは5GB)
速度高速
超過時最大1Mbps
通話アプリ使用:0円
アプリなし:22円/30秒
通話定額海外かけ放題:980円(不課税)
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(+110円)
年齢-
最低利用-
解約金-
MNP転出-

楽天モバイルはSNS使い放題の格安SIMです。Rakuten UN-LIMIT VIというプランが、楽天回線エリアなら高速で使い放題、au回線エリアなら5GB超過後も最大1Mbpsで使い放題なので、SNSくらいならまったく問題なく使えます。

基本料金は最大で月額3278円(税込)と高めですが、Rakuten Linkアプリで通話料金とSMS料金が無料になるので、考えようによっては安いです。なおデータ通信専用プランはありません。

au回線エリアで通信容量を使い切ったときは、データチャージというオプションで通信容量を追加できます。1GBにつき550円(税込)です。通信速度の遅さに我慢できなくなったら、こういう最後の手段もあると覚えておいてください。

もっとも、たとえ通信速度が最大1Mbpsに制限されても、SNSでテキスト、写真、動画を見ていて、通信速度の遅さに悩まされることはまずありません。ほとんどの場合はデータチャージに頼るまでもないでしょう。

SNSを使うときはデータ高速モードを無効にしたいところです。my 楽天モバイルというアプリおよびサイトからデータ高速モードを無効にすると、通信速度が最大1Mbpsに制限され、通信容量が消費されなくなります。

楽天モバイル

ワイモバイル

1MbpsでSNS使い放題の格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
3GB2178円
15GB3278円
25GB4158円
プラン名ワイモバイル シンプルS
申し込みワイモバイル
初期費用ウェブ:0円
店舗:3300円
SIM発行-
基本料金2178円
回線ソフトバンク
容量3GB
速度高速
超過時最大300kbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
SMS付帯0円
枚数1~4枚
サイズeSIM nano micro
支払いクレジットカード
口座振替(店舗のみ)
年齢12歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-
プラン名ワイモバイル シンプルM
申し込みワイモバイル
初期費用ウェブ:0円
店舗:3300円
SIM発行-
基本料金3278円
回線ソフトバンク
容量15GB
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
SMS付帯0円
枚数1~4枚
サイズeSIM nano micro
支払いクレジットカード
口座振替(店舗のみ)
年齢12歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

ワイモバイルはSNS使い放題の格安SIMです。シンプルSなら通信容量を使い切っても最大300kbpsで使い放題、シンプルMとシンプルLなら通信容量を使い切っても最大1Mbpsで使い放題です。

シンプルSは月額2178円(税込)で3GB、シンプルMは月額3278円(税込)で15GB、シンプルLは月額4158円(税込)で25GBです。動画を見たりアプリをダウンロードしたりしないならシンプルSでも十分です。

SNSだけで15GBなり25GBを使い切ることはまずないでしょうが、もしそうなっても最大1Mbpsで使い放題なので安心してください。Twitter、Facebook、Instagramくらいなら通信速度の遅さに悩まされることはないでしょう。

もっと通信容量が欲しいと思うなら、データ増量オプションに加入してみてください。月額550円(税込)の追加料金で、シンプルSの通信容量が毎月1GB、シンプルMとシンプルLの通信容量が毎月3GB増量されます。

オートチャージオプションに加入すれば、通信容量を使い切るたびに自動的に追加されていきます。料金は500MBにつき550円(税込)です。やや割高なので、どちらかというとデータ増量オプションがおすすめです。

ワイモバイル

BIGLOBEモバイル

MessengerでSNS使い放題の格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
3GB1320円
6GB1870円
12GB3740円
20GB5720円
30GB8195円
ドコモ回線 SMS+データプラン
3GB1122円
6GB1727円
12GB3102円
20GB5082円
30GB7557円
ドコモ回線 データプラン
3GB990円
6GB1595円
12GB2970円
20GB4950円
30GB7425円
au回線 音声+SMS+データプラン
3GB1320円
6GB1870円
12GB3740円
20GB5720円
30GB8195円
au回線 SMS+データプラン
3GB1122円
6GB1727円
12GB3102円
20GB5082円
30GB7557円
プラン名BIGLOBEモバイル タイプD 音声通話SIM 3ギガプラン
申し込みBIGLOBEモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金1320円(初月無料)
回線ドコモ
容量3GB
速度高速
超過時最大200kbps
通話アプリ使用:9.9円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
60分パック:660円
90分パック:913円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用翌月から12カ月
解約金1100円
MNP転出-
プラン名BIGLOBEモバイル タイプD 音声通話SIM 6ギガプラン
申し込みBIGLOBEモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金1870円(初月無料)
回線ドコモ
容量6GB
速度高速
超過時最大200kbps
通話アプリ使用:9.9円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
60分パック:660円
90分パック:913円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用翌月から12カ月
解約金1100円
MNP転出-

