格安SIM比較ウェブ

楽天モバイル、自社回線に移行

2019年3月14日

楽天は2019年3月14日、楽天モバイルの回線を、現在のドコモ回線とau回線から、自社回線に移行すると発表しました。10月から順次実施します。

3月14日午前10時以降に楽天モバイルの申し込みをした場合は、10月以降に送付される新しいSIMカードに交換するよう求められます。SIMカードを交換しなければ、MVNO回線をそのまま利用できます。

3月14日午前9時59分までに楽天モバイルの申し込みをした場合は、詳細が改めて案内されることになっています。

楽天モバイルを自社回線に移行しても、契約中のプランや最低利用期間は引き継がれます。ただし一部のオプションは引き継がれないことがあります。

一部のオプションとは、音声通話オプションを指すものと思われます。例えば留守番電話、キャッチホン、転送電話、迷惑電話ストップサービスなどです。これらの仕様は回線によって異なるため、引き継がれない可能性が高いです。

3月14日現在の対応端末は、AQUOS R2 compact SH-M09、AQUOS sense2 SH-M08、HUAWEI nova lite 3など、全部で10機種です。

楽天モバイルの利用者としては、SIMカードを交換して場合によっては対応端末に機種変更するか、あるいはSIMカードを交換せずにそのまま使い続けるか、選択を迫られることになります。

とりあえず様子見をするのが無難だと思いますが、自社回線が空いているうちは快適に使える可能性があるので、あえて誘いに乗ってみるのもありです。

楽天モバイル