格安SIM比較ウェブ

NUROモバイル、au回線プランでプレフィックス自動付与に対応

投稿 更新 著者 賀来泰史

ソニーネットワークコミュニケーションズは2022年6月9日、NUROモバイルのau回線プランでオートプレフィックス機能の提供を開始しました。これに伴い、au回線プランの通話料金を30秒11円(税込)に実質値下げしました。

NUROモバイル

オートプレフィックス機能とは標準電話アプリで発信したときに、発信先の電話番号にプレフィックス番号を自動的に付与する機能のことです。これによって接続先の事業者が変更され、割安な通話料金が適用されます。

これまではNUROモバイルでんわという専用アプリで発信するか、標準電話アプリで発信するときにプレフィックス番号を手入力しなければ、プレフィックス番号は付与できませんでした。

オートプレフィックス機能の提供開始により、au回線プランの通話料金は30秒11円(税込)に実質値下げされました。ただし一部の電話番号はオートプレフィックス機能の対象外で、通話料金が30秒22円(税込)になることがあります。

ちなみにNUROモバイルでは2021年10月4日からドコモ回線プランでオートプレフィックス機能の提供が開始され、2022年4月20日からソフトバンク回線プランでオートプレフィックス機能の提供が開始されていました。

今回こうしてau回線プランでオートプレフィックス機能の提供が開始されたことで、ついにすべてのプランでNUROモバイルでんわが不要になり、プレフィックス番号の手入力も不要になったわけです。

ドコモ回線プランには8カ月ほど後れを取りましたが、ようやくau回線プランもオートプレフィックス機能に対応しました。これでau回線プランの利用者だけが不便を強いられる状況が改善されます。

NUROモバイル