格安SIM比較ウェブ

1Mbpsの格安SIM

2020年11月14日更新

1Mbpsの格安SIMを比較しています。常に通信速度が最大1Mbpsで使い放題の格安SIMはなかったので、通信容量を使い切ると通信速度が最大1Mbpsになる格安SIMを、1Mbpsの格安SIMと見なすことにしました。

1Mbpsの格安SIM おすすめ

UQ mobileがおすすめです。スマホプランRは月額2980円(税抜)で、10GBを使い切っても最大1Mbpsで使えます。スマホプランV(2021年2月以降開始)は月額3980円(税抜)で、20GBを使い切っても最大1Mbpsで使えます。

UQ mobile

UQ mobile

10~20GB使い切っても1Mbpsの格安SIM

UQ mobileは、10GB、20GBの通信容量を使い切るまで高速で、通信容量を使い切ってから通信速度が最大1Mbpsの格安SIMです。直近3日間の通信量が6GBを超えると、翌日の通信速度が制限されます。

スマホプランRは月額2980円(税抜)で、10GBを使い切ると最大1Mbpsになります。スマホプランV(2021年2月以降開始)は月額3980円(税抜)で、20GBを使い切ると最大1Mbpsになります。

基本料金が最も安いスマホプランRがおすすめです。UQ家族割が適用されれば2回線目以降の基本料金が500円(税抜)割引され、月額2480円(税抜)になります。いっそ1Mbpsの格安SIMに家族で乗り換えることも考えてみてください。

通信速度が最大1Mbpsで十分なら、通信容量を使い切ってもそのままにしておいて構いませんが、もし通信速度がもっと必要になったときは、100MBにつき200円(税抜)、500MBにつき500円(税抜)で通信容量を追加できます。

なおスマホプランSは3GBを使い切ると最大300kbps、データ高速プランは3GBを使い切ると最大200kbps、データ無制限プランは常に最大500kbpsです。これらは1Mbpsの格安SIMではありません。

UQ mobile

ワイモバイル

10~20GB使い切っても1Mbpsの格安SIM

ワイモバイルは、10GB、14GB、20GBの通信容量を使い切るまで高速で、通信容量を使い切ってから通信速度が最大1Mbpsの格安SIMです。直近3日間の通信量に応じ、翌日の通信速度が制限されることはありません。

スマホベーシックプランMは月額3680円(税抜)で10GB、スマホベーシックプランRは月額4680円(税抜)で14GB、シンプル20(2020年12月下旬開始)は月額4480円(税抜)で20GBです。10分以内の国内通話がかけ放題です。

基本料金が最も安いスマホベーシックプランMがおすすめです。新規割で6カ月間700円(税抜)割引され、家族割引サービスで2回線目以降の基本料金が500円(税抜)割引されれば、月額2480円(税抜)になります。

スマホベーシックプランM・Rは、月額500円(税抜)のデータ増量オプションで通信容量を毎月3GB追加できます。スマホベーシックプランM・Rとシンプル20は、500MBにつき500円(税抜)で通信容量をオートチャージできます。

なおスマホベーシックプランSは3GBを使い切ると最大300kbps、データSIMプランとデータベーシックプランSは1GBを使い切ると最大128kbps、データベーシックプランLは7GBを使い切ると最大128kbpsです。

ワイモバイル

楽天モバイル

5GB使い切っても1Mbpsの格安SIM

楽天モバイルのサービスエリアは楽天回線エリアと、au回線にローミング接続するパートナー回線エリアに分かれています。楽天回線エリアなら通信容量は無制限ですが、パートナー回線エリアはそうではありません。

パートナー回線エリアは5GBの通信容量を使い切るまで高速で、通信容量を使い切ってから通信速度が最大1Mbpsです。そういう意味で楽天モバイルも1Mbpsの格安SIMといえます。

プランはRakuten UN-LIMIT Vのみです。基本料金は月額2980円(税抜)で、楽天回線エリアの通信容量は無制限、パートナー回線エリアの通信容量は5GBです。Rakuten Linkアプリから発信すれば国内通話がかけ放題です。

パートナー回線エリアで通信速度が最大1Mbpsに制限されたときのために、データチャージというオプションがあります。これは1GBにつき500円(税抜)で通信容量を追加できるというものです。

これから楽天回線エリアがさらに拡大していけば、全国どこでも常に通信速度が1Mbpsを超えるような状態で使い放題になる可能性もあります。しかしそれにはもうしばらく時間がかかるでしょう。

