格安SIM比較ウェブ

IIJmioの詳細

2018年10月22日更新

IIJmioは、株式会社インターネットイニシアティブの格安SIMです。大手MVNOならではの通信品質の良さが評判を呼んでいます。ビックカメラの格安SIMであるBIC SIMは、このIIJmioのサブブランドに当たります。

プラン

音声通話機能付きSIM、SMS機能付きSIM、データ通信専用SIMに、それぞれ三つのプランがあります。3GBが使えるミニマムスタートプラン、6GBが使えるライトスタートプラン、12GBが使えるファミリーシェアプランです。

オプションで20GB、30GB、50GBを追加することで、ミニマムスタートプランは23GB、33GB、53GB、ライトスタートプランは26GB、36GB、56GB、ファミリーシェアプランは32GB、42GB、62GBのプランとしても使えます。

IIJmio

仕様

割引

IIJmioと固定回線のIIJmioひかりを併用すると、mio割という割引が適用されます。これは前者の1契約に対し、後者の1契約の基本料金が600円(税別)引きになるというものです。

ファミリー通話割引という割引もあります。これは同一名義の音声通話機能付きSIM同士で音声通話をすると、通話料金が通常よりも20%安い、30秒16円(税別)になるというものです。

支払い方法

IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみです。デビットカードやプリペイドカードなど、クレジットカード以外の支払い方法には対応していません。本人名義のクレジットカードが必須です。

以前はクレジットカードだけでなくデビットカードも使えましたが、料金の不払いが相次いだことなどから審査基準が見直され、2015年12月24日をもってデビットカードは使えなくなってしまいました。

速度切り替え

IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)のアプリか、IIJmioのサイトから、高速通信と低速通信をいつでも自由に切り替えられるようになっています。通信容量を節約するのに役立つ機能です。

バースト転送

IIJmioにはバースト転送機能があり、低速時でも一定量のデータを送受信する間だけ、高速通信ができるようになっています。少量のデータなら、このバースト転送だけで送受信が完了することもあります。

3日制限

通信容量を使い切るか高速通信をオフにした状態で、3日間の通信量が366MBを超えると、そのSIMカードの通信速度がさらに制限されることがあります。どのくらいまで通信速度が低下するのかは不明です。

容量繰り越し

IIJmioの各プランで毎月付与される通信容量は、翌月末日まで有効です。つまり余った分を翌月に繰り越せるということです。なおSIMカードに自動的に割り当てられる10MBには、有効期限はありません。

容量追加

月額3100円(税別)で20GBが増えるデータオプション 20GBと、月額5000円(税別)で30GBが増えるデータオプション 30GBを、それぞれ一つずつ追加できます。つまり20GB、30GB、50GBを追加できるということです。

これらのデータオプションを追加すると、三つのプランにそれぞれ四つずつバリエーションが生まれるので、実質的にプランが12個あるのと同じことです。選択肢の多さは相当なものです。

必要な分だけ通信容量を追加できる、都度課金のオプションもあります。これは追加クーポンと呼ばれ、100MB当たり200円(税別)のクーポンを1枚として、1カ月に30枚まで購入できます。3カ月後の末日まで有効です。

コンビニエンスストアで購入できるIIJmioクーポンカードは500MBと2GBの2種類で、IIJmioクーポンカード/デジタルは500MB、2GB、5GB、10GBの4種類です。いずれも購入した月の3カ月後の末日まで有効です。

Wi-Fiスポット

IIJmio WiFi by エコネクトというオプションが用意されています。月額362円(税別)の追加料金を支払うことで、全国数万カ所に設置されたWi-Fiスポットに接続できるようになります。

通話

通話料金は30秒20円(税別)ですが、みおふぉんダイアルアプリから電話をかけると、半額の30秒10円(税別)になります。このアプリを使うのに初期費用や基本料金は掛からず、申し込み手続きも不要です。

