格安SIM比較ウェブ

格安SIMのマイナンバーカードの可否まとめ

2020年5月29日更新

マイナポイントや特別給付金を受け取るため、マイナンバーカードを作る人が増えているそうです。そこで2020年5月現在、格安SIMでマイナンバーカードが本人確認に使えるか、使うときどんなことに注意すればいいか、まとめました。

格安SIMのマイナンバーカードの可否

通話プラン

サービス名可否
@モバイルくん。不可
ASAHIネット LTE ANSIM不可
b-mobile S 990ジャスト
b-mobile START SIM
BIGLOBEモバイル
DIS mobile by JCI不可
Drive SIM不明
DTI SIM不可
Fiimo
G-Call SIM不明
hi-ho LTE typeD不可
hi-ho mobile不可
HISモバイル
IIJmio
J-mobile不可
J:COM MOBILE
LIBMO不可
LINEモバイル
LinksMate
mineo
NifMo
nuroモバイル
OCN モバイル ONE
ONLYSIM不可
QTモバイル
Tikimo SIM不可
TONE SIM (for iPhone)不可
UQ mobile
y.u mobile不可
イオンモバイル
エキサイトモバイル
エックスモバイル
ケーブルモバイル不可
スマモバ
ヤマダニューモバイル不可
やまとモバイル不可
リペアSIM
ロケットモバイル
ワイモバイル
楽天モバイル

データプラン

サービス名可否
@モバイルくん。不要
AIRSIMモバイル不要
ASAHIネット LTE ANSIM不要
b-mobile S 190PadSIM不要
BIGLOBEモバイル不要
DIS mobile by JCI不可
Drive SIM不要
DTI SIM不要
Fiimo不要
G-Call SIM不要
hi-ho LTE typeD不要
HISモバイル
IIJmio不要
J-mobile不要
J:COM MOBILE
LIBMO不要
LINEモバイル
LinksMate
mineo不要
NifMo不要
nuroモバイル不要
OCN モバイル ONE
ONLYSIM不要
QTモバイル不要
ServersMan SIM LTE不要
Tikimo SIM不要
TONE SIM (for iPhone)不可
UQ mobile
Wonderlink LTE不要
イオンモバイル
イプシム不要
インターリンクLTE SIM
エキサイトモバイル不要
エックスモバイル
ケーブルモバイル不可
ピクセラモバイル不明
ヤマダニューモバイル不要
やまとモバイル不可
リペアSIM
ロケットモバイル不要
ワイモバイル
ワイヤレスゲート SIM不要

当サイトで紹介している48種類の格安SIMについて、音声通話対応プランとデータ通信専用プランのそれぞれで、マイナンバーカードが本人確認書類として認められているかどうかを調べました。

音声通話対応プランの場合、23種類の格安SIMがマイナンバーカード可でした。データ通信専用プランの場合、12種類の格安SIMがマイナンバーカード可で、15種類の格安SIMが本人確認不要でした。

UQ mobile、ワイモバイル、楽天モバイルは、もちろんマイナンバーカード可です。そしてBIGLOBEモバイル、IIJmio、LINEモバイル、mineo、OCN モバイル ONEなどの大手の格安SIMも、おおむねマイナンバーカード可です。

マイナンバーカード不可の格安SIMはきっぱりとあきらめてもよさそうですが、ASAHIネット LTE ANSIM、DTI SIM、LIBMO、TONE SIM (for iPhone)、y.u mobileなどは、それなりに有用なので後ろ髪を引かれそうです。

なおスマモバは店舗のみマイナンバーカード可です。Drive SIMとG-Call SIMはマイナンバーカードの可否が不明です。一般的にデータ通信専用プランは本人確認が不要ですが、端末購入時などは本人確認が必要になります。

格安SIMでマイナンバーカードを使うときの注意点

およそ半数の格安SIMでマイナンバーカードが本人確認に使えることが分かりました。それでは実際に格安SIMでマイナンバーカードを本人確認に使うとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

まず理解しておきたいのは、マイナンバーカードと通知カードの違いです。通知カードはマイナンバーを知らせるもので、それ自体は本人確認書類として効力を発揮しません。間違って通知カードを提示しないようにしましょう。

それから格安SIMでマイナンバーカードを本人確認に使うときは、氏名、住所、生年月日、顔写真などが表示された表面だけを撮影してください。マイナンバーが表示された裏面を撮影すると、受け付けてもらえません。

なぜマイナンバーカードの裏面を撮影してはいけないのかというと、法律で定められた場合を除き、事業者がマイナンバーを収集したり保管したりすることは法律で禁止されているからです。

他には、マイナンバーカードが有効期限内であるか、マイナンバーカードの内容と格安SIMの申し込み内容が一致しているか、マイナンバーカードの画像のファイル形式やファイルサイズが指示通りかといったことも、確認してください。