格安SIM比較ウェブ

通話のみの格安SIM

2020年8月5日更新

通話のみの格安SIMを比較しています。通話のみの格安SIMとは、音声通話専用でデータ通信ができない格安SIMのことです。このような格安SIMは数えるほどしかないので、低速通信と通話のみの格安SIMも含めることにしました。

格安SIMにおいて音声通話機能とSMS機能はセットになっているため、通話のみの格安SIMとされているものにも、実際はSMS機能があります。いうなれば通話とSMSのみの格安SIMなのです。

そんな通話のみの格安SIMにはさまざまな使い道があります。ぱっと思い浮かぶのは、非常用回線、仕事用回線、データ通信をしない高齢者のための回線、外国に住んでいる間に日本の電話番号を維持するための回線などです。

しかし通話のみの格安SIMでは困ることもあります。例えば連絡先の同期やバックアップができなかったり、アプリのインストールやアップデートができなかったり、IP電話アプリが使えなかったりします。

そこでおすすめしたいのが、IIJmioのケータイプランです。これは通話のみの格安SIMでありながら、オプションで通信容量を追加することで、一時的にデータ通信ができるようになるという優れものです。

基本料金は月額920円(税抜)、通話料金は家族間なら30秒8円(税抜)、それ以外なら30秒10円(税抜)から、通信容量追加料金は100MBで200円(税抜)と、費用の面でも申し分ありません。

IIJmio

IIJmio

通話のみの格安SIM

IIJmioは、通話のみの格安SIMです。ケータイプランという音声通話専用プランがあります。月額920円(税抜)です。そのままではデータ通信ができませんが、オプションで通信容量を追加すればデータ通信ができます。

通話料金は家族間なら30秒8円(税抜)、それ以外なら30秒10円(税抜)からです。かけ放題オプションは二つあり、誰とでも3分&家族と10分が月額600円(税抜)、誰とでも10分&家族と30分が月額830円(税抜)です。

通話のみのケータイプランと、誰とでも3分&家族と10分で、合計が月額1520円(税抜)になります。通話のみのケータイプランと、誰とでも10分&家族と30分で、合計が月額1750円(税抜)になります。

国際電話、国際ローミング、転送電話は月額無料です。迷惑電話ストップサービスはドコモ回線なら月額無料でau回線なら月額100円(税抜)、留守番電話は月額300円(税抜)、キャッチホンは月額200円(税抜)です。

100MBにつき200円(税抜)の追加クーポンや、店頭で購入できるクーポンカードによって、データ通信をするための通信容量を追加できます。追加した通信容量は3カ月後の末日まで有効なので、じっくり使っていきましょう。

IIJmio

ロケットモバイル

低速通信と通話のみの格安SIM

ロケットモバイルは、低速通信と通話のみの格安SIMです。神プランという低速プランがあります。現在はMNP転入のみ可能です。ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線が選択でき、基本料金は月額948~1190円(税抜)です。

通話料金は30秒20円(税抜)です。通話料金割引アプリやかけ放題オプションは提供されていないので、月額1000円(税抜)で10分かけ放題になるOCNでんわキャリアフリーのような、他社のサービスと併用してみてください。

ドコモ回線で低速通信と通話のみの神プランと、OCNでんわキャリアフリーで、合計が月額1948円(税抜)になります。au回線で低速通信と通話のみの神プランと、OCNでんわキャリアフリーで、合計が月額2068円(税抜)になります。

国際電話、国際ローミングは月額無料です。留守番電話は月額300円(税抜)、キャッチホンは月額200円(税抜)です。転送電話、迷惑電話ストップサービスには対応していません。

データ通信に関しては、低速時の初速を高速化するバースト転送に対応しているので、それなりに快適に使えると思っていいでしょう。100MBにつき150円(税抜)で通信容量を追加したり、上位プランに即時変更したりもできます。

ロケットモバイル

Tikimo SIM

通話のみの格安SIM

Tikimo SIMは、通話のみの格安SIMです。ケータイプランという音声通話専用プランがあります。月額950円(税抜)です。またシングルプランという低速の音声通話対応プランもあります。こちらは月額1340円(税抜)です。