誰とでも3分 家族と10分のオプションは、月額600円(税別)で3分以内の国内通話がかけ放題になり、同一mioID間なら10分以内の国内通話がかけ放題になります。3分ないし10分を超えると30秒10円(税別)が掛かります。

誰とでも10分 家族と30分のオプションは、月額830円(税別)で10分以内の国内通話がかけ放題になり、同一mioID間なら30分以内の国内通話がかけ放題になります。10分ないし30分を超えると30秒8円(税別)が掛かります。

転送電話、国際ローミング、国際電話、迷惑電話ストップサービス、遠隔操作に標準対応しており、留守番電話は月額300円(税別)、割り込み電話着信は月額200円(税別)の有料オプションです。

SIM追加

ミニマムスタートプランとライトスタートプランでは利用開始後に合計2枚、ファミリーシェアプランでは利用開始時に合計3枚、利用開始後に合計10枚まで、SIMカードを追加できます。音声通話機能付きSIMは合計5枚までです。

追加手数料は2000円(税別)で、利用開始時なら無料になります。SIMカード発行手数料はプランDなら394円(税別)、プランAなら406円(税別)です。こちらは無料にはなりません。

追加SIM利用料は月額400円(税別)で、ファミリーシェアプランなら3枚目まで無料になります。音声通話機能を付けると月額700円(税別)、SMS機能を付けると月額140円(税別)が加算されます。

年齢

IIJmioは未成年でも契約できる格安SIMです。音声通話機能付きSIMは18歳以上で保護者の同意があれば契約でき、データ通信専用SIMは年齢にかかわらず契約できます。

縛り

音声通話機能付きSIMには音声通話機能解除調停金が設定されており、12カ月以内に解約すると、1000円(税別)×残り月数が請求されます。ただしSMS機能付きSIMかデータ通信専用SIMへの変更は対象外です。

データ通信専用SIMとデータオプションには、利用開始翌月末日までという最低利用期間があります。つまり少なくとも2カ月分の基本料金は、必ず支払わなくてはならないということです。ちなみに初月の基本料金は日割りです。

セキュリティー

ウイルスバスター モバイル 月額版、マカフィー モバイル セキュリティ、i-フィルター for マルチデバイス、トビラフォン for Androidなど、さまざまなセキュリティーオプションを必要に応じて追加できます。

保証

月額380円(税別)の端末補償オプションを追加すると、故障、破損、水濡れの端末を年2回まで新しいものと交換してもらえます。自己負担金は1回目が5000円(税別)、2回目が8000円(税別)です。

月額500円(税別)のつながる端末保証を追加し、端末のIMEI情報を登録しておくと、どこで購入した端末でも年2回まで保証が受けられます。修理は無料で、交換は1回目が4000円(税別)、2回目が8000円(税別)です。

サポート

スマホの操作サポートという月額500円(税別)のオプションを追加すると、オペレーターとスマートフォンの画面を共有しながら、遠隔操作によるサポートが受けられます。OSや機種によっては電話でのサポートになります。

サブブランド

BIC SIMはIIJmioのサブブランドに当たり、Wi-FiスポットのWi2 300を無料で使えるという特典があります。ビックカメラの一部店舗に設置されたBIC SIMカウンターで、即日開通ができます。

契約内容変更

キャリア、音声通話機能、SMS機能、SIMカードサイズの変更には、プランDなら2394円(税別)、プランAなら2406円(税別)が掛かります。通信容量の変更は無料です。音声通話機能付きSIMではキャリア変更はできません。

申し込み方法

まずはサイトから申し込みをします。音声通話機能付きSIMなら本人確認書類の画像をアップロードし、本人確認手続きをします。7~10日ほどでSIMカードが届くので、手元の端末に差し込んでAPNを設定します。

おうちでナンバーポータビリティというMNP即日開通サービスも提供されており、SIMカードが届いてから開通センターまで電話をかけて手続きをすれば、わずか数時間で電話番号の移行が完了します。

IIJmio