格安SIM比較ウェブ

UQ mobile、auとのブランド間手数料を廃止

投稿 更新

KDDIは2020年12月9日、auとUQ mobileのブランド間移行の手数料を2021年2月以降に無料化し、ブランド間移行の手続きを2021年夏以降に簡略化すると発表しました。

現在auとUQ mobileのブランド間移行には、移行元で発生する契約解除料最大1万450円(税込)と番号移行手数料3300円(税込)、移行先で発生するauの新規事務手数料かUQ mobileのSIMパッケージ料金3300円(税込)が必要です。

これらの手数料が2021年2月以降に無料になります。当面はこれらの手数料が一度請求されますが、翌月以降の移行先の料金から差し引かれます。

そしてauとUQ mobileのブランド間移行の手続きは2021年夏以降に、プラン変更と同様のシンプルな手続きに変更されます。

つまり事実上auとUQ mobileは同一サービスとなり、UQ mobileはauの数あるプランのうちの一つのようなものとして扱われるわけです。ドコモとahamoの関係に近いものになりそうです。

ちなみにライバルのソフトバンクは同日、ソフトバンクとワイモバイルのブランド間移行の契約解除料と、ウェブでの契約事務手数料を無料化すると発表しています。

あちらはソフトバンクとワイモバイルのブランド間移行に限らず、ウェブでの契約事務手数料を全面的に無料にする点が、KDDIとの大きな違いです。KDDIにもここは頑張ってほしかったところです。

UQ mobile