格安SIM比較ウェブ

BIGLOBEモバイルをZenFone 6に設定してみた

2019年9月5日

格安SIMのBIGLOBEモバイルを、SIMフリースマホのZenFone 6に設定してみました。契約済みだったBIGLOBEモバイルのタイプAのnanoSIMを、iPhone 7からZenFone 6に差し替えて設定しました。

ZenFone 6を購入

BIGLOBEモバイルとZenFone 6

iPhone 7を使い始めてからもうじき3年になります。iPhone 7の使い心地にはおおむね満足していますし、バッテリーの最大容量もまだ80%あります。このままあと1~2年は使い続けるつもりでした。

しかしZenFone 6のことを知り、気が変わりました。フリップカメラによってノッチレスを実現するという奇抜ながら合理的な仕組みが、次に機種変更するときはノッチレスがいいと思っていた私の琴線に触れたのです。

そういうわけでZenFone 6を購入することに決めました。格安SIMのキャンペーンに乗じてセットで購入することも考えましたが、BIGLOBEモバイルに乗り換えて間もなかったので、今回はAmazon.co.jpにて単品で購入しました。

メモリー6GB、ストレージ128GB、トワイライトシルバーのモデルにしました。価格は7万4377円(税込み)で、還元されたポイントを差し引くと7万2000円ほどで済みました。

BIGLOBEモバイルのSIMをZenFone 6に挿入

BIGLOBEモバイルのSIMカードとZenFone 6のSIMカードスロット

届いたばかりのZenFone 6を少し充電してから起動し、初期設定をひとしきり終えたところで、いよいよBIGLOBEモバイルのタイプAのnanoSIMを、iPhone 7からZenFone 6に差し替えることにしました。

ZenFone 6を前から見たときの左側面にある穴に、SIMイジェクトピンを差し込み、SIMカードスロットを取り出しました。そして1枚目のSIMカードとして認識される奥側にSIMカードを置き、SIMカードスロットを元に戻しました。

BIGLOBEモバイルのAPNをZenFone 6に設定

BIGLOBEモバイルが選択されたZenFone 6のAPN設定画面

BIGLOBEモバイルのAPNをZenFone 6に設定するべく、設定画面を開き、「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「SIM1」→「アクセスポイント名」と進みました。

ところがここで思わぬ事態が起こりました。「BIGLOBEモバイル タイプA」というAPNがプリインストールされていたばかりか、それが自動的に選択されていたのです。つまりそれ以上何もする必要がなかったのです。

SIMフリースマホに格安SIMのAPNがプリインストールされていることがあるのは知っていましたが、ZenFone 6がそうだとは思ってもみなかったので、意表を突かれました。

このように、BIGLOBEモバイルをZenFone 6に設定する作業は、ただSIMカードを入れるだけでおしまいでした。格安SIMの設定が難しいというのは、すでに過去の話になりつつあるのかもしれません。

BIGLOBEモバイル