格安SIM比較ウェブ

動画見放題の格安SIM

更新 著者 賀来泰史

動画見放題の格安SIMを比較しています。動画見放題の格安SIMとは、対象の動画配信サービスで通信容量が消費されないカウントフリー機能がある格安SIM、または動画と関係なく通信容量が無制限に使い放題である格安SIMのことです。

動画見放題の格安SIM おすすめ

BIGLOBEモバイルがおすすめです。エンタメフリー・オプションに加入すればYouTube、YouTube Kids、ABEMA、U-NEXTで動画を見ても通信容量が消費されなくなります。3GBプランはオプション込みで月額1628円(税込)です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

YouTube、ABEMA、U-NEXTなどで動画見放題の格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
3GB1320円
6GB1870円
12GB3740円
20GB5720円
30GB8195円
ドコモ回線 SMS+データプラン
3GB1122円
6GB1727円
12GB3102円
20GB5082円
30GB7557円
ドコモ回線 データプラン
3GB990円
6GB1595円
12GB2970円
20GB4950円
30GB7425円
au回線 音声+SMS+データプラン
3GB1320円
6GB1870円
12GB3740円
20GB5720円
30GB8195円
au回線 SMS+データプラン
3GB1122円
6GB1727円
12GB3102円
20GB5082円
30GB7557円
プラン名BIGLOBEモバイル タイプD 音声通話SIM 3ギガプラン
申し込みBIGLOBEモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金1320円(初月無料)
回線ドコモ
容量3GB
容量追加100MB:330円
速度高速
超過時最大200kbps
通話アプリ使用:9.9円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
60分パック:660円
90分パック:913円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用翌月から12カ月
解約金1100円
MNP転出-
プラン名BIGLOBEモバイル タイプD 音声通話SIM 6ギガプラン
申し込みBIGLOBEモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金1870円(初月無料)
回線ドコモ
容量6GB
容量追加100MB:330円
速度高速
超過時最大200kbps
通話アプリ使用:9.9円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
60分パック:660円
90分パック:913円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用翌月から12カ月
解約金1100円
MNP転出-

BIGLOBEモバイルは動画見放題の格安SIMです。エンタメフリー・オプションに加入するとYouTubeをはじめとした対象の動画配信サービスがカウントフリーになります。つまり通信容量が消費されなくなります。

音声通話SIMなら月額308円(税込)、データSIMなら月額1078円(税込)のオプション料金が必要です。6ギガプラン以下の基本料金とオプション料金の合計金額は音声通話SIMの方が安くなります。

動画配信サービスはYouTube、YouTube Kids、ABEMA、U-NEXTが対象で、音楽配信サービスや電子書籍配信サービスなども対象に含まれています。要するにエンターテインメント全般がカウントフリーになるわけです。

ただし動画の解像度は最大360pに制限されます。360pとは640×360ピクセルのことです。また同時に複数のアプリや端末で動画を見たり公式アプリ以外で動画を見たりすると、カウントフリーにならないこともあります。

おすすめのプランは音声通話SIMの3ギガプランです。エンタメフリー・オプション込みで月額1628円(税込)になります。これでYouTubeなどの動画が見放題になるなら安いものです。

BIGLOBEモバイル

楽天モバイル

容量無制限で動画見放題の格安SIM

楽天回線 音声+SMS+データプラン
1GB~0円~
プラン名楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
申し込み楽天モバイル
初期費用-
SIM発行-
基本料金~1GB:0円(1回線目)
~3GB:1078円
~20GB:2178円
~無制限:3278円
回線楽天
容量無制限(auエリアは5GB)
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話アプリ使用:0円
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:1100円
海外かけ放題:980円(不課税)
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(+110円)
年齢-
最低利用-
解約金-
MNP転出-

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIは楽天回線エリアなら通信容量が無制限に使い放題です。動画を見ようと何をしようと通信速度が制限されることはありません。これで最大でも月額3278円(税込)にしかならないとは驚きです。

