格安SIM比較ウェブ

LINEポイントクラブでプラチナを無理なく維持する方法

2020年5月27日更新

LINEポイントクラブのマイランクがプラチナになると、LINE Payチャージ&ペイのポイント還元率が3%になります。プラチナを無理なく維持できるならいいのですが、そんなことが可能なのでしょうか。

プラチナの条件と特典

まずLINEポイントクラブでプラチナになるためのランクアップ条件と、プラチナになったときのマイランク特典を確認しておきましょう。以下の情報は2020年5月時点のものです。

ランクアップ条件は、過去6カ月間でLINEポイントを5000ポイント以上獲得すること、そしてVisa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録すること、この二つです。

マイランク特典は、クーポン10枚、LINE Payチャージ&ペイ3%還元、LINEスタンプ プレミアム100%還元、LINE MUSIC プレミアム15%還元、LINEマンガ20%還元、LINEデリマ20%還元です。

買い物はLINE Payで

普段の買い物は、LINE Payチャージ&ペイのコード支払いで支払いましょう。マイランクがレギュラーでも1%還元、シルバーなら1.5%還元、ゴールドなら2%、プラチナなら3%還元です。

マイランクがプラチナで食費が2万円なら、600ポイントが獲得できます。6カ月間で3600ポイントが獲得できる計算です。これならあと1400ポイントを獲得するだけでプラチナを維持できます。

公共料金、税金、保険料をLINE Payチャージ&ペイの請求書払いで支払えば、さらにポイントを獲得できます。しかし税金と保険料はともかく、公共料金をいちいち手作業で支払うのは面倒くさいので、やめておきましょう。

その他はVisa LINE Payで

公共料金、サブスクリプション、オンラインショッピングは、Visa LINE Payクレジットカードで支払いましょう。2021年4月30日までは3%還元、2021年5月1日からは1%還元です。

2021年4月30日までは2万円の支払いで、600ポイントが獲得できます。6カ月間で3600ポイントです。2021年5月1日からは2万円の支払いで、200ポイントが獲得できます。6カ月間で1200ポイントです。

なおオンラインショッピングに関しては、LINE Payチャージ&ペイのオンライン支払いに対応していることがあるので、もし対応していればそちらで支払いましょう。残念ながらAmazon.co.jpや楽天市場は非対応です。

LINEスタンプに加入

ここまでの試算で、買い物で3600ポイント、その他で1200~3600ポイントが獲得できる見込みが立ちました。しかしこれだけでは2021年5月1日以降、LINEポイントクラブでプラチナを維持できるかどうか微妙なところです。

そこでいい方法を見つけました。LINEスタンプ プレミアムに加入するのです。マイランクがプラチナなら100%還元で240ポイントが獲得できます。このマイランク特典が今後も継続すれば、6カ月間で1440ポイントです。

買い物で3600ポイント、その他で1200ポイント、LINEスタンプ プレミアムで1440ポイントなら、プラチナのランクアップ条件である5000ポイントを楽々と達成できます。

LINEモバイルに加入

さらにLINEポイントクラブでプラチナを維持しやすくするため、LINEモバイルに加入し、LINE Payチャージ&ペイのオンライン支払いで支払いましょう。普段の買い物と同じく、マイランクがプラチナなら3%還元です。

マイランクがプラチナで携帯電話料金が2000円なら、60ポイントが獲得できます。6カ月間で360ポイントです。LINEスタンプとLINEモバイルだけでも、6カ月間で1800ポイントが確定するわけです。

LINE Payを支払い方法として登録できる格安SIMは、LINEモバイルのみです。LINEポイントクラブでプラチナを維持するのに、これ以上適した格安SIMはありません。他の格安SIMではどう頑張っても1~2%還元がいいところです。

LINEモバイル