BIGLOBEモバイルはSNS使い放題の格安SIMです。エンタメフリー・オプションに加入すればFacebookのメッセンジャーアプリであるMessengerがカウントフリーになります。Messengerだけとはいえ、SNSであることは確かです。

エンタメフリー・オプションの料金は音声通話SIMなら月額308円(税込)、データSIMなら月額1078円(税込)です。例えば音声通話SIMの3ギガプランなら月額1628円(税込)ということになります。

エンタメフリー・オプションは3ギガプラン以上なら加入できます。1ギガプランでは加入できません。最も安上がりなのは3ギガプランとエンタメフリー・オプションの組み合わせです。

エンタメフリー・オプションに加入するとMessengerのチャットと音声通話が使い放題になります。ビデオ通話とFacebook以外が提供する画像やゲームなどのコンテンツは使い放題になりません。

なおMessengerの他にも、YouTube、ABEMA、U-NEXTなどの動画配信サービスや、Google Play Music、YouTube Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスが使い放題です。こちらがむしろ本命かもしれません。

BIGLOBEモバイル

ServersMan SIM LTE

ServersMan SIM LTEは、通信速度が最大500~600kbpsながら通信容量が無制限で、SNS使い放題の格安SIMとして分類できます。動画を見るのは難しくても、テキストや写真を見るくらいなら何とかなります。

SMS対応プランが月額817円(税込)、データ通信専用プランが月額660円(税込)という安さが魅力です。音声通話対応プランはないので、2台持ちをするときの副回線として活用したいところです。

基本的には最大500~600kbpsの低速通信ですが、オプションで通信容量を追加すれば高速通信もできます。料金は1GBにつき660円(税込)です。SNSなどで通信速度の遅さに悩まされるようなら、検討してもいいでしょう。

高速通信のオンとオフの切り替えに対応しているので、例えばSNSを使うときは高速通信をオフにし、動画を見るときには高速通信をオンにするというように、状況に応じた使い分けができます。

ServersMan SIM UnlimitedというAndroidアプリには、もっと便利な機能があります。あらかじめ登録しておいたアプリを使っているときだけ、自動的に高速通信をオンにするよう設定できるのです。ぜひ活用してみてください。

TONE SIM (for iPhone)

TONE SIM (for iPhone)は最大500~600kbpsの格安SIMです。これだけの通信速度があれば、動画を見ることを除けば大抵のことはできます。もちろんそれにはSNSを使うことも含まれます。

子供のための端末見守りオプションが付帯することもあり、基本料金は高めに設定されています。音声通話対応プランが月額2915円(税込)、データ通信専用プランが月額1870円(税込)です。

この格安SIMを子供の端末に入れるとして、そもそもSNSを子供に使わせてもいいものかという疑問も浮かんできますが、それこそ端末見守りオプションの出番です。不適切なアプリの利用を制限するなどして対処してみてください。

1GBにつき490円(税込)の動画チケットオプションを購入すれば、通信速度が最大3Mbpsになります。より快適にSNSを使いたければ、この動画チケットオプションを購入するのもいいでしょう。

マイプラン設定というアプリにあらかじめ任意のアプリを登録しておくと、それらのアプリを起動したときだけ高速通信がオンに切り替わります。わざわざ手動で高速通信のオンとオフを切り替える手間が省けます。

TONE SIM (for iPhone)

SNS使い放題の格安SIM 料金比較

音声プラン+SNS使い放題

プラン最安次点
1GBLinksmineo
1287円1683円
3GBBIGLOBEワイモバ
1628円2178円
5GBLinksmineo
1760円1903円
6GBLinksBIGLOBE
1892円2178円
10GBmineoLinks
2343円2420円
12GBLinksBIGLOBE
2640円4048円
15GBワイモバ-
3278円-
20GBmineoLinks
2563円3520円
25GBワイモバ-
4158円-
30GBLinksBIGLOBE
4455円8503円
無制限TONE楽天
2915円3278円

基本料金とオプション料金の合計金額です。小容量プランならLinksMate、大容量プランならmineoが安いです。BIGLOBEもSNSだけでなく動画や音楽までカウントフリーである割には安いです。

SMSプラン+SNS使い放題

プラン最安次点
1GBLinksmineo A
1067円1265円
3GBBIGLOBE-
2200円-
5GBLinksmineo A
1540円1650円
6GBLinksBIGLOBE
1672円2805円
10GBmineo ALinks
2090円2200円
12GBLinksBIGLOBE
2420円4180円
20GBmineo Amineo D
2310円2442円
30GBLinksBIGLOBE
4235円8635円
無制限ServersTONE
817円1980円

