格安SIM比較ウェブ

データSIMとIP電話アプリだけにするデメリット

2020年4月1日更新

通信費を切り詰めるために、スマートフォンの回線契約をデータ通信専用SIMカードとIP電話アプリだけにしてもやっていけるのか、そうすることのデメリットをまとめてみました。

一部番号に発信できない

IP電話アプリでは一部の電話番号に発信できません。フリーダイヤル、ナビダイナル、緊急通報用電話番号、認証用電話番号などです。携帯電話番号か固定電話番号がないと、どうにもならなくなる可能性があります。

一応、My 050ならフリーダイヤルには発信できます。ただしMy 050でフリーダイヤルに発信すると非通知になるため、非通知を受け付けていないフリーダイヤルには発信できません。

私はそんなフリーダイヤルに出くわしたことがあります。大東建託のフリーダイヤルです。My 050からも携帯電話番号からもフリーダイヤルに発信できず、仕方なくナビダイナルに発信しました。

このようにIP電話アプリだとフリーダイヤルをあきらめてナビダイナルに発信せざるを得ないこともあるので、フリーダイヤルにもナビダイナルにも発信できないとなると、もはやお手上げです。

公衆電話から発信するという最終手段もありますが、暑い日や寒い日や雨の日や花粉が舞う日に、わざわざ公衆電話があるところまで出向き、電話口で延々と待たされることを想像するだけでうんざりしてきます。

緊急通報用電話番号に関しては、IP電話アプリだけにしてもどうにかなります。最寄りの警察署や病院の電話番号を控えておくなり、何かあったときに検索するなりして、直接連絡すればいいからです。

認証用電話番号は、代わりの電話番号が用意されていないことが多く、意外と厄介です。つい先日も、GポイントをAmazonギフト券に交換しようと思ったら、IP電話アプリから発信できない電話番号しか用意されていませんでした。

まとめると、データ通信専用SIMカードとIP電話アプリだけにした場合、緊急通報用電話番号はともかく、フリーダイヤル、ナビダイナル、認証用電話番号に発信できないことには、頭を悩まされることになるでしょう。

今までの番号が使えない

IP電話アプリはMNPに対応していません。データ通信専用SIMカードとIP電話アプリだけにすると、今まで使っていた番号が使えなくなります。つまり電話番号が変わってしまうのです。

電話番号が変わったら、それをあちこちに知らせなければなりません。家族、知人、会社、マンション管理会社、それから電話番号を登録してあるさまざまなサービスにもです。これはなかなか骨が折れる作業です。

それにもしIP電話アプリのサービスが改悪したり終了したりして、他のIP電話アプリに乗り換えることにでもなれば、また電話番号が変わり、同じことの繰り返しになります。

実際、2017年2月にLaLa Callの無料化が終了し、2017年3月にBIGLOBEフォン・モバイルのサービスが終了し、2018年7月に050 plusの無料化が終了するなど、IP電話アプリはどれも順風満帆とはいえません。用心してください。

スマホの電池が減りやすい

IP電話アプリの待ち受け中には、端末やアプリによりますが、バッテリーの消耗が激しくなります。データ通信専用SIMカードとIP電話アプリだけにするなら、バッテリーにも気を配らなければなりません。

標準電話アプリや、My 050、SMARTalk、050 plus、LaLa Callなどの公式アプリは、プッシュ通知に対応しているのでバッテリーへの影響は小さめですが、皆無というわけではありません。

例えばZenFone 6の標準電話アプリは、IP電話アプリのSIPアカウントで着信を受けるかどうか選択する項目に「電池の使用量が増加」と表示されており、多少なりともバッテリーへの影響があることが分かります。

非公式アプリの中には、プッシュ通知に対応しておらず、バックグラウンドで起動させておかないと着信できないものも少なくありません。そのようなアプリだと、バッテリーへの影響が無視できないものになります。

SIMの容量が減りやすい

IP電話アプリの通話中には、データ通信専用SIMカードの通信容量が消費されます。IP電話アプリは音声通話回線ではなくデータ通信回線によって、音声のやりとりをする仕組みだからです。

公式サイトによれば、My 050の通話中は1分間で約250~600KB、050 plusの通話中は1分間で約250KB、050 plusの待ち受け中は24時間で約150KB、LaLa Callの通話中は1分間で約277KBが消費されます。

IP電話アプリに必要な通信速度は、050 plusとLaLa Callなら下り上りともに約20kbpsなので、通信容量がなくなったからといって電話がかけられなくなるわけではありませんが、そうはいっても通信速度が遅くなるのは困ります。

ちなみにOCN モバイル ONEなら050 plusで通信容量が消費されず、mineoならLaLa Callで通信容量が消費されません。通信容量を温存するため、これらのデータ通信専用SIMカードとIP電話アプリを併用するのもいいでしょう。

OCN モバイル ONE

mineo