格安SIM比較ウェブ

NUROモバイル、ソフトバンク回線プランの通話料金を30秒11円に値下げ

投稿 更新 著者 賀来泰史

ソニーネットワークコミュニケーションズは2022年4月20日、NUROモバイルのソフトバンク回線プランでオートプレフィックス機能の提供を開始しました。これにより専用アプリなしで通話料金が30秒11円(税込)になります。

NUROモバイル

オートプレフィックス機能とは音声通話を発信したときにプレフィックス番号を自動的に付与する機能です。ドコモ回線プランではすでに提供が開始されていましたが、このたびソフトバンク回線プランでも提供が開始されました。

これまではプレフィックス番号を付与するために、NUROモバイルでんわという専用アプリで発信するか、プレフィックス番号を手入力する必要がありました。それが標準電話アプリで発信するだけでよくなりました。

プレフィックス番号を付与すると、本来なら30秒22円(税込)の通話料金が30秒11円(税込)に割引されます。つまりオートプレフィックス機能の提供開始により、標準電話アプリの通話料金が実質的に値下げされたことになります。

ただし一部の電話番号はオートプレフィックス機能の対象外であり、そのような電話番号に発信しても通話料金が割引されることはありません。

4月19日までに申し込みをした場合は一部を除いて4月26日にオートプレフィックス機能が有効になります。4月20日以降に申し込みをする場合は即時にオートプレフィックス機能が有効になります。

ドコモ回線プランから半年ほど遅れましたが、ようやくソフトバンク回線プランでもオートプレフィックス機能の提供が開始されました。残るはau回線プランのみです。今度は時間がかからないことを願いましょう。

NUROモバイル