パートナー回線であるau回線エリアでは通信容量が5GBまでになりますが、5GBを超過しても通信速度が最大1Mbpsまで出ます。よほど高画質の動画を見ない限りはこれでも大きな問題はありません。

つまり楽天モバイルは楽天回線エリアなら高速で動画見放題の格安SIM、au回線エリアなら中速で動画見放題の格安SIMということになります。通信容量やカウントフリーといったややこしいことを考えずに済むのがいいですね。

かつて楽天回線エリアの狭さが懸念材料でしたが、それも当初の予定を前倒しして広がり続けており、今や人口カバー率は90%を超えています。もはやau回線でしか利用できないという状況はなくなりつつあります。

なお長時間にわたり動画を見続けるなどして帯域を占有していると、通信速度の制御や通信の最適化が行われることがあります。通信速度が遅くなったり動画の画質が悪くなったりする可能性があるわけです。

楽天モバイル

povo

最大1Mbpsで動画見放題の格安SIM

au回線 音声+SMS+データプラン
20GB2728円
プラン名povo 標準プラン
初期費用-
SIM発行-
基本料金2728円
回線au
容量20GB
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額5分かけ放題:550円
かけ放題:1650円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano
支払いクレジットカード
プリペイドカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

povoは動画見放題の格安SIMです。20GBまではau並みの速さで、20GBを超過してからも最大1Mbpsという速さです。あるオプションの存在も動画見放題の格安SIMとしての価値を高めることに一役買っています。

通勤ラッシュや昼休みの時間帯になると一般的な格安SIMはまともに通信速度が出なくて動画を見るどころではありませんが、auのサブブランドであるpovoはそれなりに通信速度が出るのでよほどのことがない限り動画も見られます。

さすがに通信速度が最大1Mbpsに制限された状態で高画質の動画を見ようとするのは無謀というものですが、低画質の動画を見るくらいなら何とかなります。動画の設定が変更できるなら解像度を360pや480pに変更してみてください。

高画質の動画を見るときに役立つのがデータ使い放題24時間というオプションです。220円(税込)で24時間だけ通信容量が使い放題になります。動画を見放題にしつつ、それ以外のことに通信容量を回せるようになるわけです。

公式サイトには動画を見ているときに通信速度が制限される場合があるという記述がありますが、これはごく一部のヘビーユーザーのみが該当する限定的な状況を示しているものと思われるので、あまり気にしないことです。

ahamo

最大1Mbpsで動画見放題の格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
20GB2970円
プラン名ahamo
申し込みahamo
初期費用-
SIM発行-
基本料金2970円
回線ドコモ
容量20GB
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額5分かけ放題:0円
かけ放題:1100円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

ahamoは動画見放題の格安SIMです。20GBまではドコモ並みの速さで、20GBを超過してからも最大1Mbpsという速さです。つまり理論上は動画が見られるくらいの通信速度が常に出るということです。

回線がドコモと同等のキャリア品質なので、回線が混雑しがちな通勤ラッシュや昼休みの時間帯にも通信速度が低下しにくいです。空き時間に動画が見られないのではないかというような心配は無用です。

最大1MbpsというのはSD画質の動画が何とか見られるレベルです。YouTubeによると360pの動画に推奨される通信速度は0.7Mbps、480pの動画に推奨される通信速度は1.1Mbpsなので、解像度が480pまでなら許容範囲内だといえます。

利用規約を読む限りでは回線が混雑しているときに通信速度が制限されるという記述はありましたが、動画を見ているときに通信速度が制限されるという記述はありませんでした。よって動画を見ること自体は問題視されません。

なぜわざわざこんなことを言うのかというと、動画を見ると通信速度が制限される格安SIMがあるからです。例えばpovoやLINEMOがそうで、動画を見ると信速度が制限される場合があります。ahamoならその点は安心です。

ahamo

LINEMO

最大1Mbpsで動画見放題の格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
20GB2728円
プラン名LINEMO スマホプラン
申し込みLINEMO
初期費用-
SIM発行-
基本料金2728円
回線ソフトバンク
容量20GB
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額5分かけ放題:550円
かけ放題:1650円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替
年齢18歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

