格安SIM比較ウェブ

nuroモバイル、ドコモ回線の通話料金を30秒11円に値下げ

投稿 著者 賀来泰史

ソニーネットワークコミュニケーションズは2021年9月27日、nuroモバイルのドコモ回線プランで10月4日午後0時ごろからオートプレフィックス機能の提供を開始し、通話料金を30秒11円(税込)に値下げすると発表しました。

NUROモバイル

現在nuroモバイルの通話料金は30秒22円(税込)で、nuroモバイルでんわというアプリで発信するかプレフィック番号付きで発信すると30秒11円(税込)に割引されるという仕組みになっています。

10月4日からドコモ回線プランではオートプレフィックス機能によってプレフィック番号が自動で付与されるようになり、通話料金も30秒11円(税込)に値下げされます。au回線プランとソフトバンク回線プランは対象外です。

つまりこれからは通話料金を安くするために、わざわざnuroモバイルでんわで発信したりプレフィック番号付きで発信したりする必要がなくなるわけです。標準電話アプリで発信するだけで済みます。

ただしフリーダイヤル、ナビダイヤル、緊急通報、国際電話など一部の電話番号はオートプレフィックス機能の対象外です。これに関してはnuroモバイルでんわも同様なので、これまで通りということになります。

なおオートプレフィックス機能を利用したときに10分かけ放題オプションが適用されるのかどうかは不明です。10分かけ放題オプションに加入しているときは引き続きnuroモバイルでんわで発信する必要があるかもしれません。

今回はひとまずドコモ回線プランだけが対象ではありますが、近いうちにau回線プランとソフトバンク回線プランも対象になるはずです。

NUROモバイル