格安SIM比較ウェブ
ホーム > 格安SIM最新情報 >

SoftBank on LINE改めLINEMO、かけ放題を分離して2728円に値下げ

2021年2月19日投稿 2021年2月20日更新

ソフトバンクは2021年2月18日、新ブランド「SoftBank on LINE」の正式名称を「LINEMO(ラインモ)」としたことや、発表済みのプランを改定して基本料金を月額2728円(税込)としたことなどを発表しました。

LINEMOの基本料金は月額2728円(税込)、通信容量は20GBでLINEが使い放題、超過時の通信速度は最大1Mbps、通話料金は30秒22円(税込)です。

当初の予定では基本料金は月額3278円(税込)、通信容量は20GBでLINEが使い放題、超過時の通信速度は最大1Mbps、通話料金は5分以内なら無料で5分超なら30秒22円(税込)となるはずでした。

しかしかけ放題を分離して基本料金を引き下げたpovoが登場してきたため、それに対抗してLINEMOもかけ放題を分離して基本料金を引き下げました。こうなるとahamoも追随してくる可能性が高いです。

通信容量追加オプションは1GBにつき550円(税込)、通話準定額という5分かけ放題オプションは月額550円(税込)、通話定額という無制限かけ放題オプションは月額1650円(税込)です。

今夏にはLINEスタンププレミアムのベーシックコースが追加料金なしで利用できるようになります。LINEスタンププレミアムとは700万種類以上のLINEスタンプが使い放題になるサービスです。

先日から実施中の先行エントリーでPayPayボーナス3000円分がもらえるキャンペーンに加え、指定された内容をツイートして公式アカウントをフォローするとPayPayボーナス1万円分が当たるキャンペーンも始まりました。