格安SIM比較ウェブ

IIJmio、eSIMに対応

2019年7月4日

インターネットイニシアティブは2019年7月4日、IIJmioを国内の格安SIMとして初めて、eSIMに対応させると発表しました。7月18日から実施します。これを記念したキャンペーンも3回に分けて実施します。

eSIMとは端末に組み込まれたSIMカードのことです。SIMカードを入れ替えることなく、ソフトウェアの操作だけで回線を切り替えられるという利便性の高さから、次世代のSIMカードとして注目を集めています。

今回IIJmioでは、ライトスタートプラン(eSIMベータ版)というプランが追加されることになりました。データ通信専用SIMのライトスタートプランとほぼ同等の内容です。データ通信専用プランであり、音声通話やSMSはできません。

初期費用は3000円(税別)、SIMカード発行手数料は200円(税別)、基本料金は月額1520円(税別)、ユニバーサルサービス料は無料です。eSIMなのにSIMカード発行手数料が徴収されるのは残念です。

通信容量は6GBで、翌月への繰り越しができます。必要に応じてクーポンカードやデータオプションでチャージできます。通信容量を使い切ると、通信速度が下り最大200kbpsに低速化します。

ライトスタートプラン(eSIMベータ版)のサービス開始を記念し、7月18日から8月28日まで3回に分け、eSIMデビュー応援キャンペーンが実施されます。

第1弾は7月18~31日で、初期費用3000円(税別)が1円(税別)になります。第2弾は8月1~14日で、通信速度が3カ月間1GB増量されます。第3弾は8月15~28日で、基本料金が3カ月間1000円(税別)割引されます。

ついにeSIMに対応する格安SIMが登場しました。今のところサブ回線として使うことが想定されているようですが、メイン回線としても使えるよう、音声通話やSMSに対応することを期待したいところです。

IIJmio