格安SIM比較ウェブ

povo、買い物などで容量もらえる「#ギガ活」を開始

投稿 著者 賀来泰史

KDDIは2021年9月13日、povoで9月下旬から買い物やサービス利用などで通信容量がもらえる「#ギガ活」を開始し、その一環として今秋から黄色いアイテムを探して通信容量がもらえる「FIND povo」を開始すると発表しました。

#ギガ活は買い物やサービス利用で「もらう」、街中や仮想空間で「さがす」、店舗やサービスと連携して抽選で「あたる」という三つの方法で通信容量がもらえるプログラムのことです。

「もらう」はキャンペーンに応募して対象店舗でau PAYを利用して一定金額以上購入するか、または対象店舗やサービスで一定金額以上購入すると、通信容量を追加するためのプロモコードがもらえるというものです。

前者と後者で対象店舗は異なり、店舗ごとに最低購入金額ともらえる通信容量も異なります。9月13日時点の最低購入金額は500~7000円、もらえる通信容量は300MB~3GB、通信容量の有効期間は3~30日間です。

例えばローソンならau PAYで500円以上購入すると3日間有効な300MBの通信容量がもらえます。Reebokなら2000円以上購入すると7日間有効な1GBの通信容量がもらえます。

「さがす」「あたる」については現時点で詳しいことは分かっていませんが、商品を購入したりサービスを利用したりすることなく通信容量がもらえる可能性があるため、積極的に参加したいところです。

「FIND povo」は#ギガ活のプログラムの一環であり、povoのブランドカラーである黄色いアイテムを探すと通常よりも多くの通信容量がもらえるというものです。やはり現時点で詳しいことは分かっていません。

同日に発表された新プランのpovo2.0は基本的にデータトッピングを購入しない限り通信容量が付与されません。データトッピングを購入する頻度を減らしてお金を節約するためにぜひ#ギガ活を活用してみてください。