格安SIM比較ウェブ

イオンモバイル、14GBプランを開始し12GBプラン以上を値下げ

2020年8月30日投稿 2020年9月5日更新

イオンリテールは2020年8月27日、イオンモバイルで9月1日から14GBプランの提供を開始するとともに、12GBプラン以上の基本料金を最大2000円(税抜)値下げすると発表しました。

新設される14GBプランは、音声14GBプランが月額3580円(税抜)、シェア音声14GBプランが月額3880円(税抜)、データ14GBプランが月額2980円(税抜)になります。

12GBプランは300円(税抜)値下げされます。音声12GBプランが月額2980円(税抜)、シェア音声12GBプランが月額3280円(税抜)、データ12GBプランが月額2380円(税抜)になります。

20GBプランは700円(税抜)値下げされます。音声20GBプランが月額3980円(税抜)、シェア音声20GBプランが月額4280円(税抜)、データ20GBプランが月額3280円(税抜)になります。

30GBプランも700円(税抜)値下げされます。音声30GBプランが月額4980円(税抜)、シェア音声30GBプランが月額5280円(税抜)、データ30GBプランが月額4280円(税抜)になります。

40GBプランは1000円(税抜)値下げされます。音声40GBプランが月額5980円(税抜)、シェア音声40GBプランが月額6280円(税抜)、データ40GBプランが月額5480円(税抜)になります。

50GBプランは2000円(税抜)値下げされます。音声50GBプランが月額6980円(税抜)、シェア音声50GBプランが月額7280円(税抜)、データ50GBプランが月額6480円(税抜)になります。

9月1日から提供が開始されるNifMoの30GBプランと50GBプランに比べると、イオンモバイルの30GBプランと50GBプランは数百円割高です。NifMoより後出しで値下げするなら、もう一声欲しかったところです。

イオンモバイル