格安SIM比較ウェブ

電気セット割がある格安SIMを比較

2020年7月9日更新

電気セット割がある格安SIMを比較しています。電気セット割とは、対象となる格安SIMと電気をセットで契約することで、料金が割引されたりポイントが還元されたりするサービスのことです。

2016年4月の電力自由化に伴い、従来より安価な新電力会社が続々と登場しています。携帯電話料金だけでなく電気料金も節約できる絶好の機会なので、ぜひ格安SIMと電気をセットで契約することを検討してみてください。

格安SIMに電気セット割と光回線セット割があれば、いっそのこと格安SIMと電気と光回線をセットで契約するのもいいでしょう。携帯電話料金と電気料金とインターネット料金をまとめて節約できます。

電力会社を変更するのは不安かもしれませんが、それで電気の品質が落ちるわけではないので安心してください。ちなみに私は東京電力から東京ガスに乗り換えましたが、今のところ何の問題もありません。

電気セット割がある格安SIMといえば、UQ mobileです。UQでんきをセットで契約すると、電気料金が5000円(税抜)未満なら1%、8000円(税抜)未満なら3%、8000円(税抜)以上なら5%のポイントが還元されます。

例えばUQ mobileが音声通話対応3GBプランで月額1980円(税抜)、UQでんきが月額5000円(税抜)なら、月額6980円(税抜)に150ポイントが還元されるわけです。携帯電話料金と電気料金の合計がこれなら安いものですね。

UQ mobile

UQ mobile

電気料金1~5%の電気セット割がある格安SIM

UQ mobileは、1~5%の電気セット割がある格安SIMです。UQでんきをセットで契約すると、電気料金が5000円(税抜)未満なら1%、8000円(税抜)未満なら3%、8000円(税抜)以上なら5%のPontaポイントが還元されます。

例えばUQ mobileが音声通話対応3GBプランで月額1980円(税抜)、UQでんきが月額5000円(税抜)なら、合計は月額6980円(税抜)になり、電気セット割でPontaポイント150ポイントが還元されることになります。

UQ mobileの対象プランはすべてのプラン、つまりスマホプランS、スマホプランR、データ高速プラン、データ無制限プランです。UQでんきの対象プランもすべてのプランです。

UQ mobileとUQでんきのau IDが同一であれば、電気セット割の対象になります。UQ mobileの申し込みをした後に、UQ mobileのau IDでmy UQ mobileにログインし、UQでんきの申し込みをするようにしてください。

ギガMAX月割という光回線セット割もあります。UQ mobileのスマホプランとビッグローブ光かWiMAX 2+をセットで契約すると、500円(税抜)割引されます。ビッグローブ光の場合はビッグローブ光電話も契約しなければなりません。

UQ mobile

ワイモバイル

50~100円の電気セット割がある格安SIM

ワイモバイルは、50~100円(税抜)の電気セット割がある格安SIMです。おうちでんき、北陸電力、九州電力のいずれかをセットで契約すると、24カ月目まで100円(税抜)割引、25カ月目から50円(税抜)割引されます。

例えばワイモバイルが音声通話対応3GBプランで月額2680円(税抜)、おうちでんきが月額5000円(税抜)なら、合計は24カ月目まで月額7580円(税抜)、25カ月目から月額7630円(税抜)になります。

ワイモバイルの対象プランはスマホベーシックプランS~R、データベーシックプランLなどです。おうちでんきはすべてのプラン、北陸電力は従量電灯ネクストなどのプラン、九州電力は従量電灯Cなどのプランです。

電気1契約につきワイモバイル10回線まで対象です。ワイモバイルと電気の契約者が本人か家族であることが条件です。店舗でおうち割 でんきセット(A)の申し込みをする必要があります。

おうち割 光セット(A)という光回線セット割もあります。ワイモバイルのスマホベーシックプランとSoftBank 光かSoftBank Airをセットで契約すると、500円(税抜)割引されます。SoftBank 光はオプションの契約が必須です。

ワイモバイル

Fiimo

100円の電気セット割がある格安SIM

Fiimoは、100円(税抜)の電気セット割がある格安SIMです。四国電力をセットで契約すると、でんきといっしょ割という電気セット割により、Fiimoの基本料金が100円(税抜)割引されます。

例えばFiimoが音声通話対応3GBプランで月額1600円(税抜)、四国電力が月額5000円(税抜)なら、合計は月額6500円(税抜)になります。これはFiimoがドコモ回線でもau回線でも変わりません。

Fiimoの対象プランはすべてのプラン、つまり3GBプラン、6GBプラン、10GBプラン、20GBプラン、30GBプランです。四国電力の対象プランはおとくeプラン、でんかeプラン、でんかeマンションプランです。

電気1契約につきFiimo5回線まで対象です。Fiimoと四国電力の契約者の住所が同一であることが条件です。Fiimoのマイページ、店舗、サポートダイヤルのいずれかで、でんきといっしょ割の申し込みをする必要があります。

