格安SIM比較ウェブ

LINEモバイル、500MB・3GB・6GB・12GBのベーシックプランに刷新

2020年2月11日

LINEモバイル社は2020年2月10日、LINEモバイルを、500MB、3GB、6GB、12GBのベーシックプランに刷新すると発表しました。2月19日から受け付けを開始します。

LINEモバイルの旧プランは、LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランに分かれています。LINEフリープランでは1GBが選択でき、他では3GB、5GB、7GB、10GBが選択できます。

これらは2月18日午後9時59分をもって受け付けが終了し、以降は旧プランへのプラン変更や旧プランのままの通信容量変更などができなくなります。

そして2月19日からLINEモバイルの新プラン、ベーシックプランの受け付けが開始されます。ベーシックプランでは500MB、3GB、6GB、12GBが選択できるようになります。

音声通話SIMは、500MBプランなら月額1100円(税抜)、3GBプランなら月額1480円(税抜)、6GBプランなら月額2200円(税抜)、12GBプランなら月額3200円(税抜)です。

データSIM(SMS付き)は、500MBプランなら月額600円(税抜)、3GBプランなら月額980円(税抜)、6GBプランなら月額1700円(税抜)、12GBプランなら月額2700円(税抜)です。なおデータSIM(SMSなし)はありません。

LINEモバイルの最大の特徴であるデータフリー機能は、LINEデータフリーのみが引き続きプランに含まれ、SNSデータフリーとSNS音楽データフリーはオプションになります。

SNSデータフリーは月額280円(税抜)で、Twitter、Facebookがカウントフリーです。SNS音楽データフリーは月額480円(税抜)で、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがカウントフリーです。

旧プランのコミュニケーションフリープランはInstagramがカウントフリーですが、新プランのSNSデータフリーはInstagramがカウントフリーではないため、Instagramのヘビーユーザーにとっては改悪といえます。

その他にも新プランには細かな変更点がありますが、注目したいのは最低利用期間と解約金です。音声通話SIMの最低利用期間がなくなる代わりに、すべてのプランで解約事務手数料1000円(税抜)が必要になります。

全体としては改善されるところもあれば改悪されるところもあり、どう評価していいか難しいところです。とりあえず解約事務手数料だけは何とかならなかったのかなと思います。LinksMateの3000円(税抜)よりはましですけどね。

LINEモバイル