格安SIM比較ウェブ

OCN モバイル ONEの電話番号を変更する裏技

投稿 著者 賀来泰史

OCN モバイル ONEには電話番号を変更する正規の方法はありません。しかしある仕組みを利用すれば結果的に電話番号を変更したのと同じ状態になることを発見しました。その仕組みとは何なのかというと、ずばり容量シェアです。

電話番号を変更する正規の方法はない

OCN モバイル ONEではいったんSIMカードに割り当てられた電話番号を変更することは不可能です。SIMカードと電話番号は完全に一体となっていて、これらを分離することは絶対にできないのです。

サイズを変更するためにSIMカードを交換しても、破損や紛失したSIMカードを再発行しても、同じ電話番号のSIMカードが複製されるだけです。古いSIMカードも新しいSIMカードも実質的には同じものであると見なされます。

ちなみにこれはOCN モバイル ONEに限ったことではありません。私が知っている格安SIMは電話番号が変更できないものばかりです。もしかしたらMVNOにはその権限が与えられていないのかもしれません。

容量シェアで無理やり電話番号を変更

OCN モバイル ONEの電話番号を変更する裏技みたいなものはないだろうかとあれこれ考えているうちに、あるアイデアが浮かんできました。それは容量シェアを利用するというものです。

OCN モバイル ONEには容量シェアという仕組みがあり、メインのSIMカード1枚とオプションのSIMカード最大4枚との間で通信容量をシェアできます。そしてこれらのSIMカードにはそれぞれ異なる電話番号が割り当てられます。

そしてここからがポイントなのですが、オプションのSIMカードを追加してからメインのSIMカードだけを解約しても、オプションのSIMカードだけを引き続き利用していくことができます。

メインのSIMカードの電話番号とオプションのSIMカードの電話番号は異なるため、メインのSIMカードを解約してオプションのSIMカードを利用すると、結果的に電話番号を変更したのと同じ状態になります。

例えばメインのSIMカードの電話番号が090-AAAA-AAAA、オプションのSIMカードの電話番号が090-BBBB-BBBBなら、上記の方法で090-AAAA-AAAAから090-BBBB-BBBBに電話番号を変更することが可能です。

無理やりな感じがしますが、利用規約に違反することをしているわけではありません。オプションのSIMカードの追加やメインのSIMカードの解約といった手続き自体はごく一般的なものですし、電話番号を変えたいなら遠慮は無用です。

高くつくことがあるが手っ取り早い

オプションのSIMカードを追加してメインのSIMカードを解約して電話番号を変更する方法は、いったんメインのSIMカードを解約して再度メインのSIMカードを契約して電話番号を変更する方法より、費用が高くつくことがあります。

前者はSIMカード追加手数料3300円(税込)、SIMカード手配料433.4円(税込)、容量シェアSIM料金440円(税込)、SIMカード利用料132円(税込)が必要です。SIMカード追加手数料は4回まで0円です。

後者は初期手数料3300円(税込)、SIMカード手配料433.4円(税込)が必要です。初期手数料は通販サイトなどでエントリーパッケージを購入すればもっと安く済ませられます。300円くらいで手に入ることもあります。

合計すると前者の費用は4305.4円(税込)で、4回までなら1005.4円(税込)になります。後者の費用は3733.4円(税込)で、エントリーパッケージを購入すれば700~1300円くらいになります。

エントリーパッケージの価格や送料などの不確定要素があるので一概には言えませんが、より安く済ませられる可能性があるのは後者です。場合によっては300円くらい安く済ませられるかもしれません。

しかし後者はわざわざエントリーパッケージを購入してから申し込みをしなければなりません。たかだか300円のためにそんな時間と労力を費やすこともないように思います。手っ取り早く電話番号を変えたいなら前者がおすすめです。

OCN モバイル ONE