格安SIM比較ウェブ

格安SIMに夫婦で乗り換えるならOCN モバイル ONEがおすすめ

2020年2月17日更新

格安SIMに夫婦で乗り換えるなら、OCN モバイル ONEがおすすめです。通信容量をシェアできたり、初期費用や基本料金を安く済ませられたりと、さまざまなメリットがあるからです。詳しく説明していきましょう。

容量をシェアできる

OCN モバイル ONEには容量シェアというサービスがあり、最大5枚のSIMカードで通信容量をシェアできます。1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBプランのいずれも、この容量シェアに対応しています。

通信容量をシェアできるということは、通信容量を無駄なく使えるということです。そうすることで、より通信容量が少なくて基本料金が安いプランでやりくりできるようになれば、お金の節約にもつながっていきます。

初期費用が安い

格安SIMに夫婦で乗り換えると、2人分の初期費用が発生します。しかしOCN モバイル ONEなら、親回線と子回線の同時申し込みで子回線の初期費用が安くなります。なお同時申し込みができる子回線は1回線のみです。

本来なら親回線と子回線の初期費用はそれぞれ3394円(税別)で、合計6788円(税別)になるはずですが、同時申し込みで子回線の初期費用が394円(税別)になり、合計3788円(税別)になるのです。

初月の基本料金が安い

OCN モバイル ONEなら、親回線は初月の基本料金が全額無料になり、子回線も初月の基本料金が一部無料になります。子回線の初期費用が安いことも含め、格安SIMに夫婦で乗り換えるときの負担を抑えやすくなっています。

子回線については、月額400円(税別)の容量シェアSIM料金と月額600円(税別)のSIMカード利用料のうち、後者のみ無料になります。つまり初月の基本料金は月額400円(税別)です。

翌月以降の基本料金が安い

OCN モバイル ONEは初月の基本料金が安いだけでなく、翌月以降の基本料金も安いです。例えば1GB/月コースは月額1180円(税別)、3GB/月コースは月額1480円(税別)、6GB/月コースは月額1980円(税別)です。

格安SIMに夫婦で乗り換えるなら、これらは親回線の基本料金ということになります。子回線の基本料金は前述したように月額1000円(税別)です。これは親回線のプランが何であろうと変わりません。

夫婦間の通話料金が安い

OCN モバイル ONEは、IP電話アプリの050 plusが半額の月額150円(税別)になる特典があります。050 plus同士の通話料金は無料なので、たった月額300円(税別)で夫婦間の通話料金が無料ということになります。

これとは別に、OCNでんわ トップ3かけ放題という月額850円(税別)のオプションを追加すれば、毎月上位3人の通話料金が無料になります。月額1700円(税別)で夫婦間の通話料金が事実上無料ということになります。

OCN モバイル ONE