格安SIM比較ウェブ

povo2.0を最も安く維持する方法

更新 投稿 著者 賀来泰史

povo2.0のベースプランは月額0円ですが、ずっと月額0円で維持できるわけではなく、ある程度はお金を支払っていかなければなりません。そんなpovo2.0を最も安く維持する方法を考えてみました。

利用停止と契約解除のルール

povo2.0のベースプランの提供条件書には「長期間未購入時の利用停止、契約解除について」という項目があり、ある条件を満たさなければ利用停止され、さらにある条件を満たさなければ契約解除される旨が記載されています。

最後に購入した有料トッピングの有効期限の翌日から180日以内に有料トッピングを購入せず、なおかつその間の国内通話料金や国内SMS料金などの従量料金が660円(税込)を超過しなければ、順次利用停止されます。

そして利用停止されてから30日以内に有料トッピングを購入しなければ、順次契約解除されます。こうなると再び利用するには改めて契約しなければならず、たとえ改めて契約しても以前と同じ電話番号は利用できません。

幸いにも利用停止される前と契約解除される前にはそのことがあらかじめメールかSMSで通知されるので、知らないうちに利用停止されたり契約解除されたりすることはありません。通知されてから落ち着いて対処しましょう。

最も安いのはsmash.使い放題パック

トッピング名1日あたり
データ使い放題1.8円
データ追加1GB2.1円
データ追加3GB4.7円
データ追加20GB12.9円
データ追加60GB24.0円
データ追加150GB36.1円
DAZN使い放題パック4.1円
smash.使い放題パック1.2円
5分以内通話かけ放題2.6円
通話かけ放題7.9円
スマホ故障サポート4.0円

トッピングを購入せずに最低限の従量料金でやりくりしても、トッピングの安さにはかないません。安く済ませるなら、なるべく料金の安さと有効期間の長さのバランスがいいトッピングをなるべく長いスパンで購入する必要があります。

上の表はトッピングの料金を購入日から利用停止前日までの日数で割ったものです。少数第2位を四捨五入してあります。月額制トッピングは有効期間を30日間ということにして計算しました。2021年9月29日時点のデータです。

1日あたりの維持費が最も安くなるのはsmash.使い放題パックで、わずか約1.2円(税込)です。smash.使い放題パックの料金は1回220円(税込)、有効期間は24時間、購入日から利用停止前日までの日数は181日間です。

そういうわけでpovo2.0を最も安く維持する方法は、smash.使い放題パックを181日ごとに購入することだと分かりました。お金を取られるのはしゃくに障りますが、大した金額ではないので我慢しましょう。

楽天モバイルならずっと0円

povo2.0と違ってずっと月額0円で維持できる格安SIMがあります。それは楽天モバイルです。1回線目なら1GBまで月額0円です。180日間利用しなければ利用停止されますが、わずかなデータ通信だけでも利用したと見なされます。

いっそpovo2.0と楽天モバイルを併用するのもいいでしょう。povo2.0の通信速度の遅さを楽天モバイルが補い、楽天モバイルの電波の届きにくさをpovo2.0が補い、ある意味で究極の超低価格モバイル回線が出来上がります。

楽天モバイル