格安SIM比較ウェブ

ドコモ通信障害対策に無料サブ回線を

投稿 著者 賀来泰史

2021年10月14日に発生したドコモの通信障害は、全国の多数の利用者に影響を及ぼす大規模なものになりました。このようなドコモの通信障害の対策として、基本料金が無料のサブ回線を契約しておくことを推奨します。

2021年10月のドコモ通信障害について

NTTドコモの発表によると、10月14日午後5時0分ごろからドコモで通信障害が発生して音声通話とデータ通信が利用しづらい状態になりました。そのため同社が帯域を制御し、午後7時57分に解除しました。

しかしそれからも帯域が混雑して一部の利用者がつながりにくい状態が続きました。5Gと4Gは10月15日午前5時5分に復旧し、3Gは午後10時0分に復旧しました。通信障害が丸一日経っても続く異常事態となりました。

今回のドコモの通信障害の影響は広範囲にわたり、全国の利用者が対象となり、それもドコモだけでなくahamoやドコモ回線の格安SIMの利用者までもが対象となってしまいました。国民の実に半数近くが被害を受けたわけです。

ドコモ回線の格安SIMであるOCN モバイル ONEを利用している私もその一人でした。たまたま外出していなかったので事なきを得ましたが、もし買い物をしていてスマートフォン決済が利用できなかったらと思うとぞっとします。

ドコモ通信障害対策といえばサブ回線

スマートフォンは現代社会においてもはや生活必需品です。そのスマートフォンが急に使えなくなってはたまったものではありません。次なるドコモの通信障害に備えて対策を講じておくべきです。

ドコモの通信障害の対策といえば回線を冗長化することです。つまりメイン回線のドコモとは別にサブ回線を契約しておき、ドコモで通信障害が発生したときのバックアップとして利用するのです。

ドコモにサブ回線というオプションがあるわけではなく、ドコモ以外をサブ回線にすることになります。ドコモ以外といってもahamoやドコモ回線の格安SIMではいけません。これらも元をたどれば同じドコモです。

SIMカードスロットが二つのスマートフォンがあれば好都合です。わざわざSIMカードを入れ替える手間が省けるからです。片方のSIMカードが利用できなくなったときにもう片方のSIMカードを利用するように設定しておきましょう。

サブ回線は無料で維持することも可能

ドコモ以外をサブ回線として契約するとなると、当然ながらその分の基本料金も支払っていくことになります。ドコモの通信障害の対策をするためとはいえ、維持費がかさむことには抵抗を覚えてしまいます。

しかし幸いにも格安SIMの中には基本料金が無料のものがあります。そのようなものをサブ回線として契約すれば、その分の基本料金を支払わずに済みます。維持費がかさむことはありません。

たとえドコモで通信障害が発生したとしても、サブ回線で電話がかけられてインターネットにつながりさえすればとりあえず急場はしのげるので、基本料金が無料の格安SIMでも事足ります。

ちなみに私はOCN モバイル ONEをメイン回線にして、基本料金が無料の楽天モバイルをサブ回線にしています。ドコモの通信障害の対策をしつつ、楽天モバイルの電波の弱さを補うこともできています。

無料で維持できる格安SIM

楽天モバイル

楽天モバイルは1回線目なら1GBまで基本料金が無料です。音声通話、SMS、高速データ通信が可能です。楽天回線を利用しているのでドコモの通信障害の影響を受けませんが、プラチナバンドが割り当てられておらず電波が弱いです。

楽天モバイル

povo

povoは基本料金が無料ですが、定期的にトッピングというオプションを購入する必要があるので完全無料ではありません。音声通話、SMS、低速データ通信が可能です。au回線を利用しているのでドコモの通信障害の影響を受けません。