格安SIM比較ウェブ
ホーム > 格安SIM最新情報 >

ソフトバンク、20GBで2980円の「SoftBank on LINE」を開始 LINEモバイルは受け付け終了

2020年12月22日投稿 2021年1月13日更新

ソフトバンクは2020年12月22日、オンラインに特化した新ブランドを立ち上げて2021年3月にサービスを開始すると発表しました。「SoftBank on LINE」をブランドコンセプトに、LINEと連携したサービスを提供します。

SoftBank on LINEの基本料金は月額2980円(税抜)、通信容量は20GB、超過時の通信速度は最大1Mbps、データ通信は5Gと4Gに対応、音声通話は5分以内の国内通話が何度でも無料、超過時の通話料金は30秒20円(税抜)です。

通信容量は1GBにつき500円(税抜)で追加できます。5分以上の国内通話も無料になるオプションは月額1000円(税抜)です。

「LINEがギガノーカウント」であることを売りとしており、LINEトークやLINE通話などにLINEを使っているときには原則として通信容量が減りません。いわゆるカウントフリーです。

申し込みをはじめとしたすべての手続きがオンラインで完結します。カスタマーサポートはチャットを中心に対応します。LINEでもさまざまな手続きができるようになる予定です。

SoftBank on LINEのサービス開始に合わせ、ソフトバンクの事実上のサブブランドであるLINEモバイルは申し込み受け付けを終了します。LINEモバイル社はソフトバンクの完全子会社化と吸収合併に向けて検討が進められます。

ソフトバンクがahamoに対抗したプランを出してくることは想像に難くありませんでしたが、まさかLINEモバイルまで巻き込んで新ブランドを立ち上げてくるとは思いませんでした。

LINEモバイルは基本料金が安く、LINEをはじめとしたSNSも使い放題で、キャンペーンもそれなりに充実していて、決して悪くない格安SIMでした。それが姿を消すことになってしまって残念です。