格安SIM比較ウェブ

IIJmioなど、LINEの年齢確認に対応

2021年3月15日投稿

インターネットイニシアティブは2021年3月12日、IIJmioでLINEの年齢確認に対応しました。オプテージもmineoについて、イオンリテールもイオンモバイルについて、それぞれ同じ発表をしています。

LINEで18歳以上を対象としたID検索やオープンチャットを利用するには、通信事業者からLINEに年齢情報を通知し、年齢確認をする必要があります。

ところがこれまでLINEモバイル社を除くMVNOはLINEと協定を結んでおらず、年齢確認ができなかったため、ほとんどの格安SIMでID検索やオープンチャットが利用できないという状況になってしまっていました。

そこでMVNO委員会とLINEが協議した結果、MVNOからLINEに年齢情報を通知し、年齢確認をすることが可能になりました。もちろんID検索やオープンチャットも利用できるようになりました。

現時点ではインターネットイニシアティブ、オプテージ、イオンリテールの3社にとどまっていますが、これには3社がMVNO委員会の主要ポストを担っていることが関係しているのではないかと思われます。

じきに他のMVNOからもLINEに年齢情報を通知し、年齢確認をすることが可能になるはずです。そうなれば格安SIMでLINEの年齢確認ができるのが当たり前になっていくでしょう。

なおLINEの年齢確認ができるのは、契約時に本人確認が必要になる音声通話機能付きSIMのみに限られています。データ通信専用SIMにはLINEに通知するべき年齢情報がないので、当然といえば当然です。

LINEモバイルの申し込み受け付け終了を間近に控えた今になってというところに、LINEモバイルを推進したかったLINEの意図を感じてしまいますが、ともあれ格安SIMがさらに便利になることは歓迎したいところです。

IIJmio