Fiimoに光回線セット割はありませんが、四国電力に光回線セット割を導入する方向で検討されていることが明らかになっています。そうなればさらに家計を節約しやすくなるでしょう。

電気セット割がある格安SIM 料金比較

※価格は税抜き

通話プラン

通信最安値次点
3GBFiimoUQ
1600円1980円
6GBFiimo-
2300円-
10GBUQFiimo
2980円3350円
14GBワイモバ-
4680円-
20GBFiimo-
4900円-
30GBFiimo-
6900円-

3GBプランはFiimoがUQ mobileより安く、10GBプランはUQ mobileがFiimoより安くなっています。UQ mobileは電気セット割で数百ポイントが戻ってくるので、3GBプランでもFiimoより安くなる余地があります。

SMSプラン

通信最安値次点
3GBUQFiimo
980円1050円
6GBFiimo-
1750円-
7GBワイモバ-
3696円-
10GBFiimo-
2800円-
20GBFiimo-
4350円-
30GBFiimo-
6350円-
無制限UQ-
1980円-

3GBプランはUQ mobileがFiimoより安くなっています。UQ mobileの無制限プランも、予算に余裕があれば検討したいところです。ワイモバイルの7GBプランは、Fiimoの10GBプランより高いという残念なプランです。

データプラン

通信最安値次点
3GBFiimo-
900円-
6GBFiimo-
1600円-
10GBFiimo-
2650円-
20GBFiimo-
4200円-
30GBFiimo-
6200円-

電気セット割がある格安SIMのうち、データ通信専用プランがあるのはFiimoだけです。Fiimoのデータ通信専用プランは特別安いわけではありませんが、どうしてもデータ通信専用プランがいいならこれを選ぶしかありません。

電気セット割がある格安SIM 仕様比較

割引

UQ
ワイモバ
Fiimo
初月無料---
セット割
複数回線割-
ポイント還元---

すべての格安SIMに電気セット割があります。UQ mobileとワイモバイルには光回線セット割と家族割もあり、電気セット割も含めて三つの割引を併用すれば、費用を大きく抑えられます。

回線

UQ
ワイモバ
Fiimo
ドコモ--
au-
ソフトバンク---
ワイモバイル--
楽天---

UQ mobileはau回線、ワイモバイルはワイモバイル回線、Fiimoはドコモ回線かau回線を選択できます。Fiimoはドコモ回線でもau回線でも大きな違いはなく、基本料金や通信容量は同じです。

データ通信

UQ
ワイモバ
Fiimo
速度切り替え--
バースト転送---
容量繰り越し-
容量シェア-
容量追加
Wi-Fiスポット-
メールアドレス

UQ mobileは高速と低速の切り替えができることと、余った通信容量の繰り越しができることが特徴です。上位プランなら低速でも最大1Mbpsの速さなので、こまめに低速にして通信容量を温存しておきたいところです。

通話

UQ
ワイモバ
Fiimo
通話割引アプリ--
通話定額
IP電話---
転送電話
迷惑電話ストップ
留守番電話
キャッチホン

UQ mobileとFiimoは10分かけ放題がプランに含まれておらず、オプションとして付け外しできますが、ワイモバイルは10分かけ放題がプランに含まれており、オプションとして付け外しできません。

支払い方法

UQ
ワイモバ
Fiimo
クレジットカード
デビットカード--
プリペイドカード---
口座振替-
振り込み---

UQ mobileはクレジットカードの他に、デビットカードや口座登録で支払いができます。ワイモバイルも口座登録で支払いができますが、そのためには店舗で申し込みをする必要があります。

サポート

UQ
ワイモバ
Fiimo
セキュリティー
端末保証
訪問サポート--
遠隔サポート-

ワイモバイルは訪問サポートと遠隔サポートに対応しています。UQ mobileは訪問サポートにこそ対応していませんが、遠隔サポートに対応しています。Fiimoはいずれも対応していません。

手続き

UQ
ワイモバ
Fiimo
未成年契約
MNP手動切り替え
プラン変更
サイズ変更

UQ mobile、ワイモバイル、Fiimoは未成年でも契約できます。UQ mobileとワイモバイルは中学生から、Fiimoは18歳からです。いっそ親子で電気セット割がある格安SIMに乗り換え、家計を節約することも検討してみてください。

迷ったらUQ mobile

迷ったらUQ mobileです。電気セット割によって電気料金の1~5%が戻ってくることのインパクトは大きいです。せいぜい100円くらいしか安くならない他の格安SIMとは大違いです。

たまったPontaポイントはau PAYにチャージすれば、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどで使えるようになるので、使い道がなくて困ることもないでしょう。

できれば光回線セット割も狙いたいところですが、そのためにはビッグローブ光だけでなくビッグローブ光電話も契約しなければならず、敷居が高いです。それでも本気でお金を節約したいなら、挑戦してみてください。

UQ mobile