格安SIM比較ウェブ

OCN モバイル ONEの詳細

2018年12月9日更新

OCN モバイル ONEは、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の格安SIMです。NTTグループの格安SIMということで、高い人気を誇ります。ちなみに当初はOCN モバイル エントリー d LTE 980という名称でした。

プラン

OCN モバイル ONEの音声対応SIMとデータ通信専用SIMには、それぞれ八つずつプランがあります。110MB/日コースと170MB/日コースは通信容量が1日単位で、それ以外のプランは通信容量が1カ月単位で設定されています。

通信容量が1日単位のプランには、通信速度が制限されても日付が変われば解除されるというメリットがあり、通信容量が1カ月単位のプランには、通信容量をまとめて使えるというメリットがあります。

通信容量をすべて使い切ると、当日または当月の通信速度が200kbpsに制限されます。ずいぶん遅くなるように思えるかもしれませんが、実際に私が試してみた限りでは、テキスト中心のサイトを見て回るくらいなら十分でした。

OCN モバイル ONE

仕様

割引

OCN モバイル ONEの基本料金は初月無料です。申し込み日の10日後を含む月が初月ということになります。無料になる初月は30GB/月コース、有料になる翌月からは110MB/日コースという使い方もありです。

OCN モバイル ONEとOCN 光 with フレッツなどのOCNの光サービスを併用すると、OCN光モバイル割によって、前者の基本料金が最大3契約まで1契約当たり200円(税別)引きになります。

OCN モバイル ONEと050 plusを併用すると、050 plusセット割によって、後者の基本料金が半額の150円(税別)になります。以前は音声対応SIMなら無料でしたが、現在は音声対応SIMでもデータ通信専用SIMでも半額です。

ポイント

OCN モバイル ONEのOCNお客さま番号を、gooポイントのアカウントに登録すると、OCN契約での付与ポイントとして毎月40円分、そしてOCN契約の継続利用での付与ポイントとして毎月0~20円分のgooポイントがたまります。

OCN契約の継続利用での付与ポイントは、OCN モバイル ONEの利用期間が長いほど多くなります。1~2年目なら0円分、3~6年目なら5円分、7~10年目なら10円分、11年目以降なら20円分です。

支払い方法

OCN モバイル ONEの支払い方法は、基本的にはクレジットカードになります。本人名義のものでなくても使えることになっているので、学生や主婦が家族名義のクレジットカードで支払いをすることも可能です。

デビットカードでも支払いができます。例えばあおぞら銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、スルガ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行などのものが使えることが分かっています。

月額料金の支払いができるVisaデビットカードやJCBデビットカードなら、おおむね使えます。ただし発行元がNTTコミュニケーションズの決済を拒否していると、そのデビットカードは使えません。

データ通信専用SIMは口座振替でも支払いができます。公式サイトにはクレジットカード払いしかできないかのような表記も見られますが、実際にはイレギュラーな支払い方法として口座振替も認められています。

口座振替で支払いをするには、パッケージ購入後にカスタマーズフロントに電話をかけて口座振替依頼書を取り寄せ、必要事項を記入して返送します。数日後に折り返し電話がかかってきたら、SIMカード情報を口頭で伝えます。

SIMカードはその場で有効になりますが、NTTコミュニケーションズによる口座振替の手続きが完了するまでには1~2カ月ほどかかり、その間は送付される請求書で支払いをする必要があります。

音声対応SIMは単独では口座振替で支払いができませんが、すでに口座振替で支払いをしているOCNのインターネット接続サービスに音声対応SIMを追加するという形なら、そのまま口座振替での支払いを継続できます。

つまり口座振替で支払いをするデータ通信専用SIMに音声対応SIMを追加し、データ通信専用SIMを解約すれば、最終的には音声対応SIMだけになるにもかかわらず、そのまま口座振替で支払いができるということになります。

