格安SIM比較ウェブ

ロケットモバイル、バースト転送に対応と判明

2019年11月18日

IoTコンサルティングは2019年10月中旬までに、ロケットモバイルの公式サイトを更新し、ロケットモバイルがバースト転送に対応していることを明らかにしました。

以前からSNSなどで、ロケットモバイルがバースト転送に対応しているという話は出ていましたが、ようやくそのことが公式サイトに明記され、確信が持てるようになりました。

10月17日に更新されたよくある質問によれば、ドコモ回線のDプラン、au回線のAプラン、ソフトバンクのSプランのいずれも、神プランから20GBプランまですべてのプランが、初速バースト、つまりバースト転送に対応しています。

低速通信時でも、データ通信を開始してから一定時間は高速通信ができ、テキスト中心のサイトなら数秒で読み込みが完了することもあるとされています。恐らくは100KB前後まで高速通信で読み込みができるものと思われます。

通信容量を使い切って通信速度が制限されているときはもちろん、3日間当たりの上限に達して通信速度が制限されているときにも、ロケットモバイルはバースト転送するようになっています。

バースト転送時の通信速度はキャリアによって異なるとされています。LTEの最大通信速度がキャリアによって異なることから、このような注意書きが加えられているのでしょう。体感的には大きな違いはないはずです。

音声通話対応プランなら月額948円(税別)から、データ通信専用プランなら月額298円(税別)からという安さで、バースト転送に対応しているとは思いませんでした。ロケットモバイルへの評価を改めなければいけませんね。

ロケットモバイル