LINEMOのスマホプランは動画見放題の格安SIMです。20GBまではソフトバンク並みの速さで、20GBを超過してからも最大1Mbpsという速さです。なおミニプランはここでは取り上げません。

回線がソフトバンクと同等であることが最大の強みであり、一般的な格安SIMとの決定的な違いです。たとえ昼休みで回線が混雑していても動画が止まらずに再生されるくらいの速さが期待できます。

20GBまでは高画質の動画が見られて、20GBを超過してからは低画質の動画が見られるくらいに考えておいてください。さすがに高画質の動画が見放題というわけにはいきません。

公式サイトには動画を見ているときに通信速度が制限される場合があるという記述があります。具体的な内容は未定であるとして明らかにされていませんが、とりあえず何時間も動画を垂れ流しにするようなことは控えるべきです。

なおLINEMOにはLINEを利用しているときに通信容量が消費されないという特徴がありますが、トークで画面を共有したYouTubeの動画、タイムラインの動画、LINE LIVEの動画を見ると通信容量が消費されるので注意が必要です。

LINEMO

ワイモバイル

ワイモバイルのシンプルMとシンプルLは、通信容量を使い切った後の通信速度が最大1Mbpsと動画をストリーミング再生できるほどの速さなので、動画見放題の格安SIMといえます。

シンプルMは基本料金が月額3278円(税込)で通信容量が15GB、シンプルLは基本料金が月額4158円(税込)で通信容量が25GBというプランです。できれば余裕を持ってシンプルLを選びたいところです。

高速と低速を切り替えられるような機能はないので、動画を見るときだけ低速に切り替えて通信容量を温存しておくような使い方はできません。それさえできればもう少し評価が上がっただけに惜しまれます。

通信容量が足りなくなったときのために、通信容量を自動的に追加できるオートチャージオプションや、通信容量を毎月追加できるデータ増量オプションもありますが、それで動画を見るのは勧められません。

なおシンプルSは基本料金が月額2178円(税込)で通信容量が3GBですが、通信容量を使い切った後の通信速度が最大300kbpsなので、動画見放題の格安SIMとはいえません。

ワイモバイル

LinksMate

LinksMateは動画見放題の格安SIMです。カウントフリーオプションに加入すると、ゲーム、動画、音楽、SNS、アプリストアなどさまざまなサービスで通信量がほぼカウントされなくなります。

カウントフリーオプションの料金は1契約につき月額550円(税込)です。1枚ではなく1契約です。SIMカードを上限の5枚まで追加すれば、1枚当たり月額110円(税込)という安さで動画見放題の格安SIMになります。

対象の動画配信サービスはABEMA、ビデオマーケット、OPENREC.tv、FRESH LIVE、Mirrativ、niconico、U-NEXTです。ライブ動画配信サービスが中心です。残念ながらYouTubeは含まれていません。

ちなみにゲームなら『グランブルーファンタジー』『Shadowverse』など数十種類がカウントフリーです。他にはAWA、Twitter、Facebook、Instagram、Lobi、App Store、Google Playなどもカウントフリーです。

公式アプリや公式サイト以外から対象サービスを利用するとカウントフリーにならないことがあります。また通信量が多過ぎるとカウントフリーオプションやデータ通信そのものが一時的に停止されることがあります。

LinksMate

動画見放題の格安SIM 料金比較

音声プラン+動画見放題

プラン最安次点
1GB楽天Links
0円1287円
3GB楽天Links
1078円1452円
6GBLinksBIGLOBE
1892円2178円
12GBLinksBIGLOBE
2640円4048円
15GBワイモバ-
3278円-
20GB楽天povo
LINEMO
2178円2728円
25GBワイモバ-
4158円-
30GBLinksBIGLOBE
4455円8503円
無制限楽天-
3278円-

