格安SIM比較ウェブ

y.u mobileのiPhoneはバッテリーがすごい

投稿 著者 賀来泰史

y.u mobileで2021年7月1日から中古iPhoneの販売が開始されました。これだけなら大して珍しくもありません。しかしy.u mobileの中古iPhoneはある点において他社の中古iPhoneと決定的に異なります。それはバッテリーです。

y.u mobileのiPhoneの概要

まずy.u mobileの中古iPhoneの概要について軽く触れておきます。y.u mobileでは2021年7月1日からスマートフォンの販売が開始されました。その第1弾となったのがリユースiPhone、つまり中古iPhoneです。

2021年9月1日の時点で販売されているのはiPhone SE(第2世代)、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8、iPhone 7です。商品の状態はSランク、Aランク、Bランク、Cランクに分類されています。Sランクは未使用品です。

y.u mobileの中古iPhoneには三つの特徴があります。バッテリーが新品に交換されていること、アルコールと抗菌剤でクリーニングされていること、30日間の保証と年間最大3万円の保険があることです。今回は一つ目に着目しました。

iPhone本体は中古でもバッテリーは新品

一般的に中古iPhoneはバッテリーが劣化したままで販売されています。しかも通信販売ではその状態が確認できないこともしばしばあります。これでは購入する気が失せてしまうというものです。

しかしy.u mobileの中古iPhoneは違います。本体は中古でもバッテリーは新品なのです。他の部品は劣化してもそれほど大きな影響はないので、バッテリーさえ交換してしまえば中身は新品同然と言っても過言ではありません。

傷が目立たないAランクなら中身だけでなく外身も新品同然になります。こうなるともはや新品とほとんど見分けがつきません。そんな新品に近いiPhoneが中古の価格で購入できてしまうわけですから、がぜん購買意欲がかき立てられます。

他社はiPhone本体もバッテリーも中古

2021年9月1日の時点で中古iPhoneを販売している格安SIMはy.u mobileの他に七つあります。HISモバイル、IIJmio、J:COM MOBILE、LIBMO、OCN モバイル ONE、UQ mobile、エキサイトモバイルです。

しかしこの中に中古iPhoneのバッテリーを新品に交換している格安SIMは一つもありません。いずれもバッテリーはそのままです。バッテリーを新品に交換するy.u mobileのサービスがいかにユニークであるかがよく分かります。

ちなみにJ:COM MOBILE、LIBMO、UQ mobile、エキサイトモバイルではバッテリーの最大容量が80%以上であることが保証されているので、新品同然とはいかないまでもバッテリーの寿命が近いものをつかまされることはありません。

iPhone購入でキャッシュバックも狙える

ここからは余談ですが、y.u mobileではキャッシュバックキャンペーンが恒例になっており、1万円以上もらえることもざらにあります。新品に近いiPhoneを安価に購入しつつ多額のキャッシュバックも狙えるわけです。

とはいえこのような大盤振る舞いはいつ打ち切りになっても不思議ではありません。キャンペーンが実施されていればそのチャンスを逃さずに申し込みをしてみてください。キャンペーンの最新情報は公式サイトで確認できます。

y.u mobile