格安SIM比較ウェブ

IIJmio、標準アプリの通話料金を30秒8.8円からに値下げ

投稿 著者 賀来泰史

インターネットイニシアティブは2021年9月9日、IIJmioで9月11日から標準電話アプリの通常の通話料金を30秒11円(税込)に値下げし、同一ID間の通話料金を30秒8.8円(税込)に値下げすると発表しました。

IIJmio

従来は通常の通話料金が30秒22円(税込)、同一ID間の通話料金が30秒17.6円(税込)で、みおふぉんダイアルというアプリから発信すれば前者が30秒11円(税込)、後者が30秒8.8円(税込)に割引されてきました。

しかしもはやIIJmioでは通話料金割引のためにみおふぉんダイアルから発信する必要はなくなります。これはNTTドコモやKDDIなどのキャリアがプレフィックス番号自動付与機能の提供を開始したためです。

これからはみおふぉんダイアルではなく端末にプリインストールされている標準電話アプリから発信するだけで、通常の通話料金が30秒11円(税込)、同一ID間の通話料金が30秒8.8円(税込)に割引されます。

ただし電報、時報、天気予報など一部の電話番号は割引の対象外です。もともとこれらの電話番号はみおふぉんダイアルで発信しても割引の対象外だったので仕方がありません。

なお通話定額オプションに加入している場合は引き続きみおふぉんダイアルから発信する必要があります。標準電話アプリから発信すると最初から通話料金が発生してしまうので注意してください。

とりあえず通話定額オプション非加入者はだいぶ音声通話の利便性が高まりそうです。通話定額オプション加入者も何とかしてあげてほしいところですが、それにはいろいろと解決しなければならない問題があるのでしょう。

IIJmio