格安SIM比較ウェブ

LINEMO、715円の「持込端末保証」を開始

投稿 著者 賀来泰史

ソフトバンクは2022年7月14日、LINEMOでAndroidスマートフォンなどを対象とした月額715円(税込)の端末保証オプション「持込端末保証」の提供を開始しました。ワイモバイルでも同様に提供を開始しました。

LINEMO

持込端末保証とはLINEMOの申し込みをする時点ですでに所有している端末を対象とした端末保証オプションです。利用開始日または契約日の10日後のいずれか早い方を1日目として14日目までに加入する必要があります。

持込端末保証に加入し、専用ページでIMEIという端末の識別番号を登録しておくと、その端末で故障や破損などが発生したときに、最小限の負担で修理や交換などを依頼できるようになります。

対象端末はAndroidスマートフォン、Androidタブレット、iPadです。iPhoneの保証が必要なら持込端末保証 with Apple Care Servicesに加入するようにしてください。

料金は月額715円(税込)です。配送交換・配送修理サービスの負担金は6600円(税込)、ただし保証の上限は5万円(税込)です。紛失ケータイ捜索サービスとデータ復旧支援サービスは無料です。

修理の際に希望者には代替機を無料で貸し出されます。代替機を返却しなかったり紛失したり破損したりした場合は、違約金として4万円(不課税)か6万円(不課税)が請求されます。

持込端末保証 with AppleCare Servicesとの併用はできませんが、持込端末保証 with AppleCare Servicesから持込端末保証への変更ならできます。ワイモバイルの故障安心パックライトについても同様です。

他社の持ち込み端末保証オプションの相場は月額500円くらいなので、月額715円(税込)というのはやや高いかなと思いますが、紛失ケータイ捜索サービスとデータ復旧支援サービスという付加価値があることを考えたら許容範囲内です。

LINEMO