通話料金は専用アプリ使用時30秒10円(税抜)、通常時30秒20円(税抜)です。通話定額10というオプションがあり、月額840円(税抜)で10分以内の国内通話がかけ放題になります。

通話のみのケータイプランと、通話定額10で、合計が月額1790円(税抜)になります。低速通信と通話のみのシングルプランと、通話定額10を併用で、合計が月額2180円(税抜)になります。

国際電話、国際ローミング、転送電話は月額無料です。迷惑電話ストップサービスはドコモ回線なら月額無料でau回線なら月額100円(税抜)、留守番電話は月額300円(税抜)、キャッチホンは月額200円(税抜)です。

Tikimo SIMはドコモ回線とau回線に対応していますが、例外的にケータイプランはドコモ回線にしか対応していません。au端末やソフトバンク端末で使うつもりなら、SIMロックを解除しておいてください。

LIBMO

低速通信と通話のみの格安SIM

LIBMOは、低速通信と通話のみの格安SIMです。ライトプランという低速の音声通話対応プランがあります。月額1180円(税抜)です。LIBMO音声サポートプログラム適用時は6カ月目まで月額580円(税抜)になります。

通話料金は30秒20円(税抜)です。10分かけ放題は月額850円(税抜)、かけ放題ダブルは月額1300円(税抜)、通話パック30は月額880円(税抜)です。かけ放題ダブルは、10分以内と上位3番号への国内通話が対象です。

低速通信と通話のみのライトプランと、10分かけ放題で、合計が月額2030円(税抜)になります。かけ放題ダブルで、合計が月額2480円(税抜)になります。通話パック30で、合計が月額2060円(税抜)になります。

国際電話、国際ローミング、転送電話、迷惑電話ストップサービスは月額無料です。留守番電話は月額300円(税抜)、キャッチホンは月額200円(税抜)の有料オプションです。

端末購入サポートプログラムか契約解除料0円プログラムの申し込みをすると、解約金が免除されます。ただしLIBMO音声サポートプログラムと併用できないので、どれか一つだけを選んで他をあきらめなければなりません。

LIBMO

エキサイトモバイル

低速通信と通話のみの格安SIM

エキサイトモバイルは、低速通信と通話のみの格安SIMです。0MBプランという低速の音声通話対応プランがあります。1枚コースが月額1350円(税抜)、3枚コースが月額1800円(税抜)です。

通話料金は専用アプリ使用時30秒20円(税抜)、通常時30秒10円(税抜)です。3分かけ放題Xという月額690円(税抜)のオプションを追加すれば、3分以内、および3分超のうち月10分以内の国内通話がかけ放題になります。

SIMカード1枚で低速通信と通話のみの0MBプランと、3分かけ放題Xで、合計が月額2040円(税抜)になります。SIMカード3枚で低速通信と通話のみの0MBプランと、3分かけ放題Xで、合計が月額2490円(税抜)になります。

国際電話、国際ローミング、転送電話、迷惑電話ストップサービスは月額無料です。留守番電話は月額350円(税抜)、キャッチホンは月額250円(税抜)と、一般的な格安SIMよりもやや高めです。

通話のみの格安SIMや、低速通信と通話のみの格安SIMにしては珍しく、SIMカードが3枚まで発行できることがメリットといえます。スマートフォンやタブレットの複数台持ちをするなら、検討する価値があります。

エキサイトモバイル

G-Call SIM

G-Call SIMは、低速通信と通話のみの格安SIMです。0GBプランという低速の音声通話対応プランがあります。月額1200円(税抜)です。SIMカード発行手数料を含む初期費用が1894円(税抜)と安いことが特徴です。

通話料金は専用アプリ使用時30秒10円(不課税)、通常時30秒20円(税抜)です。10分かけ放題という月額800円(税抜)のオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。

低速通信と通話のみの0GBプランと、10分かけ放題を併用すると、合計が月額2000円(税抜)になります。基本料金の高さをオプション料金の安さが相殺しており、なかなかの安さです。