BIGLOBEモバイルとLinksMateは基本料金とオプション料金の合計金額で比較しています。BIGLOBEモバイルの3GBプランは圏外ですが、YouTube見放題の格安SIMにしては月額1628円(税込)と安上がりです。

SMSプラン+動画見放題

プラン最安次点
3GBLinksBIGLOBE
1232円2200円
6GBLinksBIGLOBE
1672円2805円
12GBLinksBIGLOBE
2420円4180円
20GBLinksBIGLOBE
3300円6160円
30GBLinksBIGLOBE
4235円8635円

SMS対応プランは小容量プランから大容量プランまでLinksMateが安いという結果になりました。BIGLOBEモバイルはSMS対応プランだとカウントフリーオプションの料金が高くなることがネックです。

データプラン+動画見放題

プラン最安次点
3GBLinksBIG D
1100円2068円
6GBLinksBIG D
1540円2673円
12GBLinksBIG D
2288円4048円
20GBLinksBIG D
3168円6028円
30GBLinksBIG D
4103円8503円

動画見放題の格安SIMのデータ通信専用プランはBIGLOBEモバイルのドコモ回線プランとLinksMateしか比較対象がなく、あまり比較になっていません。安いのはLinksMateです。

動画見放題の格安SIM 仕様比較

割引

BIGLOBE
楽天
povo
ahamo
初月無料---
固定回線割---
複数回線割---
ポイント還元-
LINEMO
ワイモバ
Links
初月無料---
固定回線割--
複数回線割--
ポイント還元---

BIGLOBEモバイルは初月の基本料金が無料です。しかも固定回線とのセット割引があるので、これが適用されれば基本料金がさらに安くなります。楽天モバイルとahamoにはポイントがたまる特典があります。

回線

BIGLOBE
楽天
povo
ahamo
ドコモ--
au--
ソフトバンク----
楽天---
LINEMO
ワイモバ
Links
ドコモ--
au---
ソフトバンク-
楽天---

BIGLOBEモバイルはドコモ回線とau回線が選択できます。au回線の方が通信速度が速い傾向があるといわれています。楽天モバイルは楽天回線、povoはau回線、ahamoはドコモ回線、LINEMOはソフトバンク回線です。

データ通信

BIGLOBE
楽天
povo
ahamo
速度切り替え---
バースト転送----
容量繰り越し---
容量シェア---
容量追加
LINEMO
ワイモバ
Links
速度切り替え--
バースト転送---
容量繰り越し-
容量シェア-
容量追加

BIGLOBEモバイルはオプションに加入すれば対象の動画配信サービスで通信容量が消費されなくなります。楽天モバイル、povo、ahamo、LINEMOは高速または中速で動画が見放題です。

音声

BIGLOBE
楽天
povo
ahamo
通話定額
転送電話-
迷惑電話拒否--
留守番電話--
割り込み通話--
LINEMO
ワイモバ
Links
通話定額
転送電話-
迷惑電話拒否--
留守番電話-
割り込み通話-

BIGLOBEモバイルは音声通話オプションが充実しており、3分かけ放題オプションや10分かけ放題オプションがあります。楽天モバイルは専用アプリから発信すれば国内通話がかけ放題になります。

支払い方法

BIGLOBE
楽天
povo
ahamo
クレカ
デビカ--
プリカ---
口座振替-
銀行コンビニ----
LINEMO
ワイモバ
Links
クレカ
デビカ--
プリカ---
口座振替-
銀行コンビニ--

BIGLOBEモバイルはデータ通信専用プランに限り口座振替で支払いができますが、データ通信専用プランだと動画が見放題になるオプションが割高になることを考慮すると、あまり得策ではありません。

サポート

BIGLOBE
楽天
povo
ahamo
店舗サポート---
訪問サポート---
遠隔サポート--
LINEMO
ワイモバ
Links
店舗サポート--
訪問サポート--
遠隔サポート--

