格安SIM比較ウェブ

ワイモバイル、スマホベーシックプランM・Rを速度制限時1Mbpsに増速

2020年6月1日

ソフトバンクは2020年6月1日、ワイモバイルのスマホベーシックプランMの通信容量を10GBに増量し、スマホベーシックプランM・Rの制限時通信速度を最大1Mbpsに増速すると発表しました。7月1日から実施します。

スマホベーシックプランMは、通信容量が現在の9GBから10GBに増量され、データ増量オプション適用時の通信容量が現在の12GBから13GBに増量され、制限時通信速度が現在の最大128kbpsから最大1Mbpsに増速されます。

スマホベーシックプランRは、スマホベーシックプランMと同様に、制限時通信速度が現在の最大128kbpsから最大1Mbpsに増速されます。通信容量およびデータ増量オプション適用時の通信容量に変更はありません。

これでワイモバイルは、月額2680円(税抜)で3GBのスマホベーシックプランS、月額3680円(税抜)で10GBのスマホベーシックプランM、月額4680円(税抜)で14GBのスマホベーシックプランRというラインアップになります。

つい先日、UQ mobileが楽天モバイルのRakuten UN-LIMITに対抗し、10GBで制限時1MbpsのスマホプランRを発表したばかりですが、すかさずワイモバイルもスマホベーシックプランMを10GBで制限時1Mbpsに改定してきました。

UQ mobileは14GBのスマホプランLをやめましたが、ワイモバイルは14GBのスマホベーシックプランLを続けます。この点は両社の判断が分かれています。

これでワイモバイル、UQ mobile、楽天モバイルの三つ巴の競争が、ますます激しさを増していきそうです。MVNOはどう立ち向かっていくのでしょうか。

ワイモバイル