速度切り替え

OCN モバイル ONE アプリやOCNマイページから節約モードに切り替えることで、通信速度が低速になり、通信容量が消費されなくなります。容量シェアSIMを追加している場合は、SIMカード1枚ずつ個別に設定を変更できます。

バースト転送

OCN モバイル ONEにはバースト転送機能があり、低速通信でデータ読み込みを開始してから最初の150KBまでは高速通信をするようになっています。つまり通信容量を使い切った後もそれなりに快適に使えるということです。

容量繰り越し

OCN モバイル ONEでは当日または当月に余った通信容量を翌日または翌月に繰り越せます。ただし500kbpsコースは対象外です。繰り越し分の通信容量は翌日分または翌月分の通信容量よりも優先的に消費されます。

容量追加

通信容量が1日単位のプランには、500円(税別)で当日いっぱいまで通信容量が使い放題になる、時間制の高速通信オプションが用意されています。このオプションは月6回まで使え、容量シェアSIMにも適用されます。

通信容量が1カ月単位のプランには、500円(税別)で500MBを追加できるオプションがあります。このオプションも月6回までです。通信容量を追加すると翌日の午前1時以降に反映され、3カ月後の月末まで使えます。

カウントフリー

OCN モバイル ONEにはカウントフリー機能があります。050 plus、マイポケット、OCN モバイル ONEアプリを使っているときには、一部機能を除き、通信量がカウントされないようになっています。

さらにMUSICカウントフリーという無料オプションの申し込みをすれば、音楽も聴き放題になります。Amazon Music、AWA、dヒッツ、Google Play Music、Spotify、ひかりTVミュージック、レコチョクBest、LINE MUSICが対象です。

Wi-Fiスポット

OCN モバイル ONEには全国数万カ所に設置されたWi-Fiスポットを無料で使えるという特典があります。利用登録をして端末にWi-FiユーザIDを設定しておけば、あとはWi-Fiスポットエリアに入るだけで自動的に接続できます。

通話

OCN モバイル ONEの通話料金は30秒20円(税別)です。OCNでんわというアプリを使うと30秒10円(税別)になり、050 plusというアプリを使うと固定電話宛てが3分8円(税別)、携帯電話宛てが1分16円(税別)になります。

OCNでんわ 10分かけ放題オプションを追加すると、月額850円(税別)で10分以内の国内通話がかけ放題になります。通話時間が10分を超えると、30秒10円(税別)の通話料金が掛かります。

OCNでんわ トップ3かけ放題オプションというものもあり、月額850円(税別)で、通話料金上位三つの電話番号への国内通話が無料になります。それ以外の電話番号に電話をすると、やはり30秒10円(税別)が掛かります。

これら二つのかけ放題オプションがセットになった、OCNでんわ かけ放題ダブルオプションは、月額1300円(税別)です。10分以内の国内通話と、10分を超過した上位三つの電話番号への国内通話が、かけ放題の対象になります。

国際電話、国際ローミング、転送電話、迷惑電話、SMS拒否、遠隔操作、着信通知、英語ガイダンス、公共モードは月額無料で、留守番電話サービスは月額300円(税別)、キャッチホンは月額200円(税別)です。

SIM追加

OCN モバイル ONEには容量シェアSIMというオプションがあります。1契約につき4枚までのSIMカードを追加し、合計5枚のSIMカードで通信容量をシェアできるというものです。

SIMカード追加手数料は、音声対応SIMなら3000円(税別)、データ通信専用SIMなら1800円(税別)で、OCN モバイル ONEの申し込みと同時なら無料です。これとは別にSIMカード手配料として394円(税別)が掛かります。

容量シェアSIMの基本料金は、音声対応SIMなら月額1100円(税別)、SMS対応SIMなら月額520円(税別)、そしてデータ通信専用SIMなら月額400円(税別)です。

