格安SIM比較ウェブ

エックスモバイル、かけ放題の専用アプリを不要に

投稿 著者 賀来泰史

エックスモバイル社は2021年9月13日、エックスモバイルで9月11日からプレフィックス番号自動付与機能の提供を開始したと発表しました。これによりかけたい放題アプリで発信することなく5分かけ放題の対象になるようになりました。

エックスモバイルのシン・プランには5分かけ放題が標準で付帯していますが、これまではかけたい放題というアプリで発信しなければその5分かけ放題の対象にならず、最初から30秒21.89円(税込)の通話料金が発生していました。

かけたい放題で発信すると発信先の電話番号にプレフィックス番号が自動で付与され、5分かけ放題の対象になるという仕組みでした。標準電話アプリでプレフィックス番号を手打ちして発信するという方法もありました。

9月11日からはかけたい放題で発信したり、標準電話アプリでプレフィックス番号を手打ちして発信したりしなくても、標準電話アプリでただ発信するだけでプレフィックス番号が自動で付与されて5分かけ放題の対象になります。

8月23日から提供が開始された、旧プランからシン・プランにプラン変更する契約者が対象のかけたい放題ライト(シン・プラン)というオプションについても例外ではありません。

今年に入ってからNTTドコモをはじめとしたキャリアがMVNOにプレフィックス番号自動付与機能の提供を開始したため、格安SIMでかけ放題の専用電話アプリを不要とする動きが相次いでいます。利用者としてはありがたいことです。