音声通話対応プランと同じような結果になりました。mineoとLinksMateが安いです。BIGLOBEモバイルはSMS対応プランが割高なので、SMS対応プランを選ぶくらいなら音声通話対応プランを選ぶべきです。

データプラン+SNS使い放題

プラン最安次点
1GBLinksmineo D
mineo S
935円1265円
3GBBIG D-
2068円-
5GBLinksmineo D
mineo S
1408円1650円
6GBLinksBIG D
1540円2673円
10GBLinksmineo D
mineo S
2068円2090円
12GBLinksBIG D
2288円4048円
20GBmineo D
mineo S
Links
2310円3168円
30GBLinksBIG D
4103円8503円
無制限ServersTONE
660円1870円

データ通信専用プランは比較対象が少ないこともあり、mineoとLinksMateが上位を占める結果になりました。無制限プランはServersMan SIM LTEがTONE SIM (for iPhone)を制しています。

SNS使い放題の格安SIM 仕様比較

割引

mineo
Links
楽天
ワイモバ
初月無料----
固定回線割---
複数回線割--
ポイント還元---
BIGLOBE
Servers
TONE
初月無料--
固定回線割--
複数回線割-
ポイント還元-

mineoには複数回線割引や家族割引があります。楽天モバイルにはポイントがたまる特典があります。BIGLOBEモバイルは基本料金が初月無料で、さらに固定回線とのセット割引や家族割引もあります。

回線

mineo
Links
楽天
ワイモバ
ドコモ--
au---
ソフトバンク--
楽天---
BIGLOBE
Servers
TONE
ドコモ
au--
ソフトバンク---
楽天---

mineoはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線が選択できるので、ほとんどどんな端末でも利用できます。BIGLOBEモバイルはドコモ回線、au回線が選択できます。他の格安SIMは回線が選択できません。

データ通信

mineo
Links
楽天
ワイモバ
速度切り替え-
バースト転送---
容量繰り越し--
容量シェア-
容量追加
BIGLOBE
Servers
TONE
速度切り替え-
バースト転送---
容量繰り越し--
容量シェア--
容量追加

すべてSNS使い放題の格安SIMです。mineoはいつでも高速と低速を切り替えられるので、こまめに低速に切り替えてパケット放題を活用しましょう。楽天モバイルは通信容量が無制限というところに魅力を感じます。

音声

mineo
Links
楽天
ワイモバ
通話定額
転送電話
迷惑電話拒否--
留守番電話
割り込み通話
BIGLOBE
Servers
TONE
通話定額-
転送電話-
迷惑電話拒否--
留守番電話-
割り込み通話-

mineoとBIGLOBEモバイルは音声通話に関する機能が充実しています。楽天モバイルはRakuten Linkから発信すれば通話料金が無料になるという強みがありますが、迷惑電話ストップサービスに対応していません。

支払い方法

mineo
Links
楽天
ワイモバ
クレカ
デビカ--
プリカ---
口座振替--
振り込み---
BIGLOBE
Servers
TONE
クレカ
デビカ--
プリカ--
口座振替-
振り込み---

mineoは一部のデビットカードやプリペイドカードで支払いができます。楽天モバイルは一部のデビットカードや口座振替で支払いができます。BIGLOBEモバイルはデータ通信専用プランのみ口座振替で支払いができます。

サポート

mineo
Links
楽天
ワイモバ
店舗サポート--
訪問サポート--
遠隔サポート-
BIGLOBE
Servers
TONE
店舗サポート--
訪問サポート--
遠隔サポート-

mineoとワイモバイルは店舗でサポートが受けられるので、格安SIMの初心者にぴったりです。これらは店舗でのサポートだけでなく、有償で自宅訪問や遠隔操作でのサポートも受けられます。

手続き

mineo
Links
楽天
ワイモバ
未成年契約
MNP開通
譲渡-
BIGLOBE
Servers
TONE
未成年契約
MNP開通-
譲渡---

mineoは18歳から契約できます。LinksMateは14歳から契約できます。楽天モバイルは何歳でも契約できますが、18歳未満なら店舗に保護者を同伴して契約する必要があります。

SNS使い放題の格安SIM まとめ

安さと速さのバランスがいいmineoが一押しです。テキストと画像を中心としたSNSなら、パケット放題に加入して最大500kbpsにしておくだけでも事足りるでしょう。安さにこだわるならLinksMateもありです。

mineo

SNS使い放題の格安SIM コラム

SNS使い放題の格安SIMで通話料金も節約

SNS使い放題の格安SIMは、必要以上に通信容量が多いプランを選んだり、オプションで通信容量を追加したりしなくてもいいので、結果的に基本料金やオプション料金を節約できます。