BIGLOBEモバイルは訪問サポートと遠隔サポートに対応しています。楽天モバイルは遠隔サポートに対応しています。ahamoはオンライン専用ブランドながら店舗サポートに対応していますが、有料です。

手続き

BIGLOBE
楽天
povo
ahamo
未成年契約--
MNP手動
譲渡--
LINEMO
ワイモバ
Links
未成年契約
MNP手動
譲渡--

BIGLOBEモバイルはデータ通信専用プランなら6歳から契約できます。楽天モバイルは何歳でも契約できます。povoとahamoは20歳以上でなければ契約できませんが、LINEMOは18歳から契約できます。

動画見放題の格安SIM まとめ

YouTube見放題の格安SIMであるBIGLOBEモバイルが本命です。3GBプランで安く済ませられるのがいいところです。楽天モバイルは動画に限らずあらゆるコンテンツが好きなだけ楽しめますが、いかんせん費用が高くついてしまいます。

BIGLOBEモバイル

動画見放題の格安SIM コラム

動画カウントフリーの格安SIMの正しい使い方

動画がカウントフリーになるタイプの動画見放題の格安SIMには正しい使い方があります。それに従わなければ通常通りに通信容量が消費されてしまうので、注意しなければなりません。

まず動画を見るときには動画配信サービスの運営会社が配信している公式アプリを使うことです。非公式アプリやブラウザーを使うと動画配信サービスにアクセスしていると見なされず、カウントフリーにならない場合があります。

公式アプリだけがカウントフリーの対象だったり、公式アプリとブラウザーがカウントフリーの対象だったりと、格安SIMによって多少の違いがあるので、そこはよく確認しておいてください。

TwitterやFacebookなどのSNSに投稿された動画を見る機会も少なくはないと思いますが、そのような動画がカウントフリーの対象に含まれていることはまずありません。

それからたとえカウントフリーの対象になる方法を採るとしても、テザリングなどで複数の端末から動画を同時に見ると、2台目以降はカウントフリーの対象にならない場合があります。

格安SIMでテザリングして何人かで動画を見たいという需要がそれほど多いとは思えませんが、もし動画放題の格安SIMをそのように使うつもりなら、考え直した方がいいかもしれません。

もう一つ注意したいのがYouTubeなどへの動画のアップロードに関してです。動画見放題の格安SIMはあくまで動画を見るためのもので、YouTubeなどに動画をアップロードしてもカウントフリーにはなりません。

他にもいろいろ細かい条件はありますが、とりあえずこれくらいです。動画見放題の格安SIMの正しい使い方をしっかりと理解し、自分に合うかどうかを判断してみてください。

格安SIMで動画が360pになったときの実用性は

動画がカウントフリーになるタイプの動画見放題の格安SIMには、たいてい動画を見るときにその画質を最大360pくらいに制限する機能があります。果たしてこの360pという画質は実用に足るレベルなのでしょうか。

360pとは解像度が640×360ピクセルであることを意味します。これは分類としては中程度のSD画質です。ちなみに480pがDVD並みのSD画質、720pがHD画質、1080pがフルHD画質、2160pが4K画質です。

百聞は一見に如かずといいます。手元にスマートフォンがあれば、360pという画質がどんなものなのか、自分の目で確かめてみることを勧めます。YouTubeでは画質を自由に変更できるようになっています。

まずYouTubeアプリで適当な動画を開きます。そして右上のメニューから「画質」を選び、表示された選択肢の中から「360p」を選びます。いったん動画を閉じ、また開きます。これでその動画の画質が360pになります。

私も試しに格安SIMで動画を見てみました。いつもYouTubeの動画を見るときは自動設定で480pや720pになっているので、360pだと画質の粗さは否めませんでしたが、それでも視聴に耐え得るくらいのレベルにはあると感じました。

