格安SIM比較ウェブ

エキサイトモバイル、解約金を廃止

投稿 著者 賀来泰史

エキサイトは2022年6月3日、エキサイトモバイルで7月1日から最低利用期間と解約事務手数料を廃止すると発表しました。6月30日以前の申し込み分についても、7月1日以降の解約などに対して解約事務手数料を請求することはしません。

エキサイトモバイル

音声通話機能付きSIMのFitプラン、Flatプラン、最適料金プラン、定額プランには、現在のところ利用開始月の翌月から12カ月間の最低利用期間があり、途中で解約すると1万450円(税込)の解約事務手数料が発生します。

この最低利用期間と解約事務手数料が見直され、7月1日以降に解約した場合は解約事務手数料が発生しなくなります。7月1日以降の申し込み分が対象になるのはもちろん、6月30日以前の申し込み分も対象になります。

サービスを解約するときだけでなく、SIMカードを削除するとき、SIMカードの音声通話機能やSMS機能の有無を変更するとき、MNP転出をするときにも、これまでなら発生していた解約事務手数料が発生しなくなります。

2月22日に改正された電気通信事業法のガイドラインでは、電気通信事業者が解約金を徴収することがこれまで以上に厳しく規制されています。これに伴い、解約金を設定していたMVNOが相次いで解約金の廃止に踏み切っています。

6月1日にはDTI SIMの解約金が廃止されており、7月1日にはエキサイトモバイルとピカラモバイルの解約金が廃止される予定です。これから7月に向けてさらに追随するところが出てくるかもしれません。

エキサイトモバイル