格安SIM比較ウェブ

ソフトバンク最安級の格安SIM

2020年11月8日更新

ソフトバンク最安級の格安SIMを比較しています。ソフトバンク回線を利用しており、なおかつ基本料金が最安級である格安SIMのことを、ソフトバンク最安級の格安SIMと呼んでいます。

ソフトバンク最安級の格安SIM おすすめ

b-mobile S 990ジャストフィットSIMがおすすめです。iPhone専用で、SIMロック解除は不要です。SoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。1GBまで月額990円(税抜)という圧倒的な安さを誇ります。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

ソフトバンク最安級990円からの格安SIM

b-mobile S 990ジャストフィットSIMは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。選択できるSIMカードはiPhone用nanoSIMで、利用できる端末はソフトバンクのiPhoneです。SIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、SoftBank 4Gは利用できません。音声通話回線もSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

音声通話対応プランの基本料金は、1GBまで月額990円(税抜)、2GBまで月額1190円(税抜)、3GBまで月額1390円(税抜)というように、20段階で変動します。SMS対応プランとデータ通信専用プランはありません。

ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、100MBまでならこちらの方が10円(税抜)高いものの、1GBまでならこちらの方が430円(税抜)安く、2GBまでならこちらの方が230円(税抜)安いです。

通信量の上限は初期状態で20GBになっていますが、マイページにログインすれば5~20GBに変更できます。5GBに引き下げておけば、月額1790円(税抜)より高くなることはありません。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

b-mobile S 190PadSIM

ソフトバンク最安級190円からの格安SIM

b-mobile S 190PadSIMは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。選択できるSIMカードはiPhone用nanoSIMとiPad用nanoSIMとiPad用microSIMで、利用できる端末はソフトバンクのiPhoneとiPadです。SIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、SoftBank 4Gは利用できません。音声通話回線は一切利用できません。音声通話回線を利用するなら、b-mobile S 990ジャストフィットSIMをおすすめします。

データ通信専用プランの基本料金は、100MBまで月額190円(税抜)、1GBまで月額480円(税抜)、3GBまで月額850円(税抜)というように、6段階で変動します。音声通話対応プランとSMS対応プランはありません。

ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、100MBまでならこちらの方が10円(税抜)高く、1GBまでならこちらの方が220円(税抜)安く、2GBまでならこちらの方が150円(税抜)高いです。

通信量の上限は初期状態で10GBになっていますが、マイページにログインすれば3GB、6GB、10GB、15GBに変更できます。3GBに引き下げておけば、月額850円(税抜)より高くなることはありません。

b-mobile S 190PadSIM

HISモバイル

ソフトバンク最安級180円からの格安SIM

HISモバイルは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。選択できるSIMカードはiPhone用nanoSIMとiPad用nanoSIMとiPad用microSIMで、利用できる端末はソフトバンクのiPhoneとiPadです。SIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、SoftBank 4Gは利用できません。音声通話回線もSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

音声通話対応プランの基本料金は月額980円(税抜)からです。ここで紹介している格安SIMの中では最も安いです。次に安いb-mobile S 990ジャストフィットSIMと比較すると、こちらの方が10円(税抜)安いです。

データ通信専用プランの基本料金は月額180円(税抜)からです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いです。次に安いb-mobile S 990ジャストフィットSIMと比較すると、こちらの方が10円(税抜)安いです。

通信量の上限は初期状態で30GBですが、マイページから100MB、2GB、5GB、10GB、15GB、30GBに変更できます。100MBに引き下げておけば、月額980円(税抜)または月額180円(税抜)より高くなることはありません。

HISモバイル

LINEモバイル

ソフトバンク最安級600円からの格安SIM

LINEモバイルは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。iPhone用nanoSIMとnanoSIMとmicroSIMがあり、ソフトバンクのiPhoneとiPadとAndroidで利用できます。iPhoneと2017年8月以降発売端末のSIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 4GとSoftBank 3Gが利用できます。音声通話回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

最も安い音声通話対応プランは、月額1100円(税抜)の500MBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が120円(税抜)高いです。

