格安SIM比較ウェブ

イオンモバイル、30GBプラン以上を最大1820円値下げ

2019年6月13日

イオンリテールは2019年6月12日、イオンモバイルの30GBプランを400円(税別)値下げし、40GBプランを1000円(税別)値下げし、50GBプランを1820円(税別)値下げすると発表しました。7月1日から実施します。

音声プランの場合は、30GBプランが月額5680円(税別)、40GBプランが月額6980円(税別)、50GBプランが月額8980円(税別)に値下げされます。

シェア音声プランの場合は、30GBプランが月額5980円(税別)、40GBプランが月額7280円(税別)、50GBプランが月額9280円(税別)です。

データプランの場合は、30GBプランが月額4980円(税別)、40GBプランが月額6480円(税別)、50GBプランが月額8480円(税別)です。

今回の値下げで音声プランとデータプランがどれだけ安くなるのか、当サイトで紹介している他の格安SIMと比較してみました。

音声プランに関しては、30GBプランはLinksMateを80円(税別)下回り、最安値に躍り出ます。40GBプランはもともと最安値でした。50GBプランは最安値のH.I.S.モバイルに980円(税別)及びません。

データプランに関しては、依然としてH.I.S.モバイルが最安値で、イオンモバイルは2番手です。30GBプランは80円(税別)の差があり、40GBプランは280円(税別)の差があり、50GBプランは1180円(税別)の差があります。

50GBプランにはまだ値下げの余地がありそうな感じもしますが、30GBプランと40GBプランはおおむね最安値級ということで、キャリアの大容量プランからの乗り換え先として、これまで以上に注目を集めることになりそうです。

イオンモバイル