映画やドラマの動画を高画質で満喫したいなら、動画見放題の格安SIMには不満を覚えるかもしれません。しかし画質に強いこだわりがなければ、動画見放題の格安SIMでも十分に事足りるはずです。

なお360pというのはあくまで最大値であり、回線が混雑しているときにはそこからさらに画質が低下することがあります。画質が360pに固定されるわけではないので、勘違いしないようにしてください。

格安SIMならなるべくオフラインで動画を見る

動画見放題サービスのPrime Video、Netflix、Huluで、映画、ドラマ、アニメなどの動画を見るのは、たとえ動画見放題の格安SIMでもなかなか難しいものがあります。なるべくオフラインで動画を見るようにしてみてください。

というのも、Prime Video、Netflix、Huluがカウントフリーの格安SIMは、私が知る限り存在していないのです。だからといって通信容量が使い放題の格安SIMを選ぼうにも、通信速度の遅さに不安が残ります。

そのような状況で、例えば30GBや50GBといった大容量の格安SIMに乗り換えてでも無理やり動画を見ようとするくらいなら、ちょっと見方を変えて格安SIMに頼らないような方法を採ってみるのもいいと思うのです。

それではオフラインで動画を見るとはどういうことかというと、スマートフォンやタブレットにあらかじめダウンロードしておいた動画を見るということです。これなら通信速度や通信容量を気にすることなく動画鑑賞が楽しめます。

ちなみにPrime VideoならiPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレット、Fireタブレットにダウンロードでき、NetflixとHuluならiPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレットにダウンロードできます。

もちろん動画をダウンロードするときにはWi-Fiに接続するようにしてください。格安SIMでダウンロードすると通信容量を消費するので、結局はストリーミング再生するのと同じことになってしまいます。

オフラインで動画を見ることの欠点は、手間が掛かること、ダウンロードできる作品の数や種類に制限があること、端末のストレージを圧迫することなどが挙げられます。いいことばかりではありませんが、検討する価値はあります。

かつて存在したYouTube見放題の格安SIMとは

BIGLOBEモバイルなどの動画見放題の格安SIMが注目を集める中で、ひっそりと消えていったYouTube見放題の格安SIMがあります。DTI 見放題 SIMです。ここではそんなDTI 見放題 SIMについて振り返ってみましょう。

DTI 見放題 SIMは、DTI SIMのプランの一つとして提供されていた、YouTubeなどがカウントフリーの格安SIMです。BIGLOBEモバイルに続くYouTube見放題の格安SIMとしてにわかに注目を集めていました。

2017年5月26日にサービスが開始されるも、2018年6月27日でルーターセットの受け付けが終了、2019年7月31日でSIMカードの受け付けが終了、2020年8月31日でサービスが終了し、その歴史に幕を閉じることになりました。

基本料金は月額2673円(税込)、通信容量は7GBでした。データ通信専用プランしかなく、音声通話やSMSには対応していませんでした。率直に言ってあまり費用対効果がいいプランではありませんでした。

カウントフリー対象サービスは、当初はYouTube、Twitterのみで、2018年1月29日にradiko.jp、マイナビ、マイナビ学生の窓口が加わるも、2018年10月1日にradiko.jpが外れるという経緯をたどりました。

同じYouTube見放題の格安SIMであるBIGLOBEモバイルと比べても、金銭的には決して見劣りしませんが、いかんせんカウントフリー対象サービスが少なかったことから、動画見放題の格安SIMとしては支持が得られなかったのでしょう。

BIGLOBEモバイルに追随する動画見放題の格安SIMがなかなか出てこない中、鳴り物入りで登場してきたDTI 見放題 SIMには期待がかかっていました。それだけにうまくいかなかったことは残念です。

迷ったらBIGLOBEモバイル

迷ったらBIGLOBEモバイルです。YouTubeの動画見放題になるというのは大きいです。3GBプランがオプション込みで月額1628円(税込)という手頃さにも魅力を感じます。格安SIMでYouTubeの動画を見るならこれで決まりです。

BIGLOBEモバイル