最も安いSMS対応プランは、月額600円(税抜)の500MBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いです。次に安いmineoと比較すると、こちらの方が370円(税抜)安いです。

すべてのプランでLINEの通信量がカウントされません。さらに3GBプラン以上でオプションを追加すれば、SNSや音楽配信サービスの通信量もカウントされなくなります。使い方によっては最安の格安SIMになる可能性があります。

LINEモバイル

リペアSIM

ソフトバンク最安級500円からの格安SIM

リペアSIMは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。SIMカードの種類はiPhone用nanoSIMで、利用できる端末はソフトバンクのiPhoneです。SIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、SoftBank 4Gは利用できません。音声通話回線もSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

最も安い音声通話対応プランは、月額1280円(税抜)の1GBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が300円(税抜)高いです。

最も安いデータ通信専用プランは、月額500円(税抜)の1GBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が320円(税抜)高いです。

音声通話対応プランには、iPhone修理あいさぽでiPhoneを修理したとき、修理料金が最大全額キャッシュバックされるという特典があります。すぐiPhoneの画面を割ってしまう人にとっては最安の格安SIMかもしれません。

リペアSIM

ロケットモバイル

ロケットモバイルは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。SIMカードの種類はiPhone用nanoSIMで、利用できる端末はソフトバンクのiPhoneです。SIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 4GとSoftBank 3Gが利用できます。音声通話回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

最も安い音声通話対応プランは、月額1190円(税抜)で初月無料の低速プランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が210円(税抜)高いです。

最も安いデータ通信専用プランは、月額398円(税抜)で初月無料の低速プランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が218円(税抜)高いです。

マイページからアプリダウンロード、サービス登録、アンケート回答などをすると、ロケットモバイルの支払いに充てられるロケモバポイントがたまります。これを駆使すればさらに安上がりになります。

ロケットモバイル

nuroモバイル

nuroモバイルは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。iPhone用nanoSIMとnanoSIMとmicroSIMがあり、ソフトバンクのiPhoneとiPadとAndroidで利用できます。iPhoneと2017年8月以降発売端末のSIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、SoftBank 4Gは利用できません。音声通話回線もSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

最も安い音声通話対応プランは、月額1200円(税抜)で初月無料の200MBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が220円(税抜)高いです。

最も安いデータ通信専用プランは、月額500円(税抜)で初月無料の200MBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が320円(税抜)高いです。

上位プランは基本料金が高めなので、できれば200MBプランを選びたいところです。しかし200MBプランは通信容量を使い切ると通信速度が最大32kbpsまで低下する致命的な欠点があり、こちらはこちらで実用性に難があります。

nuroモバイル

QTモバイル

QTモバイルは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。iPhone用nanoSIMとiPhone用microSIMとiPad用nanoSIMとiPad用microSIMが選択でき、ソフトバンクのiPhoneとiPadで利用できます。SIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、SoftBank 4Gは利用できません。音声通話回線もSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

最も安い音声通話対応プランは、月額1700円(税抜)の1GBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が720円(税抜)高いです。

最も安いデータ通信専用プランは、月額800円(税抜)の1GBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が620円(税抜)高いです。

基本料金が6カ月間割引される特典や、BBIQ会員なら端末代金が10%キャッシュバックされる特典があります。しかしそもそも基本料金が高いので、焼け石に水という感じがしなくもありません。

QTモバイル

mineo

mineoは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。nanoSIMとmicroSIMと標準SIMなどが選択でき、ソフトバンクのiPhoneとiPadとAndroidで利用できます。iPhoneと2017年8月以降発売端末のSIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 4GとSoftBank 3Gが利用できます。音声通話回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

最も安い音声通話対応プランは、月額1750円(税抜)の500MBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が770円(税抜)高いです。

最も安いデータ通信専用プランは、月額790円(税抜)の500MBプランです。ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、こちらの方が610円(税抜)高いです。

