格安SIM比較ウェブ

IIJmio、480円からの「従量制プラン」を開始

2020年8月20日投稿 2020年8月28日更新

インターネットイニシアティブは2020年8月20日、IIJmioで従量制プランの提供を開始しました。これを記念し、9月30日まで初期費用や端末代金を割引するキャンペーンも実施しています。

新プランの正式名称は、IIJmioモバイルプラスサービスの従量制プランです。本家IIJmioモバイルサービスの新プランではなく、先日エコプランの受け付けが終了したIIJmioモバイルプラスサービスの新プランとして提供されます。

エコプランは端末購入が必須で、通信量が少ない月は基本料金が安くなるプランでした。これに対し従量制プランは端末購入が必須でなく、通信容量の使用量が多い月は基本料金が高くなるプランです。

au回線のみ選択でき、ドコモ回線は選択できません。音声通話機能付きSIMかSMS機能付きSIMが選択でき、データ通信専用SIMは選択できません。

音声通話機能付きSIMは、1GBまで月額1180円(税抜)、2GBまで月額1400円(税抜)で、その後は1GBにつき200円(税抜)ずつ従量課金されます。

SMS機能付きSIMは、1GBまで月額480円(税抜)、2GBまで月額700円(税抜)で、その後は1GBにつき200円(税抜)ずつ従量課金されます。

従量課金の上限は20GBで、利用開始時や利用開始後に1GBから20GBの間で設定できます。1GBに設定すれば事実上の定額制プランになり、ケータイプランとeSIMプランを除けば最も安いプランになります。

9月30日までのキャンペーン中に申し込みをすれば、初期費用3000円(税抜)が1円(税抜)、AQUOS sense2 SH-M08が2980円(税抜)、Xperia Aceが1万7800円(税抜)、中古iPhone 8 64GBが2万3500円(税抜)になります。

IIJmio