格安SIM比較ウェブ

BIGLOBEモバイルの詳細

2018年12月14日更新

BIGLOBEモバイルは、ビッグローブ株式会社の格安SIMです。動画や音楽の通信量がカウントされなくなる、エンタメフリー・オプションが最大の特徴です。ドコモとauのマルチキャリアに対応しています。

プラン

タイプDはドコモ回線、タイプAはau回線です。タイプDのSIMカードの種類は、音声通話SIM、SMS機能付きデータSIM、データSIMの三つで、タイプAのSIMカードの種類は、音声通話SIMとSMS機能付きデータSIMの二つです。

それぞれに3GB、6GB、12GB、20GB、30GBのプランがあり、音声通話SIMには、これらに加えて1GBの音声通話スタートプランもあります。通信容量を使い切ると、通信速度が下り最大200kbpsに制限されます。

一押しは6ギガプランです。基本料金が月額1450円(税別)からという安さでありながら、通信容量がたっぷり6GBもあり、なおかつWi-Fiスポットが1ライセンスまで無料で使える特典付きで、費用対効果の高さは抜群です。

BIGLOBEモバイル

仕様

割引

BIGLOBEモバイルの基本料金は初月無料です。SIMカードが配送されたことをビッグローブが確認した月が、初月ということになります。初月のうちに解約してしまうと無料にはならず、満額が請求されます。

BIGLOBEモバイルとビッグローブのインターネット接続サービスを併用することで、これらのプランに含まれる月額200円(税別)の「ベーシック」コースが共有されるので、結果的にBIGLOBEモバイルの基本料金が安くなります。

さらにタイプDの6ギガプラン以上は光☆SIMセット割の対象で、ビッグローブ光と併用すると300円(税別)引きになり、BIGLOBE光パックNeo with フレッツなどと併用すると100円(税別)引きになります。

タイプDの全プランは光☆SIMでんきトリプル割の対象でもあります。ビッグローブ光、中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEと併用すると、400円(税別)引きになります。光☆SIMセット割と同時には適用されません。

ポイント

BIGLOBEモバイルには、毎月の税抜き支払い額に応じたGポイントがもらえる特典があります。ポイント還元率は、利用期間が2年未満なら0.5%、10年未満なら0.7%、15年未満なら0.9%、15年以上なら1%になります。

支払い方法

BIGLOBEモバイルの支払い方法は、基本的にはクレジットカードのみです。ただしSMS機能付きデータSIMまたはデータSIMのSIMカードのみであれば、クレジットカードだけでなく口座振替も選択できます。

口座振替で支払いをするには、申し込みページで口座振替を選択して申し込みを済ませ、インターネットか郵送で支払い方法を登録する必要があります。インターネットなら最短で翌日には登録が完了します。

口座振替はクレジットカードがなくても支払いができるので便利ですが、その代わりBIGLOBEモバイルでは、1回の引き落としにつき200円(税別)の手数料が徴収されることになっています。

音声通話SIMは口座振替では支払いができません。ただしすでにビッグローブの他のサービスを利用しており、口座振替で支払いをしているなら、まとめて口座振替で支払いができます。

容量繰り越し

通信容量を当月中に使い切れなかったときは、それぞれのプランの1カ月分を上限として、翌月に繰り越されます。例えば3ギガプランなら最大3GBまで、6ギガプランなら最大6GBまで繰り越されるということです。

容量追加

BIGLOBEモバイルにはボリュームチャージというオプションがあり、通信容量を使い切っても、100MBにつき300円(税別)で追加できます。追加した通信容量に有効期限はなく、半永久的に繰り越されます。

カウントフリー

エンタメフリー・オプションを追加すると、動画や音楽の通信量がカウントされなくなります。YouTube、AbemaTV、Apple Music、Google Play Music、Spotify、AWA、Amazon Music、radiko.jp、U-NEXTなどが対象です。

音声通話SIMなら月額480円(税別)、データSIMなら月額980円(税別)の追加料金が掛かります。3ギガプラン以上であれば申し込みができ、SIMカード1枚ごとに申し込みをする必要があります。

公式アプリ、Safari、Google Chrome以外から動画や音楽を再生したり、動作確認が取れていない環境で動画や音楽を再生したりすると、カウントフリーにならない場合があります。

YouTubeなどの動画の解像度は最大360pに制限されるので、高画質の動画を大画面で視聴するような用途には適していません。ちょっとした動画を気軽に楽しむためのサービスとして考えておいてください。

Wi-Fiスポット

BIGLOBEモバイルの利用者は、BIGLOBE Wi-FiというWi-Fiスポットを利用できます。音声通話スタートプランと3ギガプランでは月額250円(税別)が掛かりますが、6ギガプラン以上では1ライセンスのみ無料になります。

BIGLOBE Wi-Fiは全国の空港、JR主要駅、ファストフード店、コーヒーショップ、バス車内、ホテル、商業施設など、さまざまな場所に設置されており、そのアクセスポイントの数は業界最大級です。

BIGLOBE Wi-Fiに接続するには、端末のMACアドレスを登録するとともに、アクセスポイントのSSIDを設定する必要があります。Android端末ならオートコネクトというアプリを使うと簡単です。

通話

BIGLOBEでんわというアプリで、通話料金が30秒9円(税別)になります。3分かけ放題は月額600円(税別)、10分かけ放題は月額830円(税別)、通話パック60は月額600円(税別)、通話パック90は月額830円(税別)です。

国際ローミング、国際電話、転送でんわサービス、迷惑電話ストップサービスは月額無料で、キャッチホンに相当する割込通話は月額200円(税別)、留守番電話は月額300円(税別)です。

SIM追加

3ギガプラン以上では最大4枚のシェアSIMを追加できます。ただしタイプAではシェアSIMカード(データ)は追加できず、両タイプともに音声通話SIM以外ではシェアSIMカード(音声)は追加できません。

1枚当たりの手数料は3394円(税別)です。シェアSIMカード(音声)は月額900円(税別)、シェアSIMカード(SMS)は月額320円(税別)、そしてシェアSIMカード(データ)は月額200円(税別)で、いずれも初月無料です。

年齢

音声通話SIMは20歳以上でなければ契約できません。データSIMは未成年でも契約できますが、そのためには資料請求をし、郵送で申し込みをする必要があります。もちろん保護者の同意を得ていることが前提です。

縛り

音声通話SIMの最低利用期間は利用開始翌月から12カ月間で、解約金は8000円(税別)です。MNP転出手数料は3000円(税別)ですが、3カ月以内にMNP転出をすると6000円(税別)に増額されます。

メールアドレス

BIGLOBEモバイルにはメールアドレスが一つ付与されます。ドメインは「@任意の文字列.biglobe.ne.jp」です。このメールアドレスをIMAP IDLEに対応したメールアプリに設定すれば、プッシュ通知もできます。

セキュリティー

セキュリティーオプションもあります。セキュリティセット・プレミアムは月額380円(税別)、i-フィルター for Androidは月額200円(税別)、迷惑メールフォルダオプションは月額150円(税別)です。

保証

端末購入時に限り、BIGLOBE端末あんしんサービスというオプションを追加できます。破損や故障をした端末を、新しい端末に交換してもらえるというサービスです。基本料金、端末代金、保証期間は端末によって異なります。

BIGLOBEモバイル端末保証サービスというオプションもあります。月額500円(税別)と少額の自己負担金で、年2回まで端末の修理や交換をしてもらえるサービスです。対象端末なら、どこで購入したものでも保証が受けられます。

サポート

サポートも充実しています。月額475円(税別)で電話でのサポートが受けられるBIGLOBEお助けサポートや、1回につき1万2000円(税別)で訪問でのサポートが受けられるBIGLOBE訪問サポートというサービスがあります。

契約内容変更

通信容量の変更は無料で、タイプ、音声通話機能、SMS機能、SIMカードサイズの変更は3394円(税別)です。音声通話SIMからデータSIMへの変更はできませんが、データSIMから音声通話SIMへの変更ならできます。

SIMカードを交換する場合、新しいSIMカードが届くまでには2~7日ほどかかります。しかしデータSIMなら手元のSIMカードも月末まで使えるので、不通期間が生じることはありません。

申し込み方法

申し込みページでSIMカードサイズ、プラン、オプションなどを選択し、申し込み者情報を入力します。音声通話SIMなら本人確認書類をアップロードし、MNP転入ならMNP予約番号を入力します。

本人確認には1日、SIMカード配送には2~3日ほどかかります。口座振替を希望した場合には、別途インターネットか郵送で手続きをする必要があります。基本的にはインターネットで手続きをすることを勧めます。

MNP転入の回線切り替えは、SIMカードが届いてからおよそ2日で完了します。電話で手続きをすれば2時間ほどで完了するので、MNP転入をするときにありがちな不通期間がほとんどなくなります。

SIMカードを届いたら端末に入れ、APNを設定します。難しそうに思えるかもしれませんが、ものの数分で終わる作業です。公式サイトでAPN設定方法をまとめた動画も見られるので、つまずくことはないはずです。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのここがいい

維持費が安い

BIGLOBEモバイルはそれなりに基本料金が安く、そのままでもある程度維持費を抑えられますが、セット割引、エンタメフリー・オプション、シェアSIMなどを駆使することで、さらに維持費を抑えやすくなります。

とりわけ費用対効果が高いのは、音声通話SIMの6ギガプランと12ギガプランです。固定回線とセットで基本料金が最大500円(税別)引きになり、エンタメフリー・オプションも月額480円(税別)になります。

クレジットカードが不要

データSIMは口座振替で支払いができるので、クレジットカードどころか、プリペイドカードやデビットカードすら必要ありません。銀行口座さえあればいいのです。これはとても大きなメリットです。

手続き完了までに時間がかかることや、引き落としのたびに200円(税別)の手数料が掛かることは、デメリットといえばデメリットです。しかしクレジットカードが不要というメリットを帳消しにするほどではありません。

容量を節約しやすい

BIGLOBEモバイルなら、さまざまな方法で通信容量を節約できます。エンタメフリー・オプションによるカウントフリーや、通信容量の繰り越し、Wi-Fiスポットへの接続など、一通りのことができるようになっています。

とりわけ注目したいのはエンタメフリー・オプションです。このオプションを追加できるのは3ギガプラン以上に限られますが、YouTubeが見放題というのは、すごいとしか言いようがありません。

通話料金を抑えやすい

BIGLOBEでんわをはじめ、3分かけ放題、10分かけ放題、通話パック60、通話パック90と、音声通話に関するオプションが充実しているのも、BIGLOBEモバイルの特徴の一つです。

通話回数が多いなら3分かけ放題や10分かけ放題、通話時間が長いなら通話パック60や通話パック90が適しています。スマートフォンの使い方に応じて、自分に合うオプションを選んでみてください。

未成年でも契約できる

いろいろと制約があるにせよ、未成年でも契約できる道が残されているのはありがたいことです。できれば郵送だけでなく、インターネットでも申し込みができるようにしてもらいたいものですが、なかなか難しいのでしょう。

サポートが充実

BIGLOBEスマホ遠隔サポート、BIGLOBEお助けサポート、BIGLOBE訪問サポートなどで、初期設定などの分からないことをすべて丸投げすれば、もちろん多少のお金は掛かりますが、まったくの初心者でも何とかなります。

BIGLOBEモバイル