格安SIMカードでテザリングはできるか

テザリングをすると大量のデータをやりとりすることになるので、通信速度や通信容量に制限のある格安SIMカードではテザリングができないのではないかという先入観を抱きがちですが、実際はどうなのでしょうか。

ドコモ端末ではできない

基本的にテザリングができるかどうかはSIMカードではなく端末に起因する問題なので、SIMカードがキャリアのものであろうとMVNOのものであろうと、端末がテザリングに対応してさえいればテザリングはできます。

ただし格安SIMカードでも何ら問題なくテザリングができるのかというと、そう単純な話でもありません。格安SIMカードをドコモ端末に入れると、テザリングができないことがあるのです。

iPhoneなど一部の機種を除くドコモ端末でテザリングをしようとすると、接続先が通常APNからテザリング専用APNに切り替わる仕様になっています。このテザリング専用APNにはspモードの利用者しか接続できません。

格安SIMカードではspモードを利用できないので、格安SIMカードをドコモ端末に入れてテザリングをしようとすると、通常APNからテザリング専用APNに切り替わった段階で、データ通信ができなくなってしまうわけです。

端末をroot化したりアプリを利用したりして、テザリング時のAPNを強制的に変更すれば、格安SIMカードをドコモ端末に入れてテザリングをすることも不可能ではありません。

しかしこのような方法で格安SIMカードが正常に動作する保証はなく、そればかりか端末をroot化するとメーカーの保証も受けられなくなるので、やめておいた方がいいでしょう。

テザリングができる組み合わせ

ドコモ系の格安SIMカードなら、SIMフリー端末。au系の格安SIMカードなら、SIMフリー端末かau端末。ソフトバンク系の格安SIMカードなら、SIMフリー端末かソフトバンク端末と組み合わせましょう。

SIMカードが何であってもSIMフリー端末ならテザリングができるので、APNうんぬんを気にする必要はありません。格安SIMカードでテザリングをするつもりなら、SIMフリー端末を選んでおくのが無難です。

申し込みや追加料金は不要

格安SIMカードでテザリングをするに当たって、テザリングオプションのようなものの申し込みをする必要はありません。格安SIMカードでは始めからテザリングができるようになっています。

テザリングオプションがないということは、テザリングオプションの追加料金も発生しないということです。格安SIMカードでテザリングができるようにするための費用は一切掛かりません。