格安SIMカードの審査

格安SIMカードの申し込みをすると審査を受けることになります。審査内容はMVNOの社内規定に関わることなので、問い合わせをしても詳しくは教えてもらえませんが、利用規約を読めばおおよその見当は付きます。

主な審査内容

  • 申し込み内容に偽り、誤り、漏れがないか
  • 年齢制限を下回っていないか
  • 日本国外に居住していないか
  • クレジットカードが無効でないか
  • クレジットカードが他人名義でないか
  • 支払いを怠る恐れがないか
  • 過去に支払いを怠ったことがないか
  • 過去に利用規約に違反したことがないか
  • サービス提供が技術的に困難でないか

いくつかの格安SIMカードの利用規約を元に、格安SIMカードの主な審査内容をまとめてみました。格安SIMカードの利用規約には、MVNOによって多少の違いはあるにせよ、だいたい同じようなことが書かれています。

やはりお金が絡むことなので、料金の支払いに関する内容が中心となっています。申し込み内容の正確性や妥当性を問う内容や、過去に問題を起こしたことがないかということを問う内容も目に付きます。

審査に落ちる可能性は低い

実際のところ、よほどのことがない限り格安SIMカードの審査に落ちる可能性は低いです。そもそも年齢や居住地などが条件を満たしていなければ話は別ですが、クレジットカードなどの審査と違って職業や年収が問われるわけではないので、決してハードルは高くありません。

キャリアやMVNOの間でブラックリストが共有されているという話も聞かないので、たとえ他のキャリアやMVNOの社内ブラックリストに載っていたとしても、MVNOの審査に影響を及ぼすことはないでしょう。

審査に通るためにすること

格安SIMカードの審査に通るためには、何はともあれきちんと申し込みをすることです。契約者情報は正しく入力し、本人確認書類はMVNOの指示通りに撮影し、クレジットカードは有効かつ本人名義のものを登録しましょう。

本人確認書類の画像を提出するときには不備が多くなりがちなので、とりわけ注意が必要です。本人確認書類として認められない書類の画像や、書類が部分的にしか写っていない画像、書類の文字が読み取れない画像などを提出することのないようにしてください。

クレジットカードがなければ

格安SIMカードはクレジットカードでしか契約できないものが多いので、クレジットカードがなければそれを取得することを第一に考えるべきです。そうすればあらゆる格安SIMカードの中から好きなものを選べるようになります。

何らかの事情でクレジットカードを取得できなければ、クレジットカード不要の格安SIMカードを契約することを検討してみてください。格安SIMカードの中にはデビットカードや口座振替で契約できるものもあります。

クレジットカード不要の格安SIMカードを比較