国際電話、国際ローミングは月額無料です。留守番電話は月額300円(税抜)、キャッチホンは月額200円(税抜)です。転送電話、迷惑電話ストップサービスには対応していません。

低速時の初速を高速化するバースト転送に対応しており、それでも満足できなければ100MBにつき200円(税抜)で通信容量を追加できます。低速通信と通話のみの格安SIMとはいえ、使い勝手は決して悪くありません。

ヤマダニューモバイル

ヤマダニューモバイルは、低速通信と通話のみの格安SIMです。シンプルプランという低速の音声通話対応プランがあります。月額1250円(税抜)です。通話のみの格安SIMに比べて割高であることは否めません。

通話料金は専用アプリ使用時30秒10円(税抜)、通常時30秒20円(税抜)です。10分かけ放題オプションという月額800円(税抜)のオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。

低速通信と通話のみのシンプルプランと、10分かけ放題オプションを併用すると、合計が月額2050円(税抜)になります。基本料金の高さが足を引っ張っているような形です。

国際電話、国際ローミングは月額無料です。留守番電話は月額300円(税抜)、キャッチホンは月額200円(税抜)、転送電話、迷惑電話ストップサービスには対応していません。

高速通信をする必要に迫られたら、1GBにつき900円(税抜)で通信容量を追加できます。しかし低速通信と通話のみの格安SIMとして使っていくとなると、100MB単位でなく1GB単位であることが無駄な出費につながりそうです。

ケーブルモバイル

ケーブルモバイルは、低速通信と通話のみの格安SIMです。標準プランという低速の音声通話対応プランがあります。初期費用は無料ながら、基本料金は月額1580円(税抜)と高めです。

通話料金は専用アプリ使用時30秒10円(税抜)、通常時30秒20円(税抜)です。10分かけ放題プランという月額830円(税抜)のオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。

低速通信と通話のみの標準プランと、10分かけ放題プランを併用すると、合計が月額2410円(税抜)になります。2000円を大きく上回っており、他の格安SIMと比較すると費用対効果の悪さが際立ちます。

国際電話、国際ローミング、転送電話、迷惑電話ストップサービスは月額無料です。留守番電話は月額300円(税抜)、キャッチホンは月額200円(税抜)の有料オプションです。

愛媛CATV会員なら、基本料金が200円(税抜)割引になったり、解約金が無料になったり、口座振替で支払いができたりと、さまざまな優遇があります。しかしそれでも他の格安SIMに比べて魅力に欠けるのは否めません。

通話のみの格安SIM 料金比較

※価格は税抜き

通話プラン

通信最安値次点
不可IIJmioTikimo D
920円950円
低速ロケット Dロケット A
948円1068円

通話のみの格安SIMで最も安いのはIIJmio、次に安いのはTikimo SIMです。ただしTikimo SIMは初月無料なので、短期的にはこちらの方が安上がりです。低速通信と通話のみの格安SIMで最も安いのはロケットモバイルです。

通話プラン+3分かけ放題

通信最安値次点
不可IIJmio-
1520円-
低速エキサイト-
2040円-

通話のみの格安SIMで3分かけ放題オプションがあるのはIIJmioだけ、低速通信と通話のみの格安SIMで3分かけ放題オプションがあるのはエキサイトモバイルだけです。両者の金額には大きな開きがあります。

通話プラン+10分かけ放題

通信最安値次点
不可IIJmioTikimo D
1750円1790円
低速G-CallLIBMO
2000円2030円

通話のみの格安SIMと10分かけ放題オプションのセットでは、IIJmioがTikimo SIMとの差をわずかながら広げています。低速通信と通話のみの格安SIMで最も安いのはG-Call SIM、次に安いのはLIBMOです。

通話のみの格安SIM 仕様比較

割引

IIJmio
ロケット
Tikimo
LIBMO
初月無料--
セット割--
複数回線割----
ポイント還元---
エキサイト
G-Call
ヤマダ
ケーブル
初月無料--
セット割---
複数回線割----
ポイント還元---

