格安SIM比較ウェブ

povo、0円からの「povo2.0」を開始

更新 投稿 著者 賀来泰史

KDDIは2021年9月13日、povoで9月下旬から月額0円の新プラン「povo2.0」の提供を開始すると発表しました。これに伴い、9月下旬をもって「povo1.0」に名称を変更した旧プランの申し込み受け付けを終了します。

現在提供されている旧プランは標準プランと呼ばれていましたが、すでに公式サイトではpovo1.0という表記に修正されており、標準プランという表記を見つけることができませんでした。

povo1.0は基本料金が月額2728円(税込)、通信容量が20GB、通信容量を超過したときの通信速度が最大1Mbps、通話料金が30秒22円(税込)というプランです。トッピングと呼ばれるオプションで機能を拡充できることが売りでした。

しかし1GBまで無料の楽天モバイル、5分かけ放題付きのahamo、LINEで通信容量が消費されないLINEMOに比べると、povo1.0には目を引くような特徴がありませんでした。恐らくは苦戦を強いられていたことでしょう。

そこで登場したのがpovo2.0です。povo2.0はpovo1.0の特徴であるトッピングをさらに細分化するとともに多様化し、データトッピング6種類、通話トッピング2種類、コンテンツトッピング2種類を自由に選択できるようになりました。

povo2.0のベースプランは基本料金が月額0円、通信容量が0GB、通信速度が最大128kbps、通話料金が30秒22円(税込)です。ここに必要に応じて通信容量やかけ放題などをトッピングしていくことになります。

トッピングなしでも利用できますが、180日間以上トッピングを購入しなかった場合は利用停止や契約解除となることがあり、手数料などの費用が発生することがあるとされています。手数料などの費用という点についての詳細は不明です。

データトッピングは1GB7日間390円(税込)、3GB30日間990円(税込)、20GB30日間2700円(税込)、60GB90日間6490円(税込)、150GB180日間1万2980円(税込)、データ使い放題24時間330円(税込)です。

通話トッピングは5分以内通話かけ放題が月額550円(税込)、通話かけ放題が月額1650円(税込)です。いずれも旧プランから変更はありません。

コンテンツトッピングはDAZN使い放題パックが7日間760円(税込)、smash.使い放題パックが24時間220円(税込)です。対象コンテンツが利用できるようになるとともに、対象コンテンツで通信容量が消費されなくなります。

povo2.0の提供開始を記念したキャンペーンも実施中です。キャンペーンに応募してpovo2.0でデータトッピングの1~150GBを購入すると、最大20GBの通信容量がプレゼントされます。終了日は未定です。

それにしてもずいぶんと思い切ったプランにしたものです。楽天モバイルのようにずっと無料で利用していくのは不可能ですが、それでも月額0円のインパクトは大きいです。コンテンツトッピングもなかなか面白い試みです。

通信速度もトッピングできたらもっと面白かったのになと思います。高速時の通信速度の上限、低速時の通信速度の上限、バースト転送の有無などが自由に設定できれば、ギークにとってはたまらない格安SIMになるはずです。