楽天モバイル

J:COM MOBILE

10~20GB使い切っても1Mbpsの格安SIM

J:COM MOBILEは、10GB、20GBの通信容量を使い切るまで高速で、通信容量を使い切ってから通信速度が最大1Mbpsの格安SIMです。直近3日間の通信量が6GBを超えると、翌日の通信速度が制限されます。

自動更新がある長期タイプSの10GBプランは月額3980円(税抜)、20GBプランは月額4980円(税抜)です。自動更新がない標準タイプの10GBプランは月額4680円(税抜)、20GBプランは月額5680円(税抜)です。

長期タイプSの10GBプランがおすすめです。J:COM MOBILE スタート割が適用されれば基本料金が24カ月間1000円(税抜)され、月額2980円(税抜)になります。期間限定とはいえ、なかなかの安さです。

通信速度が最大1Mbpsに制限されたときのために、追加パケットというオプションがあります。これは100MBにつき200円(税抜)で通信容量を追加できるというものです。

なお1GBプランは1GBを使い切ると最大200kbps、5GBプランは5GBを使い切ると最大200kbpsです。1Mbpsの格安SIMを探しているなら、これらのプランではなく10GBプランか20GBプランを選ぶようにしてください。

J:COM MOBILE

1Mbpsの格安SIM 料金比較

※価格は税抜き

通話プラン

プラン最安次点
5GB楽天-
2980円-
10GBUQワイモバ
2980円3680円
14GBワイモバ-
4680円-
20GBUQワイモバ
3980円4480円

UQ mobileと楽天モバイルが最も安いです。UQ mobileは10GBまで高速で使えるというメリットがあり、楽天モバイルは楽天回線エリアならずっと高速で使えるというメリットがあります。

割引

UQ
ワイモバ
楽天
J:COM
初月無料----
セット割--
複数回線割--
ポイント還元---

UQ mobileとワイモバイルには、固定回線セット割引や家族割引がありますが、一部のプランには適用されません。楽天モバイルには、楽天ポイントがたまる特典があります。

回線

UQ
ワイモバ
楽天
J:COM
ドコモ----
au--
ソフトバンク---
楽天---

UQ mobileはau回線、ワイモバイルはソフトバンク回線、楽天モバイルは楽天回線、J:COM MOBILEはau回線です。ただし楽天モバイルが1Mbpsの格安SIMになるのは、楽天回線エリア外でau回線にローミング接続した場合のみです。

データ通信

UQ
ワイモバ
楽天
J:COM
速度切り替え--
バースト転送----
容量繰り越し--
容量シェア---
容量追加
Wi-Fiスポット
メールアドレス--

UQ mobileと楽天モバイルは、いつでも通信速度を最大1Mbpsの低速通信に切り替えて、通信容量が消費されないようにすることができます。いざというときまで通信容量を温存しながら、1Mbpsの格安SIMとして使っていけるわけです。

通話

UQ
ワイモバ
楽天
J:COM
通話割引アプリ---
通話定額
IP電話----
転送電話
迷惑電話ストップ-
留守番電話
キャッチホン

UQ mobile、ワイモバイル、J:COM MOBILEは、通話時間が10分を超えるなどしてかけ放題が適用されないときの通話料金が高いです。楽天モバイルなら、原則的には通話時間にかかわらず通話料金が発生することはありません。

支払い方法

UQ
ワイモバ
楽天
J:COM
クレジットカード
デビットカード-
プリペイドカード---
口座振替-
振り込み----

UQ mobile、ワイモバイル、楽天モバイルは、口座振替でも支払いができます。ただしUQ mobileはウェブではMNP転入しないと口座振替が指定できません。ワイモバイルは店舗でしか口座振替が指定できません。

サポート

UQ
ワイモバ
楽天
J:COM
セキュリティー-
端末保証
訪問サポート--
遠隔サポート

ワイモバイルとJ:COM MOBILEは、訪問サポートと遠隔サポートの有料オプションがあります。UQ mobileと楽天モバイルも、遠隔サポートの有料オプションならあります。UQ mobileとワイモバイルは、店舗が多いのも魅力です。

手続き

UQ
ワイモバ
楽天
J:COM
未成年契約
MNP手動切り替え
プラン変更-
サイズ変更

すべての格安SIMが未成年でも契約できます。もちろん未成年で契約するには保護者の同意を得て、クレジットカードなども用意する必要があります。どの格安SIMでもMNP転入時の不通期間はほとんど生じないようになっています。

1Mbpsの格安SIM まとめ

月額2980円(税抜)で10GBを使い切っても最大1Mbpsで使える、UQ mobileが有力候補です。UQ mobileの3日間で6GBまでという上限が気になるなら、ワイモバイルや楽天モバイルにするのもいいでしょう。

UQ mobile