それだけではありません。SNSアプリによる音声通話やビデオ通話が使い放題なら、通信容量を気にして通常の音声通話やビデオ通話をする必要がなくなり、通話料金も節約できるのです。

例えばBIGLOBEモバイルのカウントフリー対象サービスにはMessengerの音声通話が含まれています。ただしビデオ通話は含まれていません。このあたりは格安SIMによって違いがあるので要注意です。

動画見放題の格安SIMや音楽聴き放題の格安SIMと比較すると、SNS使い放題の格安SIMは地味に映りますが、実際には基本料金や通話料金など広い範囲にわたって節約効果を発揮する、あなどれない存在なのです。

SNSのヘビーユーザーでなくても、SNSアプリによる音声通話やビデオ通話で通話料金を節約するために、SNS使い放題の格安SIMを選んでもいいくらいです。かけ放題オプションに毎月1000円前後を費やすよりも、よほど経済的です。

もちろんSNSアプリによる音声通話やビデオ通話で、通常の音声通話やビデオ通話を完全に置き換えられるわけではありませんが、少なくとも家族や友人とちょっとした連絡を取るくらいなら、SNSアプリで事足りるはずです。

SMS対応の格安SIMならSNSが使いやすい

SNS使い放題の格安SIMをデータ通信専用プランにすれば費用を浮かせられるので、ついそちらを選びたくなるところですが、予算に余裕があるならSMSオプションを追加し、SMS対応プランにすることも検討してみてください。

なぜSMS対応プランがいいのかというと、SNSを使っているとたびたびSMS認証を求められることがあるので、格安SIMでSMSを受信できるようにしておいた方が、何かと都合がいいのです。

例えばLINEに登録するときには、電話、SMS、Facebookアカウントのいずれかで認証する必要がありますし、Facebookに登録するときにも、電話、SMS、メールアドレスのいずれかで認証する必要があります。

あるいはTwitterアカウントのロックを解除するときにも、電話かSMSで認証しなければなりません。この場合は他に代替手段がないので、SNS使い放題の格安SIMがデータ通信専用プランだと、どうしようもなくなってしまいます。

SNS以外のサービスにも目を向けると、Googleの2段階認証プロセスを設定したり、iPhoneやiPadにApple IDの2ファクタ認証を設定したりするときにも、電話かSMSで確認コードを受け取ることになります。

SMSは家族や友人との連絡手段として用いられることこそ少なくなりましたが、SNSをはじめとしたさまざまなサービスで、電話番号による認証のために用いられることは、依然として多いのが現状です。

SNS使い放題の格安SIMとは別にSMSを受信できる環境があればいいのですが、そうでなければSNS使い放題の格安SIMをデータ通信専用プランにすることには不安が残ります。なるべくSMSオプションを追加しておきたいところです。

格安SIMのSNSカウントフリーにこだわる必要はない

SNSカウントフリーの格安SIMは数種類しかありません。SNSカウントフリーにこだわっていると、何か気に入らないことがあっても妥協せざるを得なくなります。例えば基本料金の高さとか、最低利用期間の長さとか、そういうことです。

SNS使い放題の格安SIMを紹介しておいてこんなことを言うのは何ですが、いろいろなことを犠牲にしてまでSNSカウントフリーにこだわる必要はありません。それならいっそSNSカウントフリーをあきらめることも考えるべきです。

というのも、LINEでメッセージをやりとりしたり、Twitterでタイムラインを見たり、Instagramでストーリーを見たりするくらいなら、SNSカウントフリーに頼らなくても、高速通信をオフにした状態でそれなりにこなせるからです。

試しにOCN モバイル ONEを最大200kbpsの低速通信に切り替えて、いくつかのSNSの使い心地を試してみたところ、写真や動画の読み込みに多少のもたつきはあったものの、ざっと流し読みする程度なら特に問題ありませんでした。

もちろんまったくストレスを感じることなく快適に使えるわけではありません。写真や動画を開くにはそれなりの通信速度が必要なので、高速通信をオンにしなければ十分に楽しめないこともあるでしょう。

しかしSNSを使うときはこまめに高速通信をオフに切り替えて、通信容量を節約するように心掛ければ、SNSカウントフリーの格安SIMでなくても通信容量をやりくりできる可能性はあります。

SNSで写真や動画を思う存分に楽しむなら、SNSカウントフリーの格安SIMが最適です。しかしSNSでテキストさえ読めればいいなら、SNSカウントフリーの格安SIMではオーバースペックなので、他の格安SIMも検討する余地があります。

迷ったらmineo

迷ったらmineoです。SNSに限らずあらゆるサービスが最大500kbpsで使い放題になるので、カウントフリーの対象サービスや対象機能などのややこしいことを考えずに済みます。料金の安さも申し分ありません。

mineo