格安SIM比較ウェブ

UQ mobile、24時間490円からの「世界データ定額」を開始

更新 投稿 著者 賀来泰史

KDDIは2021年8月31日、UQ mobileで9月2日から150以上の国と地域でデータ通信が定額で利用できる「世界データ定額」の提供を開始するとともに、端末保証とテクニカルサポートを刷新すると発表しました。

UQ mobile

世界データ定額はいわゆる国際ローミングサービスです。利用中のプランの通信容量を消費してのデータ通信が海外でも利用できるというものです。新プランのくりこしプラン +5Gで加入できます。

料金は日本国内で予約しておくとと安くなります。予約した場合は早割キャンペーン対象なら24時間490円(不課税)、対象外なら24時間690円(不課税)です。予約しなかった場合は24時間980円(不課税)です。

早割キャンペーンは特定の国と地域を対象としたものです。8月31日時点ではハワイ、アメリカ(本土)、アメリカ(アラスカ)、カナダ、韓国、台湾、香港、マカオ、タイ、プエルトリコ、米領バージョン諸島が対象です。

Android向けの端末保証は月額418~726円(税込)の故障紛失サポートに刷新され、iPhone向けの端末保証は月額868~979円(税込)の故障紛失サポート with AppleCare Servicesに刷新されます。

テクニカルサポートは月額649円(税込)の使い方サポートに刷新されます。この使い方サポートと端末保証がセットになった、月額1045~1210円(税込)の安心サポートパックというオプションもあります。

以上のオプションはすべてauでも提供されています。UQ mobileのサービスを拡充しつつ、auとUQ mobileの仕様を共通化して効率化するという意図がKDDIにはあるのでしょう。

UQ mobile