格安SIMカードでおサイフケータイは利用できるか

2017年1月31日更新

電子マネーやポイントカードなどのさまざまなサービスを1台のスマートフォンに集約できるおサイフケータイは、もはや日常生活に欠かせないものとなりつつあります。そんなおサイフケータイは格安SIMカードに乗り換えても利用できるのでしょうか。

FeliCa対応スマホが必要

まず前提として知っておきたいのは、おサイフケータイが利用できるかどうかはSIMカードではなく端末に依存する問題だということです。おサイフケータイに対応したスマートフォンさえあれば、基本的にはSIMカードがキャリアのものかMVNOのものかにかかわらず、おサイフケータイは利用できます。

おサイフケータイに対応したスマートフォンとは、つまりFeliCaに対応したスマートフォンのことです。FeliCaとはソニーが開発した非接触ICカードの通信方式で、おサイフケータイにはこのFeliCaが用いられています。

格安SIMカードでおサイフケータイを利用するなら、基本的にはキャリアのスマートフォンを用意しておけば間違いありません。なぜなら、キャリアのスマートフォンはiPhoneなど一部を除けばおおむねFeliCaに対応していますが、SIMフリースマホはそうではないからです。

というのも、SIMフリースマホは日本のみならず世界各国で販売されるグローバルモデルのものが多いので、日本以外での普及が進んでいないFeliCaには対応していないものが多いのです。

しかし、最近はFeliCaに対応したSIMフリースマホも増え、状況が変わりつつあります。例えば、Xperia J1 CompactはFeliCaに対応しており、楽天EdyやモバイルSuicaなど、おサイフケータイの主要なサービスが利用できます。

一部サービスが利用できないスマホも

たとえスマートフォンがFeliCaに対応していても、おサイフケータイのすべてのサービスが利用できるとは限りません。例えば、Xperia J1 Compactは発売された時点では楽天EdyとWAONしか利用できず、徐々に利用できるサービスが増えていったという経緯があります。

キャリアのスマートフォンでも、ビジネス向けスマートフォン、シニア向けスマートフォン、ジュニア向けスマートフォンなどの機能が絞り込まれた機種ではおサイフケータイのすべてのサービスが利用できないことがあります。

スマートフォンを購入するときには、それがFeliCaに対応しているかどうかということだけでなく、おサイフケータイのどのサービスが利用できるのかということまで知っておく必要があります。キャリアやメーカーの公式サイトで事前に確認しておきましょう。

格安SIMカードとモバイルSuica

おサイフケータイのサービスの一つであるモバイルSuicaは、端末にSIMカードが入っていなければアプリが起動しないようになっていますが、そのSIMカードはどんなものでも構わないといわれています。

SIMカードがキャリアのものでもMVNOのものでも、解約済みのものでもいいといわれており、それどころかダミーのSIMカードでモバイルSuicaのアプリが起動したという眉唾ものの話もあるくらいです。

私はモバイルSuicaを解約済みSIMカードで利用していますが、特に問題はありません。EMOBILEのARROWS S EM01Fというスマートフォンに解約済みのEMOBILEのSIMカードを入れ、おサイフケータイ専用端末にしています。

この機種にはEMOBILEのSIMロックが掛かっており、解約済みのソフトバンクのSIMカードではモバイルSuicaのアプリは起動しませんでした。異なるキャリアの組み合わせではSIMカードの認証を突破できないようです。

そういうわけで、SIMロックに注意すれば格安SIMカードでもモバイルSuicaのアプリを起動することに支障はありません。あとは端末がモバイルSuicaに対応しているかどうかが焦点になります。

格安SIMカードとiD

iDのアプリで設定を行うにはspモードかWi-Fiへの接続が必要で、インターネット決済を行うにはspモードへの接続が必要になる場合があります。また、iDのアプリはドコモ端末かSIMフリー端末でしか利用できません。

ここで大きな問題となるのがspモードです。spモードはドコモのサービスなので、格安SIMカードでは加入できません。つまり、格安SIMカードではspモードなしでiDを利用しなければならないということです。

Wi-Fiに接続しなければ設定ができないことや、インターネット決済ができないことを許容できるならいいのですが、いっそiDをあきらめてQUICPayなどの類似サービスを利用することも検討した方がいいでしょう。

おサイフケータイのデータ移行方法

スマートフォンの機種変更をするときにはおサイフケータイのデータを旧機種から新機種に移行する必要があります。このおサイフケータイのデータ移行方法は格安SIMカードであろうとなかろうと同じです。

おサイフケータイのデータ移行方法には三つのパターンがあります。旧機種でデータを預けて新機種でデータを受け取るパターン、旧機種でデータを削除して新機種でデータを新たに作成するパターン、そして旧機種で何もせずに新機種でデータを新たに作成するパターンです。

楽天Edy、モバイルSuica、nanaco、WAON、iD、QUICPayなどの電子マネーサービスは最初のパターンなので、格安SIMカードに乗り換える前に必ずおサイフケータイのデータ移行の手続きを行うようにしてください。