3GBプラン以上でエココースを選択すると基本料金が数百円安くなりますが、その代わり平日の午前7時30分から午前8時30分まで、午後0時から午後1時まで、午後6時から午後7時までは、通信速度が最大200kbpsに制限されます。

mineo

b-mobile S スマホ電話SIM

b-mobile S スマホ電話SIMは、ソフトバンク最安級の格安SIMです。選択できるSIMカードはiPhone用nanoSIMで、利用できる端末はソフトバンクのiPhoneです。SIMロック解除は不要です。

データ通信回線はSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、SoftBank 4Gは利用できません。音声通話回線もSoftBank 4G LTEとSoftBank 3Gが利用でき、VoLTEに対応しています。

音声通話対応プランの基本料金は、1GBまで月額1950円(税抜)、2GBまで月額2300円(税抜)、3GBまで月額2650円(税抜)というように、15段階で変動します。SMS対応プランとデータ通信専用プランはありません。

ここで紹介している格安SIMの中で最も安いHISモバイルと比較すると、100MBまでならこちらの方が970円(税抜)高く、1GBまでならこちらの方が530円(税抜)高く、2GBまでならこちらの方が880円(税抜)高いです。

通信量の上限は初期状態で5GBになっていますが、マイページにログインすれば5~15GBに変更できます。5GBのままにしておけば、月額3350円(税抜)より高くなることはありません。

ソフトバンク最安級の格安SIM 料金比較

※価格は税抜き

通話プラン

プラン最安次点
低速ロケット-
1190円-
100MBHIS-
980円-
200MBnuro-
1200円-
500MBLINEmineo
1100円1750円
1GBジャストリペア
990円1280円
2GBジャストHIS
1190円1420円
3GBジャストLINE
1390円1480円
4GBジャストスマホ電話
1590円3000円
5GBジャストHIS
1790円1920円
6GBジャストLINE
1990円2200円
7GBジャストリペア
2190円2780円
8GBジャストスマホ電話
2390円4400円
9GBジャストスマホ電話
2590円4750円
10GBジャストHIS
2790円2820円
11GBジャストスマホ電話
2990円5450円
12GBジャストLINE
3190円3200円
13GBジャストスマホ電話
3390円6150円
14GBジャストスマホ電話
3590円6500円
15GBHISジャスト
3720円3790円
20GBジャストロケット
4790円4970円
30GBHISmineo
5970円6950円

最も安いのはHISモバイルの100MBまでで月額980円(税抜)、次に安いのはb-mobile S 990ジャストフィットSIMの1GBまでで月額990円(税抜)です。10円(税抜)高いだけで900MBも多く使えるなら、後者でよさそうです。

SMSプラン

プラン最安次点
500MBLINEmineo
600円970円
3GBLINEmineo
980円1170円
6GBLINEmineo
1700円1850円
10GBmineo-
2790円-
12GBLINE-
2700円-
20GBmineo-
4250円-
30GBmineo-
6170円-

LINEモバイルとmineoは、ソフトバンク系の格安SIMにしては珍しく、SMS対応プランがあります。最も安いのはLINEモバイルの500MBプランで月額600円(税抜)、次に安いのはmineoの500MBプランで月額970円(税抜)です。

データプラン

プラン最安次点
低速ロケット-
398円-
100MBHISPadSIM
180円190円
200MBnuro-
500円-
500MBmineo-
790円-
1GBPadSIMリペア
480円500円
2GBHISnuro
700円980円
3GBPadSIMリペア
QT
850円900円
5GBHISリペア
1200円1580円
6GBPadSIMQT
1450円1550円
7GBリペアnuro
1980円2100円
10GBHISPadSIM
2100円2190円
13GBnuro-
2980円-
15GBHISPadSIM
3000円3280円
20GBリペアmineo
3980円4070円
30GBHISmineo
5250円5990円

最も安いのはHISモバイルの100MBまでで月額180円(税抜)、次に安いのはb-mobile S 190PadSIMの100MBまでで月額190円(税抜)です。前者は100MBを超えると一気に高くなるので、後者を選ぶことも考えるべきです。

ソフトバンク最安級の格安SIM 仕様比較

割引

ジャスト
PadSIM
HIS
LINE
リペアSIM
初月無料-----
セット割-----
複数回線割----
ポイント還元-----
ロケット
nuro
QT
mineo
スマホ電話
初月無料---
セット割-----
複数回線割----
ポイント還元-----