IIJmioの通話のみプランは、実は固定回線セット割引の対象に含まれています。通話のみの格安SIMの維持費をもっと安くしたければ、IIJmioの格安SIMと固定回線を併用することも検討してみてください。

回線

IIJmio
ロケット
Tikimo
LIBMO
ドコモ
au-
ソフトバンク----
ワイモバイル----
楽天----
エキサイト
G-Call
ヤマダ
ケーブル
ドコモ
au----
ソフトバンク----
ワイモバイル----
楽天----

ロケットモバイルの低速通信と通話のみプランは、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線に対応しています。IIJmioの通話のみプラン、Tikimo SIMの低速通信と通話のみプランは、ドコモ回線、au回線に対応しています。

データ通信

IIJmio
ロケット
Tikimo
LIBMO
速度切り替え---
バースト転送---
容量繰り越し--
容量シェア----
容量追加-
Wi-Fiスポット--
メールアドレス---
エキサイト
G-Call
ヤマダ
ケーブル
速度切り替え---
バースト転送--
容量繰り越し---
容量シェア--
容量追加
Wi-Fiスポット----
メールアドレス--

IIJmioの通話のみプランは、高速と低速の切り替えこそできないものの、通信容量の追加と、その通信容量の繰り越しができます。ロケットモバイルは、低速時の初速を高速化するバースト転送に対応しています。

通話

IIJmio
ロケット
Tikimo
LIBMO
通話割引アプリ--
通話定額-
IP電話----
転送電話
迷惑電話ストップ
留守番電話
キャッチホン
エキサイト
G-Call
ヤマダ
ケーブル
通話割引アプリ
通話定額
IP電話---
転送電話--
迷惑電話ストップ--
留守番電話
キャッチホン

ロケットモバイルは、通話料金割引アプリとかけ放題オプションがありません。LIBMOは、通話料金割引アプリがありません。G-Call SIMとヤマダニューモバイルは、転送電話と迷惑電話ストップサービスに対応していません。

支払い方法

IIJmio
ロケット
Tikimo
LIBMO
クレジットカード
デビットカード---
プリペイドカード----
口座振替----
振り込み----
エキサイト
G-Call
ヤマダ
ケーブル
クレジットカード
デビットカード----
プリペイドカード----
口座振替----
振り込み----

通話のみの格安SIMと、低速通信と通話のみの格安SIMは、基本的にはクレジットカードで支払いをすることになります。この中でロケットモバイルは、クレジットカードの代わりにデビットカードが使えることが分かっています。

サポート

IIJmio
ロケット
Tikimo
LIBMO
セキュリティー--
端末保証-
訪問サポート---
遠隔サポート---
エキサイト
G-Call
ヤマダ
ケーブル
セキュリティー
端末保証-
訪問サポート---
遠隔サポート---

IIJmioとヤマダニューモバイルは、有償で遠隔操作によるサポートが受けられます。LIBMOは、やはり有償で自宅訪問によるサポートが受けられます。手厚いサポートが必要なら、これらの格安SIMを選んでください。

手続き

IIJmio
ロケット
Tikimo
LIBMO
未成年契約--
MNP手動切り替え-
プラン変更
サイズ変更
エキサイト
G-Call
ヤマダ
ケーブル
未成年契約----
MNP手動切り替え--
プラン変更
サイズ変更

IIJmioとロケットモバイルは、未成年でも契約できます。IIJmioとTikimo SIMの通話のみプランは、利用開始後にプランを変更できますが、Tikimo SIMはプラン変更手数料1000円(税抜)が発生します。

迷ったらIIJmio

通話のみの格安SIMとして月額920円(税抜)という圧倒的な安さを実現しながら、必要に応じて通信容量を追加してデータ通信をすることもできる、IIJmioのケータイプランをおすすめします。

ケータイプランは、端末代金割引や初期費用割引といったキャンペーンの対象に含まれていることが多いので、そのようなキャンペーンを狙って申し込みをしてみてください。

もしケータイプランで不便に思うようなことがあっても、3GBのミニマムスタートプランや、6GBのライトスタートプランなどの、データ通信ができるプランにいつでも変更できるので、安心してください。

IIJmio