格安SIM比較ウェブ

イオンモバイル、MNP転出手数料を一律3000円に変更

2020年11月2日投稿

イオンリテールは2020年11月1日、イオンモバイルのMNP転出手数料を利用期間にかかわらず一律3000円(税抜)に変更しました。

11月1日以降にイオンモバイルからMNP転出した場合、MNP予約番号の発行日にかかわらず、MNP転出が完了した日を基準として、新しいMNP転出手数料が請求されることになります。

例えば10月31日にMNP予約番号を発行し、11月1日にMNP転出が完了したら、11月1日を基準として、新しいMNP転出手数料の3000円(税抜)が請求されることになるわけです。

ちなみにイオンモバイルのMNP転出手数料は、かつて180日目まで8000円(税抜)、181日目から3000円(税抜)でした。

それが2018年7月1日に、90日目まで1万5000円(税抜)、91日目から3000円(税抜)に変更されました。ただしイオンモバイルにMNP転入した場合は、1日目から一律3000円(税抜)でした。

それから2年余りが経過し、総務省が各社のMNP転出手数料を撤廃する動きを見せている中で、今度はMNP転出手数料を利用期間にかかわらず一律3000円(税抜)に変更されることになりました。

いっそのこと3000円(税抜)などと言わず、他社に先駆けて無料にしてほしかったところですが、どのみち総務省のガイドラインによってMVNOがMNP転出手数料を撤廃することになるのは既定路線ですから、時間の問題でしょう。

イオンモバイル