LINEモバイルは、マイページから2回線目以降の申し込みをすると、その初期費用が安くなります。ロケットモバイルとnuroモバイルは、基本料金が初月無料です。mineoは、複数回線割引と家族割引があります。

回線

ジャスト
PadSIM
HIS
LINE
リペアSIM
ドコモ
au----
ソフトバンク
楽天-----
ロケット
nuro
QT
mineo
スマホ電話
ドコモ-
au-
ソフトバンク
楽天-----

すべての格安SIMにソフトバンク回線プランがあります。さらにb-mobile S スマホ電話SIM以外にはドコモ回線プランもあり、LINEモバイルやロケットモバイルなどにはau回線プランもあります。

データ通信

ジャスト
PadSIM
HIS
LINE
リペアSIM
速度切り替え-----
バースト転送----
容量繰り越し---
容量シェア-----
容量追加--
Wi-Fiスポット----
メールアドレス-----
ロケット
nuro
QT
mineo
スマホ電話
速度切り替え----
バースト転送--
容量繰り越し-
容量シェア----
容量追加-
Wi-Fiスポット----
メールアドレス---

b-mobile S 990ジャストフィットSIM、b-mobile S 190PadSIM、HISモバイルは、基本料金が安い代わりに機能が少ないです。逆にmineoは、基本料金が高い代わりに機能が多いです。

通話

ジャスト
PadSIM
HIS
LINE
リペアSIM
通話割引アプリ-
通話定額-
IP電話-----
転送電話-
迷惑電話ストップ-
留守番電話-
キャッチホン-
ロケット
nuro
QT
mineo
スマホ電話
通話割引アプリ-
通話定額-
IP電話----
転送電話
迷惑電話ストップ
留守番電話
キャッチホン

音声通話に関しては、ロケットモバイルに通話料金割引アプリとかけ放題オプションがないことを除けば、どの格安SIMも大きな違いはありません。mineoは、IP電話アプリのLaLa Callに無料通話が付帯する特典があります。

支払い方法

ジャスト
PadSIM
HIS
LINE
リペアSIM
クレジットカード
デビットカード-----
プリペイドカード----
口座振替-----
振り込み-----
ロケット
nuro
QT
mineo
スマホ電話
クレジットカード
デビットカード---
プリペイドカード----
口座振替-----
振り込み-----

LINEモバイルは、プリペイドカードのLINE Pay カードで支払いができます。ロケットモバイルは、デビットカードで支払いができます。mineoは、デビットカードやプリペイドカードで支払いができます。

サポート

ジャスト
PadSIM
HIS
LINE
リペアSIM
セキュリティー----
端末保証----
訪問サポート-----
遠隔サポート-----
ロケット
nuro
QT
mineo
スマホ電話
セキュリティー----
端末保証-
訪問サポート--
遠隔サポート--

ソフトバンクから初めて格安SIMに乗り換えるなら、自宅訪問や遠隔操作でサポートが受けられる、nuroモバイル、QTモバイル、mineoを選ぶのもありです。基本料金は高めですが、それ相応の安心感が得られます。

手続き

ジャスト
PadSIM
HIS
LINE
リペアSIM
未成年契約---
MNP手動切り替え-
プラン変更---
サイズ変更
ロケット
nuro
QT
mineo
スマホ電話
未成年契約-
MNP手動切り替え
プラン変更-
サイズ変更-

LINEモバイル、リペアSIM、ロケットモバイルなどは、未成年でも契約できる格安SIMです。未成年のうちは機種変更するお金がないこともあるでしょうし、これらの格安SIMでソフトバンク端末を使い回し、お金をためてみてください。

ソフトバンク最安級の格安SIM まとめ

b-mobile S 990ジャストフィットSIMが本命です。ソフトバンクのiPhoneを維持するのに、1GBまでなら月額990円(税抜)、2GBまでなら月額1190円(税抜)しか必要としません。iPadにはb-mobile S 190PadSIMがいいでしょう。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM