格安SIM比較ウェブ

ワイモバイル、解約金なしのスマホベーシックプランを値下げ スマホプランは受け付け終了

2019年9月10日

ソフトバンクは2019年9月9日、ワイモバイルのスマホベーシックプランの基本料金を値下げし、スマホプランの受け付けを終了すると発表しました。10月1日から実施します。

ワイモバイルには、2年縛りがある代わりに基本料金が安いスマホプランS、M、Lと、2年縛りがない代わりに基本料金が高いスマホベーシックプランS、M、Lがあります。Sは2GB、Mは6GB、Lは14GBです。

これらのうちスマホプランS、M、L、およびスマホベーシックプランLの受け付けが終了し、スマホベーシックプランRの受け付けが開始されます。つまり今後はスマホベーシックプランS、M、Rという三つのプランに集約されます。

新しいスマホベーシックプランSは月額2680円(税別)で2GB、スマホベーシックプランMは月額3680円(税別)で6GB、そしてスマホベーシックプランRは月額4680円(税別)で10GBです。

新規割の期間中は、2~7カ月目に700円(税別)割引されます。データ増量キャンペーンの期間中は、スマホベーシックプランSなら24カ月間1GB増量され、スマホベーシックプランM、Rなら24カ月間3GB増量されます。

旧スマホプランSと新スマホベーシックプランSを比較してみると、前者が月額2980円(税別)で12カ月間1000円(税別)割引、後者が月額2680円(税別)で6カ月間700円(税別)割引と、大きな違いはありません。

MNP転出手数料も改定されます。これまではMNP転出するのが6カ月目までなら6000円(税別)、7カ月目からなら3000円(税別)でしたが、これが一律3000円(税別)になります。

ワイモバイルが大きく変わります。基本料金はこれまでとだいたい同じくらいですが、最低利用期間と解約金はきれいさっぱりとなくなり、MNP転出手数料も安くなります。他社への乗り換えがしやすくなるのは喜ばしいことです。

ワイモバイル