格安SIM比較ウェブ

NifMo、最低利用期間と解約金を撤廃

2019年9月20日

ニフティは2019年9月13日、NifMoの音声通話対応SIMカードについて、最低利用期間と解約金を撤廃すると発表しました。10月1日から実施します。

NifMoの音声通話対応SIMカードには、利用開始月の翌月から6カ月間の最低利用期間と、8000円(税抜)の契約解除料と呼ばれる解約金があります。これらが10月1日から撤廃されることになります。

ちなみにNifMoのSMS対応SIMカードとデータ通信専用SIMカードには、以前から最低利用期間と解約金がなく、10月1日からも変更はありません。

最低利用期間と解約金の撤廃は、すべての利用者を対象としています。つまり10月1日以降に申し込みをした利用者を対象としているのはもちろん、9月30日以前に申し込みをした利用者も対象としているわけです。

もともとNifMoは格安SIMにしては最低利用期間が短くて解約金が安く、短期間契約しやすい方ではありましたが、このたび最低利用期間と解約金が撤廃されることで、さらに短期間契約しやすくなります。

改正電気通信事業法が施行される10月1日を前に、格安SIMの縛りが緩和される動きが相次いでいます。HISモバイルを皮切りに、LINEモバイル、楽天モバイル、ワイモバイル、UQ mobile、NifMo、IIJmioと続いています。

このところNifMoではサービスが改悪されてばかりで、このまま終わりへと向かっていくのかもしれないと思っていましたが、久しぶりに明るい話題が提供されました。果たして利用者をつなぎ留めることができるでしょうか。