年齢

データ通信専用SIMは未成年でも契約できます。18歳以上で、保護者の同意を得ていることが条件です。クレジットカードがなくてもデビットカードか口座振替で支払いができるので、支払い方法のハードルも低いです。

縛り

音声対応SIMには利用開始月を1カ月目として6カ月の最低利用期間と、8000円(不課税)の解約金という縛りがあります。データ通信専用SIMには最低利用期間と解約金の縛りがありません。

メールアドレス

OCN モバイル ONEにはOCNメールのメールアドレスが付与されます。OCNメールは新着メールをすぐに受信できるプッシュ通知や、複数の端末でメールを同期できるActiveSyncに対応しています。

セキュリティー

SIMフリースマホを使うなら、マイセキュア(1ライセンス)という月額250円(税別)のオプションを追加しておくことを勧めます。ウィルス駆除、不正サイトブロック、迷惑着信対策、盗難紛失対策などができます。

保証

音声対応SIMにはあんしん補償という月額500円(税別)のオプションを追加できます。年2回、5万円(税込み)を上限として、端末の自然故障と物損故障を対象とした補償が受けられるようになるオプションです。

サポート

OCNプレミアムサポート for スマートフォンは、月額390円(税別)で遠隔操作のサポートが受けられるオプションです。これとセキュリティーとオンラインストレージのセットは、月額640円(税別)です。

ユーザーサポートプランという訪問サポートのオプションもあります。SIMカードの登録、挿入、設定のサポートが受けられます。訪問基本料金が5000円(税別)で、高速モバイル接続設定が3000円(税別)です。

サブブランド

ゲオのレンタルが割引になるクーポンが毎月もらえるゲオ×OCN SIMと、ビックカメラ、コジマ、ソフマップで即日開通ができるBIC モバイル ONEというサブブランドがあります。

契約内容変更

通信容量の変更は無料です。音声通話機能、SMS機能、SIMカードサイズの変更は、新しいSIMカードが音声対応SIMなら3394円(税別)、データ通信専用SIMなら2194円(税別)の手数料が掛かります。

承継、改称、譲渡に伴う名義変更が可能です。譲渡に伴う名義変更の場合、1契約につき800円(税別)の手数料が掛かります。名義変更受付センタに電話して承継・改称・譲渡申請書を取り寄せ、返送するという手順になります。

機種変更

OCN モバイル ONEの利用者向けに、機種変更サポートというサービスが提供されています。端末が特別価格で購入でき、2年後に音声対応SIMなら5000円分、データ通信専用SIMなら3000円分のgooポイントがもらえます。

申し込み方法

音声対応SIMの場合は、公式サイトで申し込み者情報を入力し、本人確認書類の画像をアップロードし、SIMカードが届いたら端末に入れてAPNを設定し、MNPなら開通手続き受け付けページで開通手続きをします。

以前は新規の申し込みに限り、配送時本人確認というサービスも提供されていましたが、2018年3月31日をもって廃止されました。現在は新規にせよMNP転入にせよ、本人確認書類の画像をアップロードする必要があります。

MNPで申し込みをすると回線切り替えが完了するまで不通期間が生じるのではないかという懸念があるかもしれませんが、SIMカードが届いてから自分で開通手続きをすれば回線切り替えは即時に完了するので、心配は要りません。

エディオン、ゲオ、ヨドバシカメラの一部店舗には音声対応SIMの即日受け渡しカウンターが設置されています。新規申し込み時はすぐに商品の受け渡しが可能で、MNPでも最短1時間で商品の受け渡しが可能です。

データ通信専用SIMの場合は、パッケージを購入し、SIMカードを端末に入れてAPNを設定し、利用申し込みページで申し込み者情報を入力します。口座振替を希望するなら電話をかけて口座振替依頼書を取り寄せます。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのここがいい

信頼性が高い

安全性や将来性を考えると、得体の知れないベンチャー企業の格安SIMより、実績のある大手企業の格安SIMをなるべく選びたいものです。そういう観点からすれば、OCN モバイル ONEほど適したものはありません。

何しろOCN モバイル ONEはNTTグループに属するNTTコミュニケーションズの格安SIMですから、その信頼性の高さは折り紙付きです。少なくとも詐欺に遭ったり夜逃げされたりするような心配はせずに済みます。

私自身このような信頼性の高さが決め手になり、初めての格安SIMにはOCN モバイル ONEを選びました。結果的にこれといった問題は起きておらず、あのときの判断に間違いはなかったと確信しています。

端末が安い

らくらくセットと呼ばれるSIMカードと端末のセットには、SIMカード代金と端末代金の合計が1万円に満たないようなものもあります。つまり実質的にSIMフリースマホをわずか数千円で購入できるわけです。

さすがに一括0円とか実質0円とまではいきませんが、それでもかなりの安さであることは間違いありません。他の格安SIMにありがちなオプションの抱き合わせもありませんし、送料も無料です。

維持費が安い

OCN モバイル ONEは他のサービスと併用することで、維持費が安くなります。例えばOCN モバイル ONE、OCN 光 with フレッツ、050 plusの3点セットで350円(税別)も安くなります。

さらに付け加えれば、OCN 光 with フレッツで2年割の申し込みをすればそちらの基本料金も安くなりますし、050 plusで電話をかければ通話料金も安くなります。350円(税別)にとどまらない節約効果が期待できるわけです。

格安SIMを比較していると格安SIMそのものの安さにばかり目を奪われがちですが、もう少し視野を広げ、他のサービスと併用したときにどうなるかということまで考えたいところです。

クレジットカードが不要

クレジットカード以外に、デビットカードや口座振替でも支払いができるというのは大きいです。クレジットカード不要の格安SIMはあまり多くないので、OCN モバイル ONEは貴重な存在です。

しかも口座振替は、他の格安SIMだと月額数百円の手数料を取られることもある支払い方法ですが、OCN モバイル ONEなら手数料は無料なので、カード類を持っていなくても費用がかさむことはありません。

データ通信専用SIMしか口座振替で支払いができないのは残念ですが、音声対応SIMにはデビットカードという代替策もありますし、むしろデータ通信専用SIMだけでも口座振替で支払いができるのを喜ぶべきなのでしょう。

容量を節約しやすい

通信速度の切り替え、カウントフリー、通信容量の繰り越し、Wi-Fiスポットなど、ありとあらゆる方法で通信容量を節約できるようになっており、費用対効果の高さはあらゆる格安SIMの中でもトップクラスです。

マイポケットの通信量がカウントされないのはすごいです。写真を片っ端からアップロードしようと、保存しておいた動画をストリーミング再生しようと、通信容量は1MBたりとも減らないわけですから。

Wi-Fiスポットが無料で使えるのもうれしいです。スターバックス、タリーズ、プロント、ロッテリア、セブン-イレブン、ローソン、イトーヨーカドーなどに設置されているので、使う機会は決して少なくなさそうです。

通話料金を抑えやすい

OCN モバイル ONEなら三段構えで通話料金を抑えられます。例えば問い合わせには050 plusを使い、知人への連絡にはOCNでんわを使い、それでも足りなければ三つのかけ放題オプションのいずれかを追加するという具合です。

格安SIMは通話料金が高いといわれている中で、このように通話料金を抑えられる仕組みがきちんと用意されていることは評価できます。これなら安心して電話をかけられます。

未成年でも契約しやすい

データ通信専用SIMは18歳から契約でき、クレジットカードも必須ではなく、未成年でも契約しやすくなっています。契約できるというだけでなく、契約しやすいというのがみそです。

未成年でも契約できる格安SIMは他にもありますが、それらのほとんどはクレジットカードが必須で、現実的に未成年では契約するのが困難です。そう考えるとOCN モバイル ONEは申し込みがしやすい部類に